※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼名をルーウァ・クセン。
アゴスティス領主であるが、実はボンデル・バルバンの双子の弟である。
かつでロデマス国王クサルーカン?によって傀儡とされようとした過去を持ち、それゆえロデマス国と激しく対立している。
だが、臣民思いの立派な領主であり、自分の復讐のために民を危険な目に遭わせるようなことはしない。
その点において兄のボンデルとは対照的な人物であり、それいえボンデルも安心して彼をアゴスティス領主にできたのである。