「ぎんしあきやす」と読む。散亥洛の王、カイラン・サダナカク?を操手とする狩猟機イダール・オウ・エン乎迅路衣?作)が装備している、操兵用の大太刀。名工の手になるものらしく、かなりの業物である。