「はたかねおきとも」と読む。散亥洛?の将軍、楊蓋弧を操手とする狩猟機峨真隔等キトモ・サガラナ?作)が装備している、操兵用の大太刀。名工の手になるものらしく、かなりの業物である。