気闘法は、術者の《気?》を武器や拳に集中して、武器としての威力を高める技である。なお気闘法は本来、拳を強化するための技法であったという。実際のところ、技量が上がれば、巨大な両手持ちの剣に勝る攻撃力さえ持つようになる。
更にこの技は、《気盾》、《操気》、《気功転移》、《百歩打》など、バリエーション豊かな使い方ができる。