伝道士は、修道士よりも穏やかに神の教えを説いて歩く聖職者である。彼らは《気功法》に勝るとも劣らない《招霊衡法》という神の加護を受けていた。この術法は神に認められた者でなくては使うことができないため、一般にその名前や技が実際に知られることはほとんどなく、単に《奇跡(本来の意味での神の《奇跡?》とは異なる)》の名で知れ渡っているにすぎない。
達人の伝道士になると、聖霊との意思の疎通をはかることができるようになる。この〈聖霊話〉と呼ばれる能力によって、伝道士はその周囲の魔力や、邪悪な存在を探知することができる。ここで注意したいのは、聖霊は意識のあるような存在ではない、ということだ。聖霊そのものは、霊的な「物質」といった方がより似つかわしい存在である。