サンジ・ヤン君主連合

オルゴの大河の中流域に存在する国家。大河の運んだ土壌のおかげで土地に恵まれ、温暖な気候と豊富な水源によって古くから農業がさかん。
しかしこの地域は、常に大河の氾濫に悩まされ続けてきた土地でもある。そのため、この地域には長く大規模な都市が建設されることはなく、最も古いサンジ・ヤン君主連合のジアン盟主国でさえ、国体が成立したのは治水事業が本格化したここ2世紀のことである。
現在は、操兵などの強力な労働力が大量に確保でき、土木工事などの技術も向上したために、逆に洪水を利用して痩せた農地の土砂を入れ替えるなどの工事が行われるほどになっている。
この国は、身分関係などに関しては、北部テーラタインの国家とそれほど変わりはない。社会を支配するのは身分制度であり、その厳密な序列のもとに国家が成り立っている。
宗教関係では、この国では交易上の理由から公式に聖拝ペガーナを認めてはいないものの、国民の大多数は聖拝系の信徒である。

人物


操兵


出展:「ワースブレイドエクスパンションセット2【西方の書2】」