バイア・ペガーナ

マバディ派(神聖ペガーナ聖拝ペガーナ)から異端視されているペガーナ諸派?のひとつ。ペガンズラムクトの八山に宿るのであって、北方の小島(マバディ島)にあるのではない、とする。
ペガンズの威光を西方全土に広めること、および衆生の救済を目的とする。この衆生の救済が万事に優先され、戦闘行為は全面的に禁止される。この宗派は招霊衡法を用いるが、攻撃の術法を使う事すら許されないほどである。