平原の北、オルゴの大河の流域は、昔から農業地帯として知られてきた。
大河によってもたらされた肥沃な土と、温暖な気候は、北部とは比較にならない好環境であり、農業生産にそれほどの努力を払わなくても、大きな収穫を得られた為である。
しかし、大河流域の南は、広大な乾燥した平原地帯が広がっていて、およそ農耕には適していない。
デルの国々ガーイン・ラバルの国々と接する境界付近の砂漠地帯からは「鉱油」が産出される。
それと南部平原のラムクト山麓には莫大な鉱物資源が埋蔵されていることが最近になって確認された。