拝月教

この宗教については、「見えない月を崇拝する」という以外、なにも伝わってこない。これは、この宗教の本拠が、ファインド南部森林?の奥地にあるためで、情報収集の手段がほとんどないためである。
一説には、これは宗教というよりもある種の思想、または哲学のもとに結束した人々の集団であるとも言われるが、この宗教の僧侶(?)が奇跡の技を使ったという記録もあり、正確なことはいまだにわかっていない。

出展:「ワースブレイドエクスパンションセット3【西方術法の書】」