南部カルバラ教

カルバラ教の一派だが、以て異なる別宗派と考えたほうがよい。この宗派の僧侶に使われる術法も、招霊衡法であり、カルバラ教とは異なっている。この宗派では、個人の救済に重きを置いて、世界平和などの大勢にはあまり注意を置かないようである。
最悪なことには、この宗派の伝道士として西方に送りこまれているものの大半が、フーボック族だということである。したがって、(おそらくは)崇高な目的のために活動しているはずの南部カルバラ教も、西方では必ずしも歓迎されてはいないようである。一部のフーボックの気まぐれによって奇跡的にも救われた集落が、まるごと南部カルバラ教に改宗したという例はあるようだが、極めてまれなことだといわざるをえない。
この宗派の僧侶は、戦いそのものを禁じられている。弱者を守るためだけに最低限の戦いが許される。さらには個人の救済を優先するので治療などに招霊衡法を惜しんではいけない。また、うそをつくことが許されない。

出展:「ワースブレイドエクスパンションセット3【西方術法の書】」