カルバン・セーダ・セーダール2世

聖拝ペガーナ法王。神聖ペガーナ教皇に匹敵するか、それ以上の聖者で、あらゆる学問に精通する学者でもある。現在の聖拝ペガーナの苦難を神の試練と信じ、国民を束ねてミ・デス・アバル末妹国をよく治めている。
彼が持つ慈愛の錫杖?は、これを目にする者に安らぎを与え、どんなにたけりたった心も、凪の水面のように静かになるという。

出展:「ワースブレイドエクスパンションセット2【西方の書2】」