サーン・ラインセル

ミ・デス・アバル聖王国国王。
彼は聖王国騎士団の総帥を兼任するが、それは国王の義務であって、彼自身は騎士としての能力は持たない。彼は生粋の政治家であり、東西の均衡を保ちながら、その権威を利用して北部平原の列強諸国の上に君臨する事を夢見ている。

出展:「ワースブレイドエクスパンションセット2【西方の書2】」