リキ・ガリック神聖騎士団

リアン・ソードマインと同様に、800年以上の歴史を誇る大騎士団がこのリキ・ガリックである。この騎士団は、8世紀初頭には当時最新鋭の狩猟機ソード・ニエンを得て、一時的にダンバキノをおさえて西方北部最強の騎士団として君臨した。
しかし、それ以降各国の旗操兵購入、ソード・ニエンの老朽化によって、次第にその地位を低下させ、現在ではカルカラ・ノートを擁するソーダリ国よりも低い第4位の地位に甘んじている。
リキ・ガリック神聖騎士団の本営は、バリアン神国西部のニキー?市に置かれ、リアン・ソードマイン同様に首都からは遠く離されて国境警備の役割を果たしている。
騎士団総帥は、国王ボー・ラル・ノーブル?(38)だが、事実上は団長のキデ・キライグバーン?(34)なる人物が騎士団を統括している。
構成員の総数は約3500名と言われ、そのうちの3分の1が操手である(ただし、騎士、従士の総数は400名程度)という。
なお、最近のうわさでは、ソード・ニエンにかわる旗操兵として、「メーア・ソード」なる原型機が新規に購入されたという。

出展:「ワースブレイド操兵エクスパンション【操兵の世界】」