聖刻器作成表


1.種別決定表
1D10 物品の種別
1 ガラクタ(ロール終了)
2~4 武器 表2へ
5~6 防具 表3へ
7~9 通常の物品 表4へ
0(10) 特殊な物品 表5へ

2.武器種別決定表
1D10 武器の種別 決定後表6へ
1~3 刀剣類
4~5 棍類
6 戦斧類
7 戦鉾類
8 槍類
9 射撃系武器
0(10) 竿状武器

3.防具種別決定表
1D10 防具の種別 決定後表7へ
1~2 皮製鎧
3 板金/皮鎧
4 板金鎧
5~7
8~9
0(10) 完全鎧

4.通常の物品種別決定表
1D10 物品の種別
1 灯火類
2~4 道具類
5~7 装飾品
8 容器類
9 縄・鎖など
0(10) 宝石類

5.特殊な物品決定表
1D10 特殊な物品種別
1 誘印杖など
2~4 呪薬など
5~6 護符・水晶珠
7~8 聖印
9 感応石
0(10) 仮面

6.武器能力決定表
1D10 修正値
1 BN値-(1D5)/ダメージ修正値÷2(端数切捨て)
2~4 BN値+(1D5)
5~6 BN値+(1D5)/ダメージ修正値+(1D5)
7~8 BN値+(1D10-3)/ダメージ修正値+(1D5)
9 BN値+(2D5-3)/ダメージ修正値 ダメージ修正値は1D10につき2D5に変換する
0(10) BN値・ダメージ修正値に+1をして再度この表で振りなおし

7.防具能力決定表
1D10 修正値
1 DN修正値-(1D5-2)/吸収点÷2(端数切捨て)
2~4 DN修正値+1
5~6 DN修正値+(1D5-2)/吸収点+(1D5-2)
7~8 DN修正値+(1D5)/吸収点+(1D5-2)
9 DN修正値+(1D5)/吸収点+(1D5)
0(0) DN修正値・吸収点に+1をして再度この表で振りなおし
注:表6・7の()内のダイスは決定後その場で振って決める


特殊能力表(WMの裁量で表1の物に使用)
1D100 物品の特殊能力
1 爆発。半径(1D5)リートに(1D5)D10ダメージを与える。 使用後は再使用不可
2~10 特定の対象に対してのロールが(1D5)有利になる
11~35 道具の能力拡大。 物品の能力が(1D10)倍になる。 例:灯火類の持続時間が(1D10)倍になる
36~40 能力値変更。所持者の能力値にかかわらず、任意の(2D10-14)の能力値を(3D5)に変更する。
41~45 能力値現象。所持者の任意の(2D10-14)の能力値を、見かけ上(1D5)に減らしてしまう。
46~55 能力上昇。所持者の任意の(2D10-14)の能力値を、見かけ上(1D5)に上昇させる。
46~60 任意の1種類の練法の能力。 持続時間が一瞬の術の場合は1日(1D10-7)回が使用上限で、その他は1ラウンドに(1D10-7)WILLを消費する。
61~65 呪い。任意の(1D10-7)種類の技能を、(1D5)低下させる。 これにより技能Lvが0になった対象は必ず失敗する。
66~75 技能付与。専門技能(武器、練法、操兵…)を除く任意の(2D10-14)種類の技能を(1D10-3)上昇できる。 技能LV0でも適用される。
76~80 任意の1種類の気功術の能力。 持続時間が一瞬の術の場合は1日(1D10-7)回が使用上限で、その他は1ラウンドに(1D10-7)WILLを消費する。
81~85 妨害。(2D10-14)種類の能力値ロールを(1D10)不利にさせることが出来る。
86~94 援助。(2D10-14)種類の能力値ロールを(1D10)有利にさせることが出来る。
95~99 (任意の1種類の招霊衝法の能力。 持続時間が一瞬の術の場合は1日(1D10-7)回が使用上限で、その他は1ラウンドに(1D10-7)WILLを消費する
100 幸運。所持者のLUCに+1をして再度この表で振り直し
注:56~60・76~80・95~99の効果時間が一瞬出ないものは効果時間を1ターンにまで伸ばしても良い



参考:ワースブレイド エクスパンション2