※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミ・ラガナル

強大な練法師ミナ・ラグナス呪殺匠合が呪殺匠合(暗殺者匠合)になる以前の、元匠主。伝説の人物であるため生誕にまつわる情報や年齢などは不明だが、西方の人物であり、最低でも150年以上生きてきたことは確かである。
古代の秘術に目覚めた彼は、太古の術法、特に東方?秘装門の研究に傾倒し、生涯習得することはかなわなかったものの、その秘密の一部を理解したとされている。その他にも、練法以外の術法として護符魔術や気功術などに造詣が深かったようだ。
また彼の装着していた仮面は、肉体復古や延命はおろか、格下の操兵を従わせることすら可能だったという。
高位練法師の宿命であるが、彼も、その才覚を現し始めると次々と刺客が訪れるようになり、匠合の結成を余儀なくされた。彼がどのような人格の持ち主であったかについては記録が残されていないが、理知的に赤子を殺せる非情さと、匠員を的確に操作できる合理性を兼ね備えた人物であったに違いない。
聖拝戦争終結の数年後、彼は「魔刻器(聖刻器よりも強大な力を持つ)」を手に入れた。が、そのために神聖ペガーナ教会の異端審問官に”力”を察知されてしまう結果となった。それでも彼は魔刻器を手放さず、神の力を得た審問官たちとかつてない戦いを繰り広げたあげく、最後には壮絶な死を遂げたと伝えられている。

出展:「”ワースブレイド”エクスパンションセット3【西方術法の書】」