※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バズ・ハマク・ダムラン

ゴーンの暁の匠主(盟主)であるバズ・ハマク・ダムランは、東方?から渡ってきた練法師ではないかといわれている。彼のカリスマ性は尋常ではなく、彼の匠合を狙って送り込まれた他匠合の刺客をわずか数言で改心させたという逸話が残っているほどだ。
彼は穏やかな表情の仮面と紫の長衣に包まれた神秘的な姿をし、日々練法陣の中で瞑想にふけっている。彼の装着している仮面はルクバラ・ダラサという呪操兵と対になっている。実はその呪操兵は彼が瞑想している練法陣?の真下に眠っており、いつでも起動できる状態となっているのだ。
彼がどのような人物であるか図り知ることはできないが、命令遂行をしくじった者をその強烈なカリスマによって自殺させてしまうあたり、一筋縄でいかない人物であることは確かである。彼自身は東方?人らしいのだが、組織に追われているかどうかは不明だ。また、「楽土」建設が目的とはいうが、それがどのようなものなのか配下にも理解できないでいるらしい。
配下の練法師たちの他に彼には「不死戒軍」と呼ばれる負生物の部下がおり、一説によると、任務に失敗した部下を次々と自殺に追い込むのはこの軍団を育成するためではないかといわれている。

出展:「”ワースブレイド”エクスパンションセット3【西方術法の書】」