※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルマー・レイア

月門匠合の現匠主。月門の高位練法師バセスカ?の小さな港街で娼館を営む女主人と、辻裏の女占術師という2つ(あるいはそれ以上)の顔を持っている。見た目は20代後半だが、彼女の真の年齢は不明である。
彼女は、他の多くの練法師たちと同じく、”冷酷”ではあるが”残虐”ではない。しかし死んだ(と彼女は思っている)実父である前匠主には一種の”甘さ”があったとして、前匠主時代よりさらに厳しく組織を管理しているという。練法師に対する警戒も一層厳重になった。
彼女には現在2つの関心事があるらしい。1つは、ゴーンの海?遠洋のどこかに存在するといわれる謎の古代都市に関すること。もう1つは、月門練法師の優秀かつ純粋な血統をいかにして後世に残すか、である。どちらの計画も、順調に進んでいると言われる。

出展:「”ワースブレイド”エクスパンションセット3【西方術法の書】」