ミガズル・ミュル・ミトス・ミアン・ミアル

月門匠合における数少ない男性練法師。そこそこ長身で逞しい身体をしているのだが、透き通るような白い肌や均整の取れた美顔であるため、女性以上に女性らしい容姿の持ち主である。もっともそれは仮面を拝領する以前(修行期)の姿であるため、現在もそうであるとは限らない。
彼は、細身で長身の美女に化けて諜報活動を行うのが得意である。その美貌で男を暗示にかけ、多くの”操り人形”を作り出しては野に放つ。彼らから情報を集めると、再暗示をかけるか、あるいは病気や事故を装って殺してしまうという。
一説によると、彼は匠主アルマー・レイアの実子ではないかといわれている。真相は闇に包まれているが、彼が月門練法師としての素晴らしい才覚に恵まれているのは確かである。

出展:「”ワースブレイド”エクスパンションセット3【西方術法の書】」