※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1000年前、西方西部域を支配した大帝国の王「龍の王」。
その魂を受け継ぐ、新たな龍の王候補8人を指す。


初代龍の王は強力な操兵軍団と秘術を駆使し、およそ200年の長きに
わたって帝国を支配し続けた。その残忍さから狂王とも呼ばれる。

本来、古代の英知を守る組織(のちの至高の宝珠)の1神官に
すぎなかったが、秘宝である王者の操兵の仮面と契約し、その英知を授かる。
その力をもって古操兵クラスの操兵を量産し、瞬く間に西方一帯を
版図に収めた。スィナーグ、龍操兵、人馬操兵などはその一部である。
また、龍の一族など、古代種族もこのとき同時に生み出したようである。

自身の死に際し、転生の秘法を実行し後の世に復活するよう仕組む。
ここで想定外の因子が働き、本来一つであったはずの魂が8つに分裂、
龍の器となる。

8人には、受け継いだ魂の形質に沿った称号がある模様。
龍馬帝:デュマシオン
覇王 :レクミラー
蛮人王:ガイザス
黒騎士:タイロン
海賊王:カフラー
調停者:ソーキルド
???:サイオン
???:ハダート