※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メサ半島の雄、ヒクソス国国主。

メサ半島には大小の国々が存在するが、それらの国は協力関係にある。
その実質的盟主を務めているのがヒクソス国である。
帝国内列強の一翼を担い、中央政府に対する発言権も強い。

操兵闘技大会優勝候補に名を連ねる騎士団と海軍の両軍を持つ。
西武域動乱に対しては、メサ半島諸国の安定と平和を優先し、
他国への軍事的介入をせず、侵略を許さない方針で平和を享受する。

征夷大将軍就任以降、デュマシオンの動向に注目しており、
失脚からのラグーン地方平定と首長国成立を持って友好関係を築く。

龍の器の一人。