「血濡れた凶刃」の異名をもつダカイト・ラズマ帝国の騎士。

剣を振動させ破壊力を増幅させるという独特の剣術を駆使し、帝国でも屈指の

実力の持ち主ではあるものの、権威などはものともしない扱いの難しい人間である。

それ故か汚れ仕事ばかりを押し付けられてきた模様。

デイルの養父であり師匠でもあった剣聖ガ・デン・ナーグを斃した敵ともいえる人物。