剣の聖刻年代記」において、TRPGの冒険者的な役割を稼業とする人々。
地域へのよほどの貢献がない限り、根無し草の旅行者として扱われ、市井の人々からは胡乱な視線を向けられる存在。
それでも、ラウ・マーナ?の王のように、成り上がった存在も皆無ではない。