フェノ・タイクーン・ロウ・ブライマ


八聖者?の一人、ヴァルナ?が使った<八機神>の一騎。別名<風狼の操兵>。操手をゾマに選び、東方?ジンハー?の遺跡から現れた。

その腰にはプレ・ヴァースキンにそっくりな黒い刀と、杖が収められており、使用する武器を替えることで狩猟機形態<タイクーン・ロウ>と呪操兵形態<ロウ・ブライマ>を使い分けることができる。