※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A1:連携入力した文字列

1つの部屋にその3段ベッドで2つぐらい並べて、6人とかというお部屋なんですけれども、ナショナルチームのね、やっぱり、カメールンも発展途上国とは言っても、そのヨーロッパの各地チームに所属しておるサーカーの選手となりますとね。やはり、何億とかいうような稼ぎだかの人たちだから、子どもさんの泊まるようなですね。3段ベッドの二千いくらの部屋を見せられるものではなかったですね。

A2:連携入力した文字列?

その部屋をリニューアルしまして、それから、そこにはまた、一人一人のワンフロアーを作り、あの、緊急に、まあ、作りましてね。そしてベッドを、それからソファーをといろんなものをこう揃えなければなりませんが、まあ、そういう準備をしまして、それで、まあ、いよいよこのお部屋でいいかというところで、3月に入って、カメールンのまたチームとですね。協会長さん、監督さんが見えましたが、壁が木の壁だからだめだとか、これはね、安物だからもうちょっと、あのこういうのにして下さいとか、悪くてもね、5つ星とはいわんけれども、3つ星のホテルと同じぐらいにやってくださいと。まあ、こんな注文になりまして。まあまあ、それなりの部屋にしましたけれどね。それから、あのベッドがやっぱり大きいのでなけりゃ・・・。まあ、あの日本人も大きくなりましたから、私みたいな小さい人はいません。けれどもね。まあ、170とか、180とかという方々が泊まる程度、大きめのを揃えないとなりません。

で、まあ、それがまた、レンタルするか、買うかって、買ったところであと使わないとまた始末にも困るなと。こんな心配しておりましたところが、お隣の村にですね、そのサーキット場ができまして、それがすぐに閉鎖しましたもんだから、1回も使わないですね、14万とか15万とかいう、そうしたね、ホテルの中にベッドもソファーも借りるまでその眠らせてあったんですよ。だから、それを借りてきてですね。お部屋の中に据えましたら、非常に立派な部屋ができたんですね。

それから、まあ、進めていくのがベッドメーキングとかいろいすまたその緊急に手際よくやらないけんから、その、あの、勉強にですね。福岡のホテルのほうに、あの職員を研修にやっておりました。2回ぐらい行ったときだと思います。

福岡のホテル学校のですね。あの学校さんから「ベッドメーキング、自分のところでやってあげるから、自分のところにさしてくれ」っていうことだったんですよ。
「へえー、それはありがたいことだな」って、そうしたら、もう一つの学校さんもね「いやー、そりゃ、うちのところにも、ぜひやらせてください」とこうなったんですね。