さくら姉ちゃん わっふる

「帰りたくない」言われてしまった、
それから私はシャワーを浴びて、ぼーっとしている。
「本当に泊まっていくのかあ…ゴクリ」
これは襲うしかないですよね、はい
そう思うと自然によだれが垂れる、うへへ、これもごほうびだよね、うん!
「次大波くん浴びてきて~♪」
「あ…うん」
大波君もどうしていいかわからないようで、ぼーっとしていたみたい。
もう引き返せないし、大波くんのお年頃ならやることなんて1つしかないとくらいわかってるでしょう、うへへ。
「さあさあ、早く浴びておいで♪」
「はーい…」

大波目線

とりあえずシャワーを浴びて、気持ちをさっぱりさせよう…うわっ
「やっぱり勃ってるなあ…」
俺ってこんなに変態なやつだったんだなあ…まあ、お姉ちゃんの方がよっぽどおかしいけど
「へっくち!」
だって俺とのためだけに、命まで投げ出しそうになってさ、本当に…なあ、
「そんなお姉ちゃんだから、俺も好きなんだろうなあ」……
もう覚悟決めて、自分の気持ちに素直になろう

さくら視線に戻る

ヤバイ、いざ事に及ぶとなると緊張してきた…
ん?丁度大波くん戻ってきた
「じゃあ、そろそろ寝床いこっか」
「!?」だよねえ、私飢えてますよねえ…
「い、いいよ」
キターー!……でも
「ホントにいいの?」
「うん、俺さもうすぐ宇宙行くじゃん?宇宙ってさ、俺の知らない世界だから、みんなから見たら楽しいことも楽しくなくて、壊れちゃうかもしれない…」大波くん…ホントは怖いのかな
引き留めてあげた方がいいのかな
「あ、でも怖いって訳じゃないよ、ただ…お姉ちゃんと会えないのは寂しい、だからお願い、俺と…して?」
逆に言われちゃった…
……私もまだまだだね、大波くんはこんなに成長してたんだ、
ならその期待に応えなくちゃ!
「もう…エッチなんだから♪」

「ん…んん…」大波くんのアレは、意外にまだ小さくて、舌先でなめてやるたびにぴくんぴくんって波打つ。
当の本人は緊張して声も出せないみたい…って言うかおっぱいを見てる。
「大波くん、おっぱい気になる?」
「ふえっ!?…うん、母さんのも見たことないし」
「吸って、いいよ?」うん、私がお母さん代わりになるんだ、約束したもんね。
大波くんがかっつくように私の小さな乳房に食らいつく
「あっ…」これが吸われる感覚…
なんか感じる以前に、優しい気持ちになっていくなあ。
これが「お母さん」なのかな?
私のお母さんも、こんな気持ちだったのかな、なんてね
「お姉ちゃん……」大波くんが泣いてる…
「そろそろ、入れてみよっか」
「……うん」
大きく股ぐらを開く、さすがにちっと恥ずかしいなあ、
大波くん、目線目線
「そんな未確認生物みるような顔しないで…」「どす黒い…毛むくじゃら…」
処理忘れてた、恥ずかしい
大波くんの小さなアレは
ゆっくりと私の中へ
「…はぁっ!あっ!」小さくても…きもちいいっ…!
大きさと気持ちよさは比例しない、
大波くんもその小さいモノを一生懸命に押してくれてる…!
「はぅっ!いやっ!そこひゃいっちゃう…赤ちゃん…」ああ!もう気持ちよくて理性なんか吹き飛んでしまいそうよ!
「お姉ちゃん…俺も…なんか」
……ひぇ?
「うにゅ…どーした……んっ!あっ!」
上から乗られてるぅ!
忘れてた、この子は何でか世界大会終わってから

ハイテンションになると止まらない!
「にゅぅ!ひゃ!んにいい!!らめ…大波く……激しいのお」
「なんだかお姉ちゃんの気持ち良さそうな顔を見てると、もっともっとって気持ちに…」
「壊れちゃうよぉ…」「俺に任せて!」
何を任せるの!
ねえ何をなの!壊す前提の話なの!?
でも、私も止められない…
「大波くん…大波くんが欲しい♡」
「俺もだよ…さくらお姉ちゃん」
なんだかもう溶けてしまいそうで
このままずっと繋がっていたい…
そういう気持ちが、赤ちゃんに…

赤ちゃん?
「ひいっ!?…中は!中はダメ!」
中はダメだよ大波くん!赤ちゃんが…
「もう我慢できないよぉ!お姉ちゃん!」
「あぁあめぇっ!!!」
全部……中で…生…
赤ちゃんが…赤ちゃん出来ちゃう

弾道が1上がった!

…………

「大波くん、帰ってくるまでに赤ちゃんができてたら…どーする?」
「俺がなんとかする!」「それだけの問題かっ!…そうだよね、大波くんは世界を守れる男だもんね……」
でもね、私は知ってるの
大波くんの気持ち。
「でも、それ以前に一人の男の子なんだから
……いつでも帰ってきていいからね」
「!!」
いつでも安らげる場所が、欲しいんだってこと、知ってるんだから♪
「……うん」
「でも、逃げ出してくるような事はしないでね♪」「当たり前だ!」

…………
「と言う訳なんですよ、ホンフーさん」「なるほどオホホ…それで妊娠するとは、あなたも大馬鹿ですね♪」
「なんとも言えません…」「パパは中学生…漫画みたいですね」「しかも空の上やろ、あー遠い遠い」「カズさんは黙っててください」

「それで、産むんですか?」「降ろすわけないやろけどな」
カズさんは釘を刺しに来てる、絶対
無論、私だってそのつもりよ!
「大波くんを真っ青にしてあげるんです♪」「……それはよろしいのですが、この話を今ここで初めて聞いたと思われる、お父上様が気絶なされてます」……あ
「まさか、この話親や家族にしてなかったんか!?」
……てへ☆
次の瞬間、私の家にはカズさんの
「このあほんだらーー!!!」
って声が3軒先まで響いたそうです。

そして……

ようやく歩けるくらいになった私の息子と私は、あの日からずっと変わらない河川敷。
大事なあの子と出会った河川敷で、私はその子を待つ。
「……ここでね、パパとママは出会ったのよ?」「パパって、おおきい?」
「んーん、普通のパパと比べたら、小さいかもね」
でも、普通のパパよりとってもすごいパパなんだ、
風そよぐこの場所で、二人で伝説を作った。
……どうやら、来たみたい。
「あれが、あなたのパパよ?」遠くに見える大波くんは、少したくましく見えた、こっちを見るなり、もとに戻ったけど
「……」「ダッコしてあげるから、会いに行こっか」「……うん!」


「おーい!大波くん!」

「お帰りなさい!!」
ここで一度、私たちの物語は終わりとなる、でも、これから先もある
どんな未来になっても、私は、この大波くんとなら
やっていける、やってみせる。
そんな私、才葉さくら OLです!

さくら姉ちゃんわっふる
終わり