比奈鳥そらの不思議な出会い 第一話

比奈鳥そらと不思議な出会い

そらの設定は
バッドエンドルート後ということで

………
「私の、形見…お父さんの」
ああ、まるで他人事のようだ
あれから小波のヤツには会ってないな、まあ会いたくもないわけだが。
私が何をしてるのかと言えば、
砂浜をただ歩いているだけ、あんなにやりたかったソフトボールにも、興味はない。
昔の仲間に会うことももうないのだろうな、
チームを渡り歩いた私に、仲間がいたかどうか…ふふふ
…ん?
「お嬢ちゃん、こんななんにもねえ砂浜でなにやってんだ」
私の前に現れたのは、いかつい顔に髭を蓄えたおじさん
「…何をしているわけでもないんだ」
「…訳ありかい、話してみな、今日は機嫌がいいんだ」
いつもなら話さないであろうおじさんに、今日はなぜか話をしたくなった、きっとなんにも変わらないだろうなとは思っているのだが。
「…」話を聞いてから、おじさんは
「お前の人生にそれが関係してくるのか?」

…予想外の返答をしてきた
「だって、お父様が私の支えだったんだ!それを失った私など、私ではない…」
「お前の人生の中で、親父さんやその小波ってのが重要だったのはとてもよくわかる、でもお前自身にもなにか大切なものはあったんじゃねえか?」
私だけのもの…
考えてみるが、唐突に切り出されたからか全く頭が働かない。
そんな様子を察したのか、おじさんは
「…来週、またこの海岸に来な、そのときまでに考えておくんだな」と話を切り上げて立ち去っていった
「…私の、私の?」

野球を続けていたのはお父様のため
そんな私に残るものなんて
あったか…?