比奈鳥そらの不思議な出会い 第二話

比奈鳥そらと不思議な出会い 第二話

私比奈鳥そらは悩んでいる、
何を悩んでるのかと聞かれたら
自分のことでもあり他人のことでもある。
「自分だけのもの」
私が考え、私のためになるもの、
野球でもない…何か
そんな風にして悩んでいると、町の風景も変わっていく、そうしたら
目の前にどこかで見たような顔が見える、確か小波…いやガンバーズの
「晴川だよ」「うわあっ!?」
「どっかで見た面だと思ったら…お前、小波と前に付き合ってた…いや待てよ、あいつ青髪の女の子と…」
なんか聞きたくないことまで聞いてしまったがそれは置いて
「実は…」ありのままを話してやった、小波へのイタズラ心を全開に
「あいつ、後で…許さん」さてさて、小波はこれからどうなるんだろうな♪ちょっと晴れ晴れした
「ところで、なんでここにいるんだ?」「なんでって…お前、ソフトボールやってんだろ?だから…」
…ソフトボール?
ソフトボール…!
「あーっ!」「うわっ!?どどどうしたんだよ急に」
そうだ、私にはソフトボールがあったんだ、自分から考えておいて、すっかり忘れていた!これは迂闊…迂闊だったな。
「フフフ…ありがとう、晴川さん」
「なんだか知らないけど、まあいいか」「いつか試合で会いましょう」
「私はソフトは…いや、面白そうだな、やるかな!」
これで私だけのものが…私…だけの
もうお父様にも…小波にも頼らないで、ソフトボールをやるんだ。
……
約束の日に、私はおじさんが待っているであろう砂浜へ向かった、
そう言えばおじさんは何をしているのだろう…?まあ気にしないでいいのかな?
考えていると、おじさんが来た、相変わらずの髭だなあ…
「よう、あ、そういや名前は…」「比奈鳥そらだ」この間は名乗ってなかったな、私としたことが
「おう、そら、お前だけのもの、見つかったか?」フッフッフ…
「私には、ソフトボールがあった」
おじさんはポカーンと口を開けている、呆気にとられて何も言えなくなったのかな?フッフッフ
「意外だったもんでな、そんなに早く見つかるなんて」「私は立ち直りが早いんだ
…そう言えば、おじさんには何か自分だけのものってあるのか?」
「俺か?」どうせ大きいものではないのだろうが…念のために
「火星にいきてえ」
「…へ?」「お?」「…へ?」「だから火星にいきてえんだ」
「ほんとに?」「…おうよ」
「かっ…かかか…」「かかか?」
かっこいいいいい!!
「すごい夢だな!おじさん!私、応援するよ!ついていくよ!」「!?」

思えばこの言葉をきっかけに、私はおじさんに引かれていったのかもしれない。
そして、これからの私が変わっていくことになっていったのも…


「晴川さん!?何で殴るんですか!」
「うるせえ!問答無用だ!」
続く