第2回SBC結果


概要

今回のSBCはNSBCルールにて行う。
参加チームは
  • 花丸高校(野丸太郎)
  • ブギウギビクトリーズ(イオ)
  • 中日ドラゴンズ(中日@ネガD)
  • ホッパーズ(KMS)
  • 開拓高校(開拓精神@第2世代)
の5チーム+少し手を加えたデンノーズ

ペナントレースの後、CSの代わりにリーグ代表戦として「1位のチーム」と「勝率5割に最も近いチーム」の対戦を行う。
リーグ代表戦の勝者はグラホッマーズと対戦を行い、勝利したチームが優勝=真の普通に認定される。
当時のスレを追いたい方はコチラから、どうぞ。

ペナント結果

順位 チーム 勝率 ゲーム差
1 ブギウギビクトリーズ .633 -
2 開拓高校 .604 4.0
3 花丸高校 .493 19.5
4 中日ドラゴンズ .493 19.5
5 大神ホッパーズ .460 24.0
6 デンノーズ .326 43.0
※おまけ
再度同条件にてペナントを回してみた結果
順位表タイトル

タイトル
タイトル 記録 選手名 所属チーム
首位打者 .338 しあん ブギウギビクトリーズ
本塁打王 24本 ジョニー 開拓高校
打点王 84点 しあん ブギウギビクトリーズ
盗塁王 10個 スター デンノーズ
最多安打 204本 ブレン 大神ホッパーズ
最高出塁率 .372 みーな ブギウギビクトリーズ
最優秀防御率 1.50 涅園 中日ドラゴンズ
最多勝利 15勝 火事屋 開拓高校
最多セーブ 46S はるか ブギウギビクトリーズ
最多奪三振 134個 やんす ブギウギビクトリーズ
最優秀中継ぎ 30HP 蛮野
火事屋
帰宅部
大神ホッパーズ
開拓高校
ブギウギビクトリーズ
ベストナイン
守備 選手名 チーム
投手 涅園 中日ドラゴンズ
捕手 ODA 花丸高校
一塁 しあん ブギウギビクトリーズ
二塁 矢車 大神ホッパーズ
三塁 陸月 大神ホッパーズ
遊撃 影山 大神ホッパーズ
左翼 ブレン 大神ホッパーズ
中堅 ジョニー 開拓高校
右翼 みーな ブギウギビクトリーズ
指名 堕者 開拓高校

各チームの個別成績
ブギウギビクトリーズ 野手 投手
開拓高校 野手 投手
花丸高校 野手 投手
中日ドラゴンズ 野手 投手
大神ホッパーズ 野手 投手
デンノーズ 野手 投手

勝率5割決定戦

リーグ代表戦にはペナントレースにて「1位のチーム」と「勝率5割に最も近いチーム」が出場するルールだったが、ここで 普通じゃないこと が起きてしまった。
順位表を見れば分かるように花丸高校と中日ドラゴンズが全くの同率で並んでしまったのである。
急遽リーグ代表戦に出場するチームを決めるための試合が組まれることとなった。

ルール
  • 先攻後攻と球場はランダム
  • イニングは5回、コールド4点、延長15回
  • 魔球野球ルールを採用
結果
中日
花丸 1X
花丸高校が4-3のサヨナラ勝ちによりリーグ代表戦進出となった。

リーグ代表戦

花丸高校 11
ブギウギ

見事花丸高校が普通決定戦へと駒を進めた。

真の普通決定戦

グラ
花丸 10

真の普通決定戦にはグラホッマーズが勝利した。
真の普通までのホームベースは遠かった。

これにて第二回SBC(NSBC)は大盛況のまま幕を閉じた。


おまけ

デンノーズをグラホッマーズに変えてペナントレースを回した結果。
デンノーズを横浜に変えてペナントレースを回した結果。
NSBCオールスターと横浜の試合