究極の合成魔獣 マスターキメラ~バーストモード 究極を超える力

あらすじ
ついに三闘神を倒したパワポケたち。しかし、魔法の力は消えていなかった。
この世界から魔法を消すには三闘神から力を奪ったカメダを倒すしかない。
パワポケたちはついに最後の戦いに突入する!

奥の部屋にある3つのスイッチを各パーティはすべて踏み、そのまま頂上へワープ...

ファイナルバトル BGM:狂信集団 原曲

カメダ(ハタ人間)「ようこそ諸君。」

カメダ(ハタ人間)「みんな必ず来ると思ってふさわしい言葉を一生懸命考えていたでやんすよ。」

パワポケ「どこまで破壊を繰り返す? カメダ!」
カメダ(ハタ人間)「オイラは最高の力を手に入れたでやんす。ほれっ!」

カメダ(ハタ人間)「このすばらしい力。お前らなど問題にならないでやんす!」

カメダ(ハタ人間)「みんな壊れてしまえでやんす。全てはいずれ壊れゆくのでやんす。」

るりか「でも、人はまた新しいものを作り出すこともできる。」

カメダ(ハタ人間)「それさえもいずれは滅ぶでやんす。
なぜ滅ぶとわかりきっているのにまた作る?
死ぬとわかっていてなぜ生きようとするのでやんすか?
死ねば全て無になってしまうのに。」

パワポケ「大切なのは結果じゃない。今、何のために生きているか...
何を作り出す事ができたのか... 守るべきものは何なのか......」

パワポケ「生きている間に人がその答えを見つけだす事ができればそれでいいんじゃないのか?」
カメダ(ハタ人間)「お前は見つけたのでやんすか? この死に絶えようとしている世界で...」
パワポケ「見つけた!」

パワポケは地面に降りる。

るりか「愛する心!」
パワポケ「守るべき人。」
大神「心の中の友と仲間と両親。」
椿「友と......家族と......そして......戦と......安らぎを......」
夏菜「秩序を持った国を作る使命がある。」
青野「霧生は俺を友達だと言ってくれている大切なものでもあるのだ。」
白瀬「私を受けとめてくれる人がいる。」
小野「私たち大人は子供たちに未来を与えなくてはならない使命があります。」
リコ「パワポケはあたしにとって大切な人だから一緒にいるよ!」
晴継「俺の大切な妹、冬子と雪白家の翼!」
ヒヨリ「みんなの笑顔と幸せは私たちの一部であり、地球の一部ですっ!」
森本「うきー! きーきーきー!!」

BGM:カメダのテーマ

カメダ(ハタ人間)「気にくわないでやんすねぇ。そろいもそろってオイラに口答えして。ムキーーーー!!」

カメダ(ハタ人間)「ならばオイラがそいつらを消し去ってやるでやんす。お前らの生きるかてを!」
パワポケ「カメダ! やめろ!!」

(ババババババ!)

光線が世界中を焼き払う。

カメダ(ハタ人間)「この世で一番の力をオイラは取り込んだでやんす。
それ以外の者などクズでやんす! ゴミクズでやんす!」

カメダ(ハタ人間)「ゼーンブ破壊して死の世界を作るのでやんす!」

るりかが乗ったがれきがせり上がってくる。

るりか「命は! 夢は生まれ続ける!」
カメダ(ハタ人間)「それもこれもゼーンブハカイ ハカイ ハカイ! ゼーンブハカイでやんす!!」

パワポケが乗ったがれきがせり上がってくる。

パワポケ「命を奪う事は許せない!」
カメダ(ハタ人間)「わはははは! 死のない破壊など面白くもなんともないでやんす!!」

(ババババババ!)

光線が世界中を焼き払う。

パワポケ「カメダ...! 絶対に許さない!!」

順番を決めてください

※最終決戦ではまず12人を戦う順番に並べ替えることになります。
1~4に配置したキャラでバトルが始まり、各段階に勝利した時に
戦闘不能か石化状態かハタ人間状態になったままのキャラがいた場合は、
そのキャラは5以降に配置したキャラと入れ替わり、その後は二度と参戦できなくなります。
通常のバトルと同様に4人とも戦闘不能になると全滅となり、
待機しているキャラと入れ替わることなくゲームオーバーになります。
上記4回のバトルは連続して行い、
途中でバトルを抜けることはないのでここでの順番は慎重に決めましょう。

キャラの順番決定後...

(ピカーーーーッ)

数々のがれきが集まり、神々の像が造られる。

BGM:妖星乱舞 第一章 原曲

神々の像戦 第一段階

※第一段階のボスはギガクッパがモチーフです。


種族:ー
ステータス
レベル119
HP:30000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:地
弱点:炎
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:暗闇・死の宣告
特性
常にレビテト
行動パターン
1、4ターン目:地場転換(1/3) 戦う(2/3)
2、3、6ターン目:スリップ殴る(1/3) 戦う(2/3)
5ターン目:プロテス(2/3) ヘイスト(1/3)
最後に残った場合ファイナルアタック:クエイク
18760ダメージ以降
1、2ターン目:スリップ殴る(2/3) 恐怖の視線(1/3)
3ターン目:スリップ殴る(2/3) 恐怖の視線(1/3)+スリップ殴る(2/3) 恐怖の視線(1/3)
4ターン目:マグニチュード8(2/3) 恐怖の視線(1/3) 地場転換(1/3)
最後に残った場合ファイナルアタック:クエイク

左腕
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:27000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:水
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:沈黙・バーサク・スリップ・スロウ
特性
なし
行動パターン
毎ターン:戦う(2/3)
16888ダメージ以降毎ターン:戦う(2/3):衝撃波(1/3)
カウンター:戦う(2/3)

右腕
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:33000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:5
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:風
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:石化・即死・バーサク
特性
なし
行動パターン
1ターン目:戦う
2ターン目:戦う(2/3) 衝撃波(1/3)
3ターン目:戦う(1/3) 衝撃波(2/3)
22760ダメージ以降毎ターン:戦う(2/3)
最後に残った場合ファイナルアタック:衝撃波(2/3)+衝撃波(2/3)+衝撃波(2/3)
攻略法
最後の戦いは4連戦となり、戦闘前に戦闘参加順を決めます。
戦闘不能のキャラがいる状態で次の戦いへと移行した場合、
そのキャラクターは離脱して次の番号のキャラクターが参戦する仕組み。
最初の4人に最強メンバーを設定し、戦闘不能になるのはあまり考えずに全力で戦うべきです。
メンバーは、多様な属性耐性を持つミネルバのマントを装備できるるりかと白瀬はできれば入れるべき。
後の二人のうち一人には英雄の盾を装備させ、もう一人にはフォースアーマーなどを、
さらに、できれば全員にミラクルシューズを装備させましょう。
まず、あらかじめレビテト状態にして戦闘に入るように。
もしくは戦闘中にかけても良いですが。長い腕は即死耐性がないのでまず速攻でデスで撃破。
1戦目の3体はさほど強くありませんが、顔はHPが尽きた時のファイナルアタックとして
クエイクを使うので絶対にレビテト状態になること。
魔法防御次第ですが7328以上のダメージを受ける場合があります。

パワポケ「いくぞ、みんな!」
みんな「おおっ!」

※実際のゲームでは、最後のボスと戦う時も、ここで紹介しているようには、
みんなで戦ったり交代で攻撃したりすることはできません。注意しましょう。

青野「デス!」

青野はデスを唱えた。
右腕は倒れた。

夏菜「レビテト!」

夏菜は皆にレビテトをかける。

リコ「連続魔リレイズ!」

リコはリレイズを一人ずつにかけた。

るりか「アルテマ!」

パワポケ「おりゃあ!」

パワポケは左腕と顔に全力攻撃!

※顔を最後に倒すとクエイクが来ます。

顔はクエイクを唱えた。

(ゴゴゴゴゴゴゴ!!)

パワポケたちには効果がないようだ...

顔は倒れた。

BGM:妖星乱舞 第二章 原曲

神々の像戦 第二段階

※第二段階のボスはレックウザ・ガレオム・デュオン・ポーキーという
悪空の使者のボスたちが合体したようなモチーフです。

竜(レックウザ)
種族:竜
ステータス
レベル119
HP:30000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:0
魔法回避力:0
属性
無効:地
弱点:冷
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:なし(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:毒・スリップ
特性
常にレビテト
行動パターン
1ターン目:ドラゴンクロー
2ターン目:フレアスター(1/3) サザンクロス(1/3) ノーザンクロス(1/3)
3ターン目:ドラゴンクロー(1/3) エアロガ(2/3)
18480ダメージ以降
毎ターン:フレアスター(1/3) サザンクロス(1/3) ノーザンクロス(1/3)+死者の牙(1/3)

機械(ポーキー)
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:24000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:雷
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:即死・死の宣告・スロウ・ストップ
特性
なし
行動パターン
1ターン目:魔導レーザー(1/3) 拡散レーザー(1/3) グラビティボム(1/3)
2ターン目:拡散レーザー(1/3) ミサイル(1/3) アトミックレイ(1/3)
3ターン目:グラビティボム(1/3) アトミックレイ(1/3) デルタアタック(1/3)
12480ダメージ以降
1ターン目:魔導レーザー(1/3) 拡散レーザー(1/3) グラビティボム(1/3)
2ターン目:拡散レーザー(1/3) ミサイル(1/3) 絶対零度(1/3)
3ターン目:グラビティボム(1/3) 絶対零度(1/3) デルタアタック(1/3)

魔法(デュオン)
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:41000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:地
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:沈黙
特性
なし
行動パターン
1ターン目:ヘイスト(1/3) ヘイスガ(1/3) カッパー(1/3)
2ターン目:ファイガ(2/3) コンフュ(1/3)
3ターン目:ポイズン(1/3) バイオ(1/3) ドレイン(1/3)+デスペル(1/3)+デスペル(1/3)
10280ダメージ以降
1ターン目:リフレク(1/3) ストップ(1/3) リレイズ(1/3)
2ターン目:ブリザガ(1/3) サンダガ(1/3) スリプル(1/3)
3ターン目:ホーリー(1/3) フレア(1/3) スロウガ(1/3)
20904ダメージ以降
1ターン目:サンダガ(2/3) サイレス(1/3)
2ターン目:ホーリー(1/3) フレア(1/3) ラスピル(1/3)
3ターン目:ファイガ(1/3) ブリザラ(1/3) サンダガ(1/3)
30760ダメージ以降カウンター:グラビガ(1/3)
35880ダメージ以降カウンター:デスペル(2/3)+デスペル(2/3)

殴る(ガレオム)
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:28000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:毒
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:バーサク・スロウ・ストップ
特性
なし
行動パターン
毎ターン:戦う(1/3) ミサイル(1/3)
ファイナルアタック:10連打
攻略法
機械は1戦目の長い腕同様デスが効くのでまず倒しましょう。
さらに、多種多様な魔法を使う魔法にはサイレスが効いてしまい、
しかも殴るにはストップが効くので竜以外の3体はほぼ無力化できます。
竜はHPが減ってくると単体をハタ人間化させる「死者の牙」を使ってくるので速攻で倒してしまいましょう。
「リボン」・「セーフティビット」・「アミュレット」・「プリンセスリング」などをつけていれば防げます。
パワポケとるりかの二人は設定上、ハタ人間化は受け付けません。
殴るは倒した時に「10連打」を使いますので、分身や透明で防ぎましょう。

パワポケ「まだまだ続くぞ、気を抜くな!」

夏菜「サイレス!」

夏菜はサイレスを唱えた。
魔法は沈黙状態になった。

ヒヨリ「アルテマ!」
森本「うきーーー!!」

ヒヨリと森本はアルテマで各パーツにダメージを与える。

るりか「クイック!」

るりかはクイックを唱えた。
るりか以外の時間が止まった。

るりか「アルテマ!」

るりかはアルテマで竜たちを攻撃!

るりか「やあぁっ!」

るりかはマスターウェポンで竜を攻撃!

青野「夢幻闘舞!!」

青野の夢幻闘舞!
竜は倒れた。

椿「そりゃっ!!」

椿は沙悟浄の槍を投げつけた。

大神「むんっ! はあぁっ!」

大神の必殺剣 裂!

晴継「ナックルガン!」

晴継はナックルガンを機械に連続で撃ち続けた。
機械は倒れた。

小野「行きましょう、パワポケ君!」
パワポケ「はい!」
小野「グランドトライン!」
パワポケ「はああああっ!!」

小野はグランドトラインを使った。
パワポケはバリアントソード乱れ打ちで攻撃!

殴るの10連打攻撃!

青野「ぐわっ!!」
夏菜「うっ!」
ヒヨリ「ヒヨリには効かないわよ!」
小野「あぁっ!」
森本「うっきーきーきー!」
晴継「ぐわっ!」
大神「うぐっ!」
椿「ぐっ!」

青野・夏菜・小野・晴継・大神・椿は倒れた。
ヒヨリは1のダメージを受けた。
森本は1のダメージを受けた。
殴るは倒れた。

魔法はグラビガを唱えた。

パワポケ・るりか・白瀬「うっ!」
リコ・森本・ヒヨリ「!」

パワポケ・るりか・白瀬のHPが1/4に減った。
リコ・森本・ヒヨリは盾で防いだ。
魔法は倒れた。

BGM:妖星乱舞 第三章 原曲

神々の像戦 第三段階

※第三段階のボスはマリアと眠りがモチーフです。

マリア
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:9999
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:なし
吸収:炎・冷・雷・毒・風・聖・地・水
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:ラグナロク(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:なし
特性
常にリジェネ
行動パターン
1、3ターン目:ホワイトウィンド(2/3)
2、4ターン目:ホワイトウィンド(1/3) 安らぎ(1/3)
5ターン目:ホワイトウィンド(1/3)
眠りがいない:アレイズ

眠り
種族:ー
ステータス
レベル119
HP:40000
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:200
体力:255
魔力:35
魔法防御:200
素早さ:155
回避力:10
魔法回避力:0
属性
無効:なし
弱点:なし
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:マスターウェポン(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:なし
『特性』
なし
行動パターン
1ターン目:トルネド(1/3) メルトン(1/3)
2ターン目:戦う(2/3) 死の宣告(1/3)
ファイナルアタック:安らぎ+安らぎ(1/3)
29760ダメージ以降
毎ターン:メテオ[特殊]
カウンター:メテオ[特殊](1/3) トライン(1/3)
ファイナルアタック:安らぎ+安らぎ(1/3)
攻略法
まずHPが低く、ホワイトウィンドとアレイズを使うマリアを最初に倒してしまいます。
後は眠りを攻撃していくのみなのですが、注意点は眠りのHPが低くなった時。
なんと毎ターンメテオ(モンスター技の方)を使い、
ダメージを与えた時にも反撃でメテオやトラインを使うようになります。
メテオを受けるたびに回復しないと非常に危険。
モンスター技のメテオは回避可能で、威力も全体に9100くらいのため、
ゴリ押ししようとするとすぐに全滅してしまいます。
必ず、眠りがメテオを使ったのを見たら回復し、
反撃のメテオに対しても回復するように一手一手を慎重に行いましょう。
さらに厄介なことに、眠りはHPが尽きた時に単体を戦闘不能にする「安らぎ」を使ってきます。
これは物理攻撃なので盾やドンキーコングで回避可能なのですが、
受けてしまった場合次のカメダ戦で主力を欠くことにもなりかねないので
トドメを刺す前にできればリレイズを全員にかけておくか、ドンキーコングを使うべきです。

リコ「やあぁっ!」

リコはプリンセスソードで攻撃!

白瀬「アルテマ!」

マリアは倒れた。

パワポケ「どりゃぁっ!!」

パワポケはバリアントソード乱れ打ちで眠りに大ダメージを与えた!

ヒヨリ「ドラゴンガン!」
森本「きーーーっ!」

森本はフレアで攻撃し、ヒヨリはドラゴンガンを眠りに直撃させる。

眠りはメテオを使った!
大量の流星群がパワポケたちを襲う!

パワポケ・るりか「くっ」

パワポケとるりかは盾で防いだ。

リコ・白瀬・ヒヨリ「わあぁーっ!!」
森本「うきゃーっ!」

リコ「くうぅ...」
白瀬「ケアルガ!」

白瀬はケアルガで皆を回復させた。

るりか「パワポケ!」
パワポケ「うん!」
パワポケ「でやあぁーっ!!」
るりか「えいっ!」

パワポケはバリアントソード乱れ打ちで眠りに攻撃!
るりかはマスターウェポンで眠りを攻撃!

眠りの安らぎ!

ヒヨリ「あぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
森本「きぃうぅぅぅぅぅぅ!!」
パワポケ「ヒヨリさん! 森本君!」

眠りは倒れた。
ヒヨリは倒れた。
森本は倒れた。

カメダ(ハタ人間)「バ、バカな...やられたというのでやんすか...!?」

カメダはモニターから神々の像が倒されたことに気づく。

カメダ(ハタ人間)「こうなったら...オイラ自らが相手になるでやんす!
この! オイラが作ったガンダーロボを超えた究極のモンスター・マスターキメラの心となって!」

カメダはガンダーロボの中にあるCFコンバーターに入り込み...

カメダ(ハタ人間)「おおっああぁがぁうぐぅ!!」

(ザザザザザザザ!)

怒りのカメダは、なんと自らマスターキメラと融合してしまう!

(ウィーン)
(ピーーーーーーーーッ!)

BGM:妖星乱舞 第四章 原曲

(フッ)
(ゴロゴロゴロ...)

白瀬「何!?」

上空からマスターキメラがゆっくりと降りてきた。

カメダ(マスターキメラ)「うおぉぁぁぁぁぁぁっ!!!」

(ドーーーン!!)

パワポケ・るりか・白瀬・リコ「うわあぁっ!」

自衛隊「くうぅっ! 全機、高度を上げろ! この領域から離れるんだ!」

果たして、世界の運命は!?

カメダ(マスターキメラと融合)
種族:竜
ステータス
レベル255
HP:65535×9(589815)
MP:無限
MP死:無
攻撃力:255
防御力:255
体力:255
魔力:255
魔法防御:255
素早さ:235
回避力:45
魔法回避力:0
属性
無効:毒
弱点:なし
吸収:なし
ペラ:0
EXP:0
魔法修得値:0
盗めるアイテム:超完全回復薬(通常) なし(レア)
落とすアイテム:なし
有効異常:なし
特性
常にリジェネ・ヘイスト・シェル・プロテス・リフレク・レビテト
物理攻撃力2倍・魔法攻撃力2倍
※HPが3回以上0になると次の形態へ移行し、常に逆鱗状態になる。
フリーズボルト・コールドフレアは溜めた後すぐに発動する。
行動パターン 第一形態
1ターン目:心無い天使
2、4、6ターン目:戦う(1/3) ドラゴンクロー(1/3) 吹雪(1/3) 大海嘯(1/3)
3ターン目:ファイガ(1/3) ブリザガ(1/3) サンダガ(1/3) クエイク(1/3) エアロガ(1/3)
5ターン目:火炎弾(1/3) 凍える世界(1/3) トライン(1/3)
7ターン目:ドラゴンクロー(1/3) サザンクロス(1/3) フレアスター(1/3)
3回HPが0になるとファイナルアタック:リベンジャー
アルテマに対するカウンター:アルテマ
第二形態
1ターン目:ミッシングの準備
2ターン目:ミッシング
3ターン目:逆鱗+ハイパードライブ
4、5ターン目:クロスフレイム(1/3) マインドブラスト(1/3) リベンジャー(1/3) クロスサンダー(1/3)
カウンター:メテオ[特殊](1/3) ハイパードライブ(1/3)
アルテマに対するカウンター:アルテマ
3回HPが0になるとファイナルアタック:心無い天使
第三形態
1ターン目:逆鱗+メテオ[特殊]
2ターン目:青い炎(1/3) 雷撃(1/3)
3ターン目:フリーズボルト(1/3) コールドフレア(1/3)
4ターン目:フォトンゲイザー
5ターン目:天焦がす滅亡の光
カウンター:ハイパードライブ(1/3) リベンジブラスト(1/3)
アルテマに対するカウンター:アルテマ
攻略法
まず知っておきたいことは、カメダは登場時に能力が一段階アップすることと
三つの形態があり3回HPが0になると形態が変わって
特技版メテオやハイパードライブやリベンジブラストで反撃するようになるということと、
「ミッシング」準備中は無敵になるということです。
アルテマで攻撃するとアルテマで反撃されて全滅確定なので絶対に使ってはいけません。
能力が全てカンストととんでもなく強く、半端なパーティーで挑むとあっという間に全滅してしまいます。
最低でもHPを9999までカンストさせるか、天焦がす滅亡の光対策としてリレイズが必須。
また、物理・魔法防御もカンストしているので防御力無視の効果を持つ攻撃も必要です。
もちろん「ミッシング」に耐えるために魔法防御力も200~231は必須。
序盤のうちはダメージに対しあまり反撃してきませんが、
全員のHPを1にする「心無い天使」を使うので一人はいつでも回復できるように待機していましょう。
第二形態になるとオーラをまとって能力が二段階上がり、
「カオスを超えて終末が近づく…」というメッセージの後に「ミッシング」を使います。
カメダ自身の能力はカンストな上にあらゆる強化補正がかかっているため、
ほぼ全体に9999のダメージを与えてきます。
さらにとんでもないことに第三形態になると能力が三段階アップし、
これまでの一段階・二段階アップと重なり、力押しはもはや不可能のレベルに。
その上に魔法防御無視のフォトンゲイザーと全体攻撃の天焦がす滅亡の光まで使ってきます。
しかし、ここまで来ればあと少しなのでクイックからの
バリアント乱れ打ちなどの強力な攻撃で一気に決着をつけましょう。
とにかく、これまでの旅で得た知識や経験などをフル活用し、
一緒に戦った仲間たちと力を合わせ、勝機を見出し全力で戦いましょう。

カメダ(マスターキメラ)「もう容赦はしないでやんす! すべて焼きつくすでやんす!!」
白瀬「あの声は...カメダ!?」
リコ「どうなってるのよ...!?」
パワポケ「まさか...モンスターと融合したのか...?」
るりか「信じられません...」

カメダ(マスターキメラ)「命... 夢... 希望...
どこから来てどこへ行く? そんなものは...このオイラが破壊するでやんす!!」

カメダは能力が上がった!

カメダ(マスターキメラ)「うあぁっ!!」

カメダの心無い天使!
パワポケたちの残りHPが1になった。

るりか「うぅ...力が...」
パワポケ「力が入らない...」

カメダ(マスターキメラ)「吹雪!!」

カメダの吹雪!

氷づけになるがいい!

白瀬「うう、さ...寒い...」

白瀬は凍りついた。

リコ「フッキーが凍っちゃった! ファイアで氷を溶かさなきゃ!」
るりか「超完全回復薬でみんなを回復!」

るりかは超完全回復薬を使った。
パワポケたちのHPとMPが全回復した。

リコ「フッキーにファイア! シェル!」

リコは白瀬にファイアとシェルをかけた。
白瀬は氷が溶けた。
白瀬はシェル状態になった。

白瀬「ありがとう、リコ。」

カメダ(マスターキメラ)「白瀬、お前をその仲間ととも葬ってやるでやんす!」
白瀬「カメダ! あなたはあれほど多くの人たちの命を奪っただけでなく、
自らをハタ化させた挙げ句、合成魔獣と融合してしまったのね。...哀れだわ。」
カメダ(マスターキメラ)「ふん、哀れなのはどちらかすぐにわかるでやんす。」
白瀬「行くわよ! カメダ!」

白瀬はエクスカリバーで攻撃!

白瀬「くっ! わぁっ!」
カメダ(マスターキメラ)「まさにパーフェクト。反応速度といいパワーといいすばらしい。
マスターキメラと融合したオイラは人間もハタ人間なども遙かに超えた究極の存在となったのでやんす!」
白瀬「くっ...! やあぁーっ!」
カメダ(マスターキメラ)「ククククク、お前の動きがすべて手に取るように見えるでやんすよ! はあっ!」
白瀬「! たあっ!」

白瀬は宙返りしてかわし、カメダに反撃する!

カメダ(マスターキメラ)「ふんっ、おりゃあ!」
白瀬「くっ! あぁっ!」
るりか「白瀬さん!」
パワポケ「白瀬!」

白瀬「ううぅっ...! (パワーは向こうのほうが上...長引けば不利だわ。)」

白瀬「えいっ!」

白瀬はエクスカリバーで攻撃!
カメダは攻撃をかわした。

カメダ(マスターキメラ)「そんな攻撃ではオイラに傷一つつけられないでやんすよ。
攻撃とはこうするのでやんす!」

カメダの攻撃!

白瀬「ううぅっ!」

カメダ(マスターキメラ)「ククククク、どうしたでやんす? このままつぶれてしまうつもりでやんすか?」
パワポケ「つぶれるのはお前のほうだ!」
カメダ(マスターキメラ)「なにぃ?」
パワポケ「カメダァァァァァ!」

パワポケは大きくジャンプし、カメダに殴りかかった。

カメダ(マスターキメラ)「素手でオイラにかなうと思っているのでやんすか? エアロガ!」
パワポケ「くっ! どわぁっ!」
白瀬「パワポケ! 大丈夫!?」
パワポケ「白瀬...大丈夫だ。白瀬こそ無理するな。」

白瀬「フレア!」
カメダ(マスターキメラ)「はあっ!」

カメダは魔法をはね返した。

白瀬「! くっ!」

白瀬は魔法をかわした。

(ドーーーン)

病院

ナオ「あっ! うぅっ!」
桜空「お姉ちゃん!」
ナオ「うん...大丈夫......パワポケ君...るりか...リコ...フッキー...」

がれきの塔 頂上

パワポケ「くっそぉ...」
白瀬「奴は...」

パワポケと白瀬は上空を見上げた。

パワポケ「!」
白瀬「上だわ!」

パワポケ・白瀬「わあっ!」

(ドーン)

カメダはパワポケと白瀬をそのまま踏みつぶす。

カメダ(マスターキメラ)「んんんんっ!」
パワポケ・白瀬「ううううっ!」
るりか・リコ「パワポケ!」
カメダ(マスターキメラ)「弱いとは悲しいことでやんすね...遊び相手にすらならないのでやんすから。」
るりか・リコ「くうぅ...」
カメダ(マスターキメラ)「さあ...2人仲良く人思いになぶり殺しにして、楽にしてやるでやんす!」

(ピカン!)

小野「私たちもいることを忘れないでください!」

小野たちは再び立ち上がった!

カメダ(マスターキメラ)「やれやれ...何人で来ようと結果は同じだとなぜわからないのでやんすか?」
小野「グランドトライン!」
椿「風車!」
ヒヨリ「ドラゴンガン!」
森本「きーーーっ!」
夏菜「マグナムガン!」
青野「夢幻闘舞!」
晴継「ナックルガン!」
大神「必殺剣 裂!」
カメダ(マスターキメラ)「おりゃあっ!!」

小野・椿・ヒヨリ・夏菜・青野・晴継・大神「わあぁっ!!」
森本「うきゃーーーーーーっ!」
カメダ(マスターキメラ)「わはははは! すばらしいでやんす! このパワー! このボディ!
そうでやんす、オイラは人間もハタ人間もモンスターを超えた究極の存在。
お前たちごときがかなうわけないのでやんすよ!」
夏菜・青野・晴継・大神「くうぅ...」
るりか・リコ「みんな...」
夏菜「負けるかぁぁぁっ!」
青野・夏菜「うおおおおお!」
カメダ(マスターキメラ)「ムダだと言っているでやんしょ!」
夏菜「あぁっ!」
青野「うわあぁっ!」
リコ「夏菜!!」
るりか「青野君!!」
カメダ(マスターキメラ)「わはははは! ゴミクズの分際でオイラに向かってくるからこうなるのでやんすよ!」
るりか「くうぅ...!」
リコ「これ以上、友達を、仲間を殺さないでっ!!」
カメダ(マスターキメラ)「こいつらが仲間でやんすと?
ククク、ゴミクズを仲間などとは。なんとバカバカしいことを!」
るりか・リコ「くうぅ...」
カメダ(マスターキメラ)「ご存知の通り、オイラがこれまで殺した人間とハタ人間、
世界中の人間たちの命はこのマスターキメラを目覚めさせるエネルギー、
すなわち、オイラの野望をかなえるためのかてとなったのでやんす。」
るりか・リコ「くうぅ...」
カメダ(マスターキメラ)「存在することに何の価値もない連中にオイラが役目を与えてあげたのでやんす。
感謝されこそすれ、憎まれる理由などないでやんすねぇ。」
小野「なんて勝手なことを!」
ヒヨリ「ひどい...! 今のあなたは巨大な悪のエネルギーに満ちています!」
リコ「あんた、何もわかっていない!」
るりか「人間はみんなで支え合って生きています! 動物も人間と同じように生きています!」
カメダ(マスターキメラ)「はぁ?」
リコ「あたしは知ってる!」
るりか「パワポケと一緒に過ごした日々のことを!」

るりかとリコは過去の記憶を思い出す...

るりか「ハタ人間の事件のとき、パワポケに助けられ、一緒に母さんを救出し、
病気を治す薬の材料を探したり、白瀬さんのチームの一員としてみんなと一緒に戦った。」
リコ「パワポケと一緒に宇宙人と戦ったり、フッキーのチームの一員となって戦った!
とてもとても、温かかった。あんたは何も知らない! あたしやパワポケたちのこと!」
るりか「あなたは...可哀想な人です。」
カメダ(マスターキメラ)「おろかなことを。人間や動物などに心ぉ?
そんな戯れ言にこだわっているからお前たちは弱いのでやんす。」
るりか「くぅ...」
カメダ(マスターキメラ)「見るでやんす! オイラの強さを!
科学の力と三闘神の力で手に入れたこのパーフェクトボディを!
貪欲な欲求を自ら達成できる人間こそ一番すばらしい存在なのでやんす!」
るりか「人間と動物も同じ仲間!」
カメダ(マスターキメラ)「あぁん?」
パワポケ「るりか...」
るりか「人間は一番ではありません。動物も一番ではありません!
温かさを教えてくれた白瀬さんと小野さん、厳しさを教えてくれたパワポケと椿さん。」
リコ「競い合い、教えてくれた人間たち! 友達でもある夏菜、フッキー、ナオ、桜空!
そして、あたしの好きな人のパワポケ!」
パワポケ「リコ...るりか...」

るりかの愛情の心がマスタークラウンと共鳴した!!
リコの純真なる心が純真の王冠と共鳴した!!

リコ「あたしたちは勝つ! みんなや友達がいるから!!」

リコ「プリンセスモード!」
るりか「スーパーモード!」

カメダ(マスターキメラ)「プリンセスモードとスーパーモードでやんすと?」
パワポケ「さすがだぞ、リコ! るりか!」
リコ「行くよ! るりか!」
るりか「ええ!」
るりか・リコ「トゥインクルソード!!」

るりかとリコの合体攻撃!
トゥインクルソード!

カメダ(マスターキメラ)「ふっ、今のオイラにかなうわけが...」

(ジャキーン!!)

カメダ(マスターキメラ)「なんでやんすこのパワーは!?」
るりか「あなたは何も知らない!」
るりか・リコ「これが!」
リコ「仲間を! 友達を想う力だよっ!」

(シャキーン!!)

マスターキメラの頭部にかすり傷が入った!

パワポケ「よっしゃー!」
カメダ(マスターキメラ)「たかが一度かすったくらいでいい気になるなでやんす!」

カメダの凍える世界!

パワポケ・白瀬・るりか・リコ「とうっ!」

パワポケたちは攻撃を回避した。

リコ「エレメンタルソード!」

(ズバッ!!)

カメダ(マスターキメラ)「バカな!? どうなっているでやんす!? ゴミクズにこんな力があるわけが!?」
るりか「リコ!」
リコ「るりか!」

るりか「私のこの手が月のように光ってうなる! あなたを倒せと月が輝き叫ぶ!
闇夜に輝く月の光たちよ、私たちに新たな未来を! ムーンライトブラスター!!」
リコ「連続魔 メテオ!!」

るりかの放つ全力の必殺技! ムーンライトブラスター!
リコはメテオを唱えた。
るりかの周囲から放つ6本の月光レーザーがカメダに向かって照射される!

カメダ(マスターキメラ)「うおあぁぁぁぁぁ!!」
青野・夏菜・ヒヨリ「やった!」
パワポケ「いいぞ! るりか! リコ!」
カメダ(マスターキメラ)「ゴミクズがぁ...よくもこのオイラを...!! 許さん!!! ぐうぅぅぅ!!!」
マスターキメラ「うぅぅぅぅぅ!!! ぐうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!!!!!!!」

マスターキメラ、第二形態に突入

マスターキメラはオーラをまとい、能力がぐーんと上がった!

カオスをこえて終末が近づく...

パワポケ「なんだ!?」
白瀬「パワーアップしている!?」
るりか「メテオ!」
リコ「もう一度! 連続魔 メテオ!!」

るりかはメテオを唱えた。
リコはメテオを唱えた。
マスターキメラはダメージを受けなかった。

マスターキメラ「ぐおお!! 許さん!!」
るりか・リコ「効いていない!?」
マスターキメラ「我に逆らう者め!!!」

マスターキメラのハイパードライブ!

るりか・リコ「キャアァァ!!」
マスターキメラ「裁きをぉ!!!」

マスターキメラの逆鱗!

ヒヨリ・夏菜「きゃーーーーーーっ!!!」
マスターキメラ「おぉぉぉぉ!!!」

マスターキメラのミッシング!
マスターキメラは辺り一帯から無数の光を集めて巨大な光球を生成し、パワポケたちに飛ばした!

パワポケ「うっ...!」
白瀬「くっ...!」

(ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!)

パワポケ「うぅぅっ...!」
るりか・リコ「くっううぅぅ......」

なんと、るりかとリコが身を挺してパワポケと白瀬をかばった!

パワポケ・白瀬「るりか...リコ...」
るりか・リコ「うっ...」

(バタッ)

パワポケ「リコ! るりか! バカ野郎! なんて無茶なマネするんだ!」
リコ「あたし...いつまでも...パワポケといたいから...」
るりか「パワポケは...私にとって...幼なじみ......です...から...」
パワポケ「るりか...リコ...」

パワポケは怒りの矛先をマスターキメラに向ける。

パワポケ「カメダ! 必ずお前を倒してやる!!」
マスターキメラ「カメダなどでは...ないぃぃ...!!」
パワポケ「なんだ!?」
マスターキメラ「我は魔王マスターキメラァ!! うあああああああ!!!」

(ドガーーーーン!!!)

マスターキメラ「うあぁぁぁ!!」

マスターキメラのメテオ!
大量の隕石が流星群となり落下した!

(ドガーーーーーン!)

マスターキメラ「うおおおおお!!」
パワポケ「なんなんだ一体!?」
白瀬「恐らく...カメダの意識がマスターキメラの本能に取り込まれてしまったのよ。」
マスターキメラ「ぐうぅぅぅぅぅ!!!!」
パワポケ「それってまさか!?」
白瀬「そう、マスターキメラの本能の命ずるままに無差別攻撃を始める。全てを破壊しつくすまで。」
マスターキメラ「うああああぁぁぁぁぁぁぁ!! ぐあぁぅっ!!!」

パライソ高校

オチタ「パワポケ君、大丈夫でやんすかね...? 青野君もいないでやんすし...」
ユイ「大丈夫...パワポケ君は必ず戻ってくるわ。パワポケ君が野球が大好きなように。
みんなと野球がしたいから。ね、オチタ君。」

がれきの塔 頂上

パワポケ「るりか...!」

パワポケは力尽きたるりかの側にいる。

白瀬「リコ、死なないで...! アレイズ!」

白瀬はリコにアレイズをかける。

リコ「フ......フッ....キー......」

リコは復活した。

マスターキメラ「ぐうぁぁぁぁぁ!!!」

マスターキメラの逆鱗!

小野「キャァ!!」
椿「ぐあぁ!!」

マスターキメラはクロスフレイム、クロスサンダーを繰り出し、
当たり一面を手当たり次第に破壊する!

白瀬・リコ「キャアァーッ!!」
マスターキメラ「うあぁぁぁぁぁぁ!!!」
パワポケ「見ろ...るりか...」
青野・夏菜「うぅっ...」
パワポケ「みんなボロボロなのに...必死で戦ってる。」
ヒヨリ・小野・晴継・大神「うぅ...」
パワポケ「それなのに...俺とるりかだけ戦えないなんて...」
白瀬・リコ「くぅ...」
パワポケ「同じ幼なじみとして情けない! るりか、俺はお前と一緒に戦いたい!
そして...同じ幼なじみとして故郷に帰りたい!」

パワポケはるりかと一緒に戦った過去の記憶を追憶した...
ハタ人間の事件でるりかとその母を助け、地下ダンジョンでハタ人間になった仲間たちを助けたことも、
ギャスビゴー帝王と戦ったこと、禍津日神と戦い、カメダ帝国の野望を打ち砕いたことも、
一緒にフンババを倒して岐阜の村の人間たちを守ったことも...

パワポケ「戦いたいんだ! お前と一緒に! お前もそうじゃないのかよ! るりか!!」

(そして...)

(ピカーーーーン)

突然フェニックスの魔石が輝きだした!

パワポケ「あっ...!?」

フェニックスの転生の炎がパワポケとるりかを囲む。
パワポケとるりかのマスターパワーリングが光りだした!
突然、るりかが目を開けた。

るりか「......う...ううん...」
パワポケ「るりか...?」
るりか「パワポケ...」
パワポケ「るりか...るりか!!」
るりか「パワポケ...パワポケ!!」

パワポケ「行こう、るりか! カメダを倒してみんなで帰るぞ!」
るりか「はいっ!」

パワポケ「行くぞ! カメダ!!」

パワポケとるりかはマスターキメラに向かっていった。

マスターキメラ「ぐうぅぅぅぅ...うぅぅぅぅぅぅ...!!」
パワポケ「うおおおおおお!」
るりか「はああああああ!」

パワポケとるりかは勇猛果敢にマスターキメラに向かっていく。

リコ「るりか...」
青野・夏菜「パワポケ...」

マスターキメラ「うぅぅぅぅおおおおお!!!」

マスターキメラのクロスサンダー!

小野・ヒヨリ「うっ、わあぁっ!!」

るりかはマスターウェポンからライトブリンガーに持ちかえた。

白瀬「るりか...パワポケ...よかった......みんな! パワポケとるりかをサポートしましょう!」

マスターキメラ「うぅぅぅぅぅぅ! ぐおおおおお......」
ヒヨリ・夏菜・青野・晴継・大神・小野・椿・白瀬「メテオ!」
リコ「連続魔 メテオ!」
森本「うきーーーーーーーーっ!!」

(ドドドドドドーーーーーーーン!!)

マスターキメラ「ぐうおぉぉぉぉぅっ!」

パワポケ「るりか! ソウルの力を俺に集中してくれ!」
るりか「はい! 私のソウルはいつでもパワポケと一緒です!」
パワポケ「よし、いくぞ!」

パワポケとるりかの合体攻撃!
ツインソードアタック!

(ズバッ!!!)

マスターキメラ「ぐおぅっ! おうぅふぅぅ!!」

(ドガーーン!)

パワポケ「行くぞ、みんな!」
夏菜・リコ「うん!」
白瀬・るりか・ヒヨリ・小野「ええ!」
青野・晴継・大神・椿「おうっ!」
森本「うっきー!」
マスターキメラ「うぅぅぅぅぅぅ!!!」

日本 地上

「おおっ...」

病院

桜空「パワポケ君...るりちゃん...白瀬さん...」
ナオ「桜空...安心して。パワポケ君たちは大丈夫よ。」
桜空「うん...」

パライソ高校

ユイ「パワポケ君...」

がれきの塔 頂上

マスターキメラ「うぅぅぅぅぅ...」
白瀬「青野と大神と晴継さんは左へ移動!」
マスターキメラ「ぐあぅっ!」
白瀬「パワポケとるりかと森本とヒヨリさんと夏菜と椿さんは右へ回り込み、マスターキメラをかく乱!」

夏菜・ヒヨリ「メテオ!」
椿「風魔手裏剣!」

白瀬「小野さんとあたしとリコは後方支援に専念!」

白瀬・リコ・小野「メテオ!」
マスターキメラ「ぐおぉぅおぅ!!」

パワポケ「ギガクッパ召喚!」

パワポケはギガクッパを召喚した!
ギガクッパのメガフレア!

マスターキメラ「ぐおおおぅおうぅ!!」

(ドーーーン!!)

ついに直撃を決めた時...

小野「すごい...」
夏菜「やるじゃないか!」
リコ「まいったね。」
白瀬「(行ける...! この調子でマスターキメラを...)」

白瀬「!?」
マスターキメラ「うううおおおあああああああああああああああああ!!」
夏菜「何だ、このいやな叫び声!?」
リコ「見て!」

憎悪のあまりにかマスターキメラにカメダの意志が再度浮上。醜悪な人面塑として肉体にまで現れ出る。

マスターキメラ、第三形態に突入

白瀬「何なの...あれは...!?」
パワポケ「カメダ...!」
カメダ(ハタ人間)「憎い...憎い! 憎いぃぃぃ!!!」

(ドーーーーーーーン!)

カメダ(ハタ人間)「パワポケ! パワポケェェェ!!!
南雲瑠璃花...! そしてその幼なじみのパワポケがぁぁ!!
このオイラの、このオイラの野望を阻み、立ちふさがるというのでやんすかぁ!!
なぜお前たち二人はオイラの前に立ち続けるのでやんすか!
...お前たちさえいなければ...お前たちさえいなければ...!
オイラは楽にこの世界のトップに立つことができたはずでやんすのにぃ~!!!!」
パワポケ「ごちゃごちゃうるさいんだよ。お前はそんなちっぽけな理由でこんなことしたのか?」
カメダ(ハタ人間)「ちっぽけ?」
パワポケ「昔のことなんてどうでもいい。
お前のそのちっちゃな野望、このパワポケ様がぶっつぶしてやるっ!」
カメダ(ハタ人間)「!!! パ、パ、パ、パワポケェェェェェェ!!!!」

マスターキメラはさらにオーラをまとい、能力がぐぐーんと上がった!

がれきの塔を中心に、世界中に大量の鎖が張り巡らされる。

リコ「あぁ...!」
夏菜「リコ!」

(ドーーン!)

小野「マイティガード!」
リコ「夏菜、ありがとう...」

パワポケ「うわっ!」
るりか「きゃっ!」
白瀬「何なの、様子がおかしい。カメダの意識が再びマスターキメラを拘束したというの?」

カメダ(ハタ人間)「許さんでやんす! 許さんでやんす!!」

パワポケ「これは?」
夏菜「なんだよこれ? 世界中の明かりが...」
小野「吸っている...あの怪物は世界中のエネルギーを吸っています!」
白瀬「世界中の......力...! みんな! この鎖を!」

(ドーーン!)

白瀬「キャッ!」
パワポケ「白瀬!」
るりか「白瀬さん!」
白瀬「私にかまわないで! 早く鎖を!」

(ドガン!)

夏菜「あっ、あれは!?」
晴継「ガーディアンのコア!」
カメダ(ハタ人間)「わはははは! わーはははははははは!!」
小野「あれは...」
白瀬「マスターコア!」
パワポケ「何する気だ、カメダ!?」
マスターキメラ「あぁあうぅぅん! ゲップウ!」

マスターキメラはマスターコアを飲み込んだ!

カメダ(ハタ人間)「完全破壊の始まりでやんす!」

(ドガーーーン!)

みんな「あぁ...!」

マスターキメラ「あぐぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」
パワポケ「なに!?」
マスターキメラ「うぐうぅぅぅぅ...!」

カオスをこえて終末が近づく...

マスターキメラはさらに巨大化した!!!

パワポケ「カメダァ...!」

マスターキメラの放つ全力の必殺技! 天焦がす滅亡の光!

マスターキメラ「あぐうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぐおぉぅ!!!!」

マスターキメラは辺り一帯から無数の光を集めて超巨大な光線を口から発射し、上空に飛ばした!
天焦がす滅亡の光の衝撃はがれきの塔付近だけでなくパライソタウンや世界中にも広がってきた。

病院

桜空「きゃっ!?」
ナオ「まさか!」
桜空「お姉ちゃん! パワポケ君は!? パワポケ君は!?」
ナオ「パワポケ君...るりか...フッキー...リコ...みんな...死なないで...!」

がれきの塔

椿「どうなってやがる!?」

晴継はナックルガンで鎖を破壊!

晴継「このままでは奴に近づくことさえ...!」
カメダ(ハタ人間)「憎い...! 憎いぃぃぃぃ!!!」

マスターキメラのフォトンゲイザー!

(ドガーーーーーーン!)

マスターキメラ「うぅぅぅぅぅぐあぅ!!」

マスターキメラの青い炎!

白瀬「......カメダめ...! まさか、ここまでやるとは...」
パワポケ「どうなってるんだ白瀬!?」
夏菜「なんなんだよあれ!?」
小野「マスターコアの影響ですね...」
ヒヨリ「え...?」
夏菜「マスターコアの?」
白瀬「ええ...奴にはエネルギーを吸収する能力があるのは間違いない。
世界中のエネルギーを吸収し、巨大化。そして...マスターコアを取り込んで、
地球全体を破壊するほどの力まで手に入れた。」
リコ「フッキー!」
るりか「白瀬さん!」
白瀬「全員、マスターキメラと距離をとり、回避に専念!」
みんな「えぇっ!?」
パワポケ「どういうことだ白瀬!?」
白瀬「わからないの?! 地球の地盤はどんどん壊れてきている。
ただでさえこの地球は前の世界崩壊の影響で荒れ果ててきているの。」
マスターキメラ「うぅぅぅぅぅぐあぅ!!」

マスターキメラの雷撃!

(ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!)

るりか「それって!?」
白瀬「そう...これ以上、マスターキメラの攻撃を許してはいけない。」
マスターキメラ「ぐあぅ!! ぐあぁっ!!!」

マスターキメラの逆鱗!

(ドガーーーーーーン!!)

白瀬「このままでは...最悪この星全体が崩壊し、消滅してしまうかもしれない!」
小野・ヒヨリ「えっ!?」
夏菜「そんな!」
パワポケ「要するに、とっととあいつをぶっ倒せばいいんだろ?
面倒だってことは最初からわかってたんだ。俺たちのやることは何も変わらない!」
小野「そうですね。」
夏菜・リコ・ヒヨリ「うん!」
るりか「パワポケの言うとおりです!」
白瀬「...そうね。あたしたちのすべきことは何も変わらない!」
パワポケ「よしっ!」
白瀬「態勢を立て直して! 完全に回復したパワポケとるりかを中心に
これ以上被害が広がらないよう、一気に決めるわよ!」
マスターキメラ「うぅぅぅぅぅ!!!」
カメダ(ハタ人間)「そんなことはさせないでやんす!!」

マスターキメラのフリーズボルト!
マスターキメラは冷たい光に包まれた!
マスターキメラは力がみなぎった!
電気をまとった氷の塊をパワポケとるりかに飛ばした!

パワポケ・るりか「わっ!」
白瀬「ファイガ!」

氷の塊が溶けた!

パワポケ「白瀬...」
るりか「白瀬さん...」
白瀬「ここは私たちに任せて!」
小野「二人はマスターキメラを!」
青野「俺たちがスキを作る! 後は頼むぞ!」
パワポケ「わかった! 行くぞ、るりか!」
るりか「わかりました!」
カメダ(ハタ人間)「ぐぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!!!」

マスターキメラのコールドフレア!
マスターキメラは凍える空気に包まれた!
マスターキメラは力がみなぎった!
すべてを凍らせる激しい冷気がパワポケたちを襲う!

みんな「とうっ!」

パワポケたちは攻撃をかわした!

夏菜・青野・晴継・大神・椿・白瀬「メテオ!」
リコ「連続魔 メテオ!」
森本「うっきーーーーーーっ!!」

大量の流星群がマスターキメラの鎖を破壊!

マスターキメラ「ぐぅぅぅぅぅぅぅぅ......!」
小野「グランドトライン!!」
マスターキメラ「ぐおぉぉぉぅぉぉ!!」
カメダ(ハタ人間)「!?」
ヒヨリ「ヒヨリンビーム!」
カメダ(ハタ人間)「ぐおぉぅぉぉ!」
青野「夢幻闘舞!!」
晴継「ナックルガン!」
夏菜「マグナムガン!」
マスターキメラ「ぐおぉぅっ!!」
白瀬「クイック!」

白瀬はクイックを唱えた。
白瀬以外の時間が止まった。

白瀬「超完全回復薬で皆を回復! そして、私にリレイズ!」
リコ「パワポケにリレイズ! そして、るりかにリレイズ!」

白瀬はエクスカリバーから龍神剣に持ちかえた。

白瀬「行くわよ、リコ!」
リコ「うん!」

白瀬とリコの合体攻撃!
ツインソードアタック!

マスターキメラ「ぐおぉぉぅぅぅぅぅ!」
カメダ(ハタ人間)「な...な...!」

るりか「いでよ、三闘神! 魔神! 鬼神! 女神!」

るりかはジハードを召喚した!
三闘神たちの天地崩壊!

パワポケ「俺のこの手が太陽のように真っ赤に燃える!! 勝利をつかめと太陽が轟き叫ぶ!!
太陽とともに新たな未来を! サンシャインスマッシャー!!」

パワポケの放つ全力の必殺技! サンシャインスマッシャー!
パワポケは流星のような勢いでマスターキメラに向かっていく!

カメダ(ハタ人間)「なんでやんすかあの大きさは!?」

(ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!)

夏菜・リコ「やったー!!」

パワポケ「やったか!? !」
マスターキメラ「うぅぅぅぅぅぅ!!!」
パワポケ「なっ!?」
白瀬「ばかなっ!? あの攻撃を受けて倒れるどころか、無傷だなんて!?」
カメダ(ハタ人間)「オイラの野望はー...! 誰にも止めさせないでやんす!!」

マスターキメラのフォトンゲイザー!

青野・晴継・大神・椿「どわぁっ!!」
小野「みなさん!」
ヒヨリ「そんな...!」
小野・ヒヨリ「わあぁっ!!」
カメダ(ハタ人間)「底なしでやんす、底なしでやんす!」
夏菜・リコ・るりか「きゃあぁーっ!!」
白瀬「夏菜! リコ! るりか! パワーが違いすぎる! このままでは...」
パワポケ「まだだ! 俺はあいつをぶっ飛ばすまで絶対にあきらめないぞ!!」
白瀬「パワポケ!」
パワポケ「カメダァァァァ!!」
カメダ(ハタ人間)「ぐぐぐ...パワポケ...!」

(ドシーーーーン!!!)

パワポケ「お前は俺がぶちのめす! このパワポケ様がな!!」
カメダ(ハタ人間)「パワポケェーッ!!」
マスターキメラ「うおぉぅぐあぁっ!!」

マスターキメラの放つ全力の必殺技! 天焦がす滅亡の光!
マスターキメラは辺り一帯から無数の光を集めて超巨大な光線を口から発射し、パワポケに飛ばした!

るりか「パワポケ!」
パワポケ「あぁっ......!」

(そして......!)

パワポケ「うっ...! あっ...!」

なんと、青野・夏菜・リコ・白瀬が身を挺してパワポケをかばった!

パワポケ「お前たち、なぜ...?」
白瀬「仲間のピンチを見過ごしはしない!」
青野「水くさいぞ。この程度俺たちにまかせろ!」
夏菜「血筋、かしらね...」
リコ「あたしはどんなことがあってもパワポケを守るから...!」

(ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!)

青野「どわぁっ!!」
夏菜・リコ「あぁーーーーーーーー!!」
白瀬「あぁーーーー!! うぅっ!」
パワポケ「......!! るりかー!! 俺に...俺に...!
仲間たちを...この世界を守る力を...! 俺に貸してくれーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

BGM なし

るりか「パワポケ、それは違います。」
パワポケ「...!?」
るりか「ずっと一緒に戦ってきたからわかるの。力は借りたり、与えたりするものじゃありません。」
パワポケ「ああ...そうだったな。力は借りたり、与えたりするものじゃない。
力は...会わせるものだ。そうだな、るりか。」

二人のマスタークラウンとマスターパワーリングが輝きだした!

るりか「必ず...カメダを倒す!」
パワポケ「世界を...仲間を守るんだ!」

(ピカッ!)

カメダ(ハタ人間)「こ、この光は...!」
白瀬「その光に手をかざして! パワポケ! るりか!」
パワポケ「行くぞ!」
るりか「はい!」

パワポケ・るりか「チャージ! マスターソウル バースト!」

パワポケから太陽に輝く灼熱の光があふれ出す!
るりかから気高くまばゆい光があふれ出す!

マスタークラウン「よくぞ究めたりパワポケ! そして、南雲瑠璃花よ!!
ふたりの気持ちを一つにし、最強のマスターソウルを激しく燃焼させ...
究極の力をも上回る、最大の力を発揮させる! それこそが......真のバーストモードだ!!!」

パワポケ・るりか「バーストモード!」

パワポケがマスターバーストで新たな姿を現した!
るりかがマスターバーストで新たな姿を現した!

マスターキメラ「ううぅぅぅ!!!」
パワポケ・るりか(バーストモード)「はあっ!!」
カメダ(ハタ人間)「パワポケ!」

マスターキメラの逆鱗!

パワポケ(バーストモード)「ふんっ!!」
マスターキメラ「ぐうっ! ぐあぁっ!!」
パワポケ・るりか(バーストモード)「んっ...! やあぁっ!!」

パワポケとるりかは攻撃を受け流した!

パワポケ(バーストモード)「はぁっ!」

パワポケは両手にまとう炎を剣に変え、マスターキメラに叩き込む!

(ドンッ!!)

カメダ(ハタ人間)「ぐあぁぁぁぁぁっ!!」
マスターキメラ「ぐあぁぁぁぁぁうぉぉぉおお!!!」
カメダ(ハタ人間)「こんなこと許さんでやんすよっ!」
マスターキメラ「うおぉぅぐあぁっ!!」

マスターキメラの放つ全力の必殺技! 天焦がす滅亡の光!
マスターキメラは辺り一帯から無数の光を集めて超巨大な光線を口から発射し、パワポケに飛ばした!

パワポケ(バーストモード)「!!」

パワポケは炎の剣をクロスさせ、巨大な盾に変換させ、天焦がす滅亡の光を打ち消した!!

(ゴオオオオオオオオオオオオオオオ!!)

究極を凌駕したバーストモードの力は、圧倒的そのものだった。
最強を誇ったマスターキメラさえ、業火の前の山羊に等しい。

カメダ(ハタ人間)「ひぃっ...!」

パワポケとるりかはマスターキメラにズンズンと近づいていく。

カメダ(ハタ人間)「く、来るな...! 来るなでやんす!!」
パワポケ(バーストモード)「これで終わりだカメダ!」
白瀬「行って、パワポケ!」
夏菜「犠牲になってきた人たちのために!」
リコ「カメダに苦しめられたみんなのために!」
みんな「パワポケ!」

カメダ(ハタ人間)「パ、パ...パワポケ!!!」
パワポケ(バーストモード)「さあ、最後の仕上げだ!」
るりか(バーストモード)「はい!」
パワポケ・るりか(バーストモード)「二人のこの手が真っ赤に燃える!
幸せつかめと! 太陽と月が轟き叫ぶっ!
ファイナルマスターフィンガー!! サン! ムーン! ソウル!!」

パワポケとるりかの合体攻撃!
サンムーンソウル!

マスターキメラ「ぐうっ!!」
カメダ(ハタ人間)「うぐぅっ!!」
マスターキメラ「ぐああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

マスターキメラは倒れ、カメダと分離し、完全に消滅した。
そしてカメダに立ったハタが浄化された。
カメダはガンダーロボの中に落ちた。

カメダ「次のパワプロクンポケット12で負けないでやんすぅぅぅぅぅ!! 覚えてろでやんすー!!」

そう言ってカメダは時空装置でこの世界から立ち去った。

パワポケ「やりましたよ東さん...今度こそ、カメダを...」
るりか「やりましたね、パワポケ。今度こそ、本当に終わりです。」
リコ「やったー! もう二度と出てくるんじゃないよカメダ!」
白瀬「灰原学長...ついにカメダを倒しました。」

カメダとの戦闘後

(ゴゴゴゴゴ...)

「くずれるぞ!」

シズヤとイエッタが助けに現れる。

「助けにきたよ! さあ急げ! この先に飛空挺がとめてある。」

白瀬「さあ! 行くのよ! みんな力を合わせて。」

パワポケとるりかが突然倒れる。

白瀬「パワポケ! るりか! どうしたの?」

「魔石が......この世界から魔法が消えていく...」
夏菜「ファイターの存在がなくなるから......」
白瀬「英雄の力を継いだパワポケとるりかの存在も......?」

パワポケとるりかが立ち上がる。

パワポケ「俺たちについて来てくれ。」
るりか「残された最後の力を使ってみんなを導きます!」

BGM:蘇る緑 原曲

大神 博之

夏菜「大神! そ そこのスイッチを!」
大神「ふむ。」

大神はスイッチを押して夏菜を助けた。

大神「機械オンチもなんとかなるもんだな。」
夏菜「......」

雪白 晴継

晴継「冬子......もし、俺が生きて帰ったら一緒に平和な世界を...見よう。」

霧生 夏菜
青野 柴夫

夏菜の頭上に落ちてきたがれきを青野は支えながら。

青野「俺は、霧生に全てを押しつけたわけじゃない。
霧生はみんなを支える。
俺は、その霧生を支える。だから俺は強くなろうとしたんだ。」

星影 ヒヨリ

ヒヨリ「無事に帰れたら、パワポケさんたちに歌ってあげたいな~♪」

シズヤ

白瀬「両方のボタンを同じ手順で押さなくては!」
晴継「シズヤさん。白瀬さんのマネを。」

白瀬とシズヤは両方のボタンを同じ手順で押し、道が開けた。

森本 満

森本「うきーー!」

森本は鉄棒を軽々と飛び移っていく。

白瀬「なんて身のこなしなのあの子...?」

白瀬 芙喜子

白瀬「あっ!」

ゴーグルを落として立ち止まる白瀬

「早く! 崩れるぞ!」

ゴーグルを取りに行く白瀬。そして足元が崩れる

白瀬「キャアッ!!」
パワポケ「白瀬!」

パワポケは白瀬の手を掴み、救出する。

白瀬「パワポケ!!」
パワポケ「絶対離さないぞ! 絶対に!」

パワポケは白瀬を助けた。

パワポケ「バカ野郎! そんなもののために!」
白瀬「ごめんなさい...」

パワポケ
南雲 瑠璃花

脱出中、るりかの母の魂が出現した。

るりか「母さん...」
霊華「るりか...生きるのよ。パワポケ君たちとともに。」

るりかの母の魂は去っていった。

パワポケ「るりか...行こう。今ある世界へ。お母さんは天国でも見守ってくれるさ...」
るりか「そうですね...」

石川 梨子

リコ「ねえ、パワポケ。」
パワポケ「どうした?」
リコ「あたし、家事とかちゃんとできてたよね? いっしょにいてつまんなかったりしないよね?」
パワポケ「いや、楽しかったよ。
それにお前とるりかと白瀬の3人で作った料理もおいしかったし、夏菜の料理もおいしかった。」
リコ「そうだよね。これまでの冒険も楽しかった。大人になった後もあたしも、
あなたと同じ道を歩いていくんだもん。だからね、二人の名前を刻んでおこうと思ってね。
一人じゃないって言ってくれたから。」

リコはパワポケの手をつないだ。

リコ「だから...どこにいても一緒だからね。パワポケ。」
パワポケ「リコ...ああ。」

椿

椿はがれきが崩れる中、パワポケとるりかを逃がす。

椿「行きな。パワポケ、南雲瑠璃花。」
パワポケ・るりか「椿さん!!」

椿「じゃあな...」
パワポケ「椿さーーーーん!!!」

椿は崩れるがれきの中へと消えていった...

小野 映子

突然、小野の携帯電話がなり、小野は宇宙人たちに報告した。

小野「偵察隊オノ、報告します。原住民の行動により、地球の滅亡は免れつつあります。」
「.........。」
小野「え、私の介入ですか? 影響は最小限です。」
「.........。」
小野「...任務の継続ですか? もちろん希望します。あの子達の面倒、見ないとね。」

小野はクレーンに飛び移り、船の上へ戻った。

AND YOU

るりか「ついて来てください!」

パワポケとるりかは空を飛び、みんなを外へ導く。

夏菜「最後の魔石が!」

最後の魔石が消えていく。

白瀬「パワポケ! るりか! もういいわ! あなたたちの力はもう...」

パワポケとるりかのバーストモードが弱まっていく。

白瀬「パワポケとるりかの力がなくなっていく!」
夏菜「晴継さん!」
晴継「わかった!」

そして...東白川村では京のお産が始まっていた。

「がんばって京さん...」
「私もまだ...」

「......がんばれる」

「まだ……がんばれる?」

白瀬「パワポケとるりかは!?」

白瀬はパワポケとるりかを見つける。

白瀬「パワポケ! るりか!」

白瀬はるりかをお姫様抱っこし、みんなのもとに運ぶ。

白瀬「るりか、大丈夫?」
るりか「白瀬さん...」

晴継はパワポケをみんなのもとへ運ぶ。

パワポケ「ありがとう晴継さん...」
晴継「よかった、無事みたいだね。さあ、みんなをパライソタウンへと帰そうか。」

晴継はマーチウィンド艇でパワポケたちをパライソタウンへ送った。
そして...ナオは完全に回復し、桜空とナオがパワポケたちのところへ来た。

ナオ「パワポケくーん! るりかー!」
桜空「パワポケ君、るりちゃん、白瀬さん! 石川さん!」
リコ「ナオ! 桜空!」
五十鈴「パワポケ! るりちゃん!」
オチタ「パワポケくーん!」
越後「パワポケー!」
パワポケ「桜空! 五十鈴! ナオ! メガネ! 越後!」
るりか「桜空ちゃん! 鈴ちゃん!」
白瀬「帰ってきたわよ...桜空。」
桜空「白瀬さん...よかった...」

そんなこんなで、晴れの高校卒業式がやってきた。灰原学園ががれきの塔の崩壊で
崩壊してしまったため、パライソタウンと合同開催に。
そして、東白川村では京の赤ちゃんが無事に産まれた。
その頃、世界各地では復興が行われ、活気を取り戻しつつある。
パライソタウンでは日本と道をつなぐ橋の工事が開始された。
パライソ高校の卒業式の後...

晴継と森本と小野とヒヨリとようこ先生が祝電に来た。

晴継「みんな、卒業おめでとう。」
森本「うきーきーきー!」
パワポケ「晴継さん! 小野さん! ようこ先生! 森本君! ヒヨリさん!」
晴継「みんながここまで成長してくれたことで我々大人たちもうれしく思うよ。」
小野「みんな、卒業しても私たちのこと忘れないでくださいね!」
ヒヨリ「みんな、大人になっても私のことを忘れないでね! ヒヨリはあなたたちのこと、好きです!」
ようこ先生「みんな、今まで本当にありがとう...みんなのこれからの成長を期待しています。
みんな、卒業おめでとう! みんなはずっと私の教え子よ! 灰原学園のみんなも元気でね!」
みんな「はいっ!!」

そして...涙涙のホームルームが終わった...

パワポケ「灰原学園があんな事になっちゃったから、
急遽灰原学園のみんなと合同卒業になったんだよな。」
青野「ああ。」
夏菜「うん、でもみんなと卒業式ってのもいいもんだな。」
甲斐「この人工の港街がパワポケさんたちを育てたのですね。」
紫杏「ええ。」
オチタ「はぁ~あ、けどオイラたちもいよいよ大学生か社会人でやんすかぁ...
野球ばっかりやってられないのでやんすかねぇ。これからどんどん難しくなるし...」
越後「オレも勉強などについていけるか心配だぜ~。やれやれ。」
リコ「まあねぇ、あんたのバカは相変わらずなんだし。」
越後「なんだと、リコ!」
パワポケ「そんなやなことばかりじゃないさ。きっと大学や社会でも
新しい友達と野球できるだろうし、楽しいこともいっぱいあるさ。
ところでみんなはこれからどうするんだ? 俺とメガネと越後とユイはパライソ大学だろう?」
るりか「私はパワポケと同じ大学に行くことに決めています。」
ユイ「私もパワポケ君と同じ大学に行くことに決めたわ!」
リコ「あたしも!」
夏菜「私もね。」
ナオ「あたしもパワポケ君と同じ大学に行く予定ですよ!」
桜空「私もパワポケ君とお姉ちゃんと同じ大学に行きます。」
パワポケ「白瀬は?」
白瀬「あたしは甲斐と紫杏と同じ日本の大学に進む予定よ。
あっちに行ったらあなたたちともほとんど会うこともなくなるでしょう。」
パワポケ「日本か...さみしくなるな...」
白瀬「あたしは灰原学長の後を継いで総帥になり、
灰原学園のみんなを導いていくわ。あなたは将来どうするの?」
パワポケ「俺はプロ野球選手になってプロで活躍する。
野球のすばらしさを、プロ野球選手としての夢を子供たちに伝えるんだ。」
白瀬「そう...期待してるわよ。」
夏菜「だったら私は名探偵になるぜ!」
リコ「あたしも夏菜と同じ名探偵になるよ!」
オチタ「オイラはプロ野球選手になるでやんす!」
越後「オレもプロ野球選手になるぜ!」
紫杏「あたしは灰原学園の秘書として白瀬さんを支えるわ。」
甲斐「私も紫杏さんと同じ灰原学園の秘書として白瀬さんを支えます。」
青野「俺はアメフトの選手になり、アメフトの楽しさを子供たちに伝える。」
ナオ「あたしは桜空と一緒にお父さんの会社を継いでもっと大きな会社にします!」
桜空「私もお姉ちゃんと一緒にお父さんの会社を継ぎます。」
ユイ「私はお父さんのお店を継いで全国チェーンにするわ!」
五十鈴「私は料理研究家になるつもりだ。」
るりか「私は看護師になっていろんな人たちを病気から助けます。」

東白川村の子供たちがるりかの卒業を祝いにきた。

子供たち「るりかお姉ちゃん、卒業おめでとう!!」
るりか「みんな! 来てくれたのですね!」
大介「京の子が生まれたんだ!」
京「大介さん...」
京の赤ちゃん「ぱぷうぅ」
パワポケ「よかったな、るりか...」
るりか「ええ...」

オチタ「それはそうと、パワポケ君! 何かすごい物を2つ持っているそうでやんすね!」
パワポケ「フーン、見たい? んじゃ、ちょっと待ってろよ!」

(そして...)

パワポケ「みんな、驚くなよ! ほら!」
オチタ・越後・ナオ・夏菜「おぉーーーーっ!」
パワポケ「オメガの勲章と竜の紋章だ!」
オチタ「もしかして...すごい物ってこの2つでやんすか!?」
パワポケ「まあな。あっ...」
オチタ「どうしたでやんすか、パワポケ君?」
パワポケ「今、ファイターたちの声が聞こえた気がした...」
るりか「...えぇ、きっとファイターのみんなはこれからも私たちのこと見守ってくれます。」

パワポケ「さぁ、みんな。卒業祝いにパライソタウンを見て回ろう!」

パワポケたちがパライソタウンを見て回った後...
森本はパワポケたちにお別れの挨拶をしたあと、
晴継のマーチウィンド艇で九州の動物の森まで送ってもらった。

パワポケ「みんな、学校が変わっても、進む道が違っても俺たちはずっと友達だからな!」
オチタ「やんす!」
青野・越後「おう!」
リコ・夏菜・ユイ「うん!」
るりか「私もです。」
ナオ「あたしも!」
桜空「私もです。」
五十鈴「もちろんだ。」
白瀬・紫杏・甲斐「ええ。」
パワポケ「よし、みんな行くぞ! 俺たちの未来に向かって!!」

THE END

怪奇ハタ人間編 第五章 終わり