官取、ホラを吹く

官取「実は俺、家にたくさん専属のムキムキSPやムチムチメイドがいるんだ!」

パワポケ「嘘つけ!このホラ吹き野郎!」

官取「嘘じゃないって!なんなら招待してやるよ!」

パワポケ「ほう、言ったな?」

官取「うううう嘘じゃないぞ?ホントだぞ?」

パワポケ「ok 1週間後な」

官取「(やべえホントはいねえ・・・」)

~会話終了後~

パワポケ「どうせ嘘だろう、だが俺一人じゃあいつはまた懲りずに嘘をつくだろう」

パワポケ「おっしゃ!広めたろ!」

~移動中~

パワポケ「具田!官取の家に一緒に行こうぜ!」

具田「あいつのホラに付き合いたくないでやんす!いやでやんす!」

パワポケ「そう言わずにこいよ」

具田「ステーkパワプロ「スマンお前はいい」

パワポケ「誰を誘おう・・東さんなら優しいし来てくれるかも!」

パワポケ「東さん!頼みがあるんですけど」

東「なんだい?ちょっと荷物を・・」

パワポケ「危ない!」

東「うわああああぁああ・・・」

パワポケ「見なかったことにしよう」

パワポケ「困ったな・・誰かいないものか」

パワポケ「ダメ元で天道誘うか・・」

パワポケ「天童、お前官取の家に一緒にいかないか?」

天道「なんだパワポケか、その日なら空いてるからい・・」

パワポケ「よっしゃ!ありがt天道「しかしこうしてる間にも時間が無駄に!練習練習練習!ウワアアアアアアア!」

パワポケ「・・・・」





パワポケ「できれば誘いたくなかった・・が仕方あるまい」

パワポケ「越後!頼みがある」

越後「なんだよ」

パワポケ「官取の家に一緒に行かないか?」

越後「なんかあるのか?」

パワポケ「実は専属SPとメイドがいるらしい」

越後「よくわからんがokだぜ!」

パワポケ「(おし とりあいず人は増えた)」

パワポケ「そうだ 知り合いがいたらよんでもいいぞ」

越後「ん ああ、誘えるやつは誘ってみるぜ」

越後「でも二人でもいいんじゃないのか?」

パワポケ「お前と二人だとひどい目に遭いそうだ」

越後「なんだよそりゃあ・・・やれやれだぜ」

~会話終了後~

越後「知り合いといっても誰を誘うか・・」

越後「柿元(兄)あたりにしとくか!」

越後「柿元!週末一緒に遊ばないか」

柿元「なんだ唐突に、お前・・」

越後「いやパワポケが週末に官取の家に遊びに行くらしいから付いていくんだ」

柿元「官取の家なんていっても楽しくないだろう・・」

越後「いやなんでも官取の家には・・・あれなんだったっけ」

柿元「・・・・・・・・・・。」

越後「思い出した!確かムチムチでムキムキのSPに囲まれてるらしいぜ!」

柿元「お前達はそんなくだらない理由でいくのか!? パスだ」

越後「チェー」 


???「いいことを聞いたなあ」




1週間後・・

パワポケ「何!?誰も来れない上に急用が入った?」

越後「スマン、コーチに呼ばれてな、ちょっと遠出だ」

パワポケ「なんだよお前・・」

越後「一人で見てこい! じゃあな!」

パワポケ「おっおい!・・・・・」

パワポケ「俺一人かあ・・意味ないじゃん」

プルルルルルルルルルル

パワポケ「誰だ・・? あっコーチ!」

鬼鮫「すまんな 急に呼び出して」

パワポケ「いえ、でもどうしたんですか?今日はオフですよ?」

鬼鮫「いやな・・契約のことで大事だ話があるんだ・・至急○○まで来てくれないか」

パワポケ「ええ!? そんな大事なことなんすか・・・(官取の家に行くのは中止だな・・・)

鬼鮫「ああ、大事だ・・・それでなパワポケ 一つ頼みがあるんだ・・」

パワポケ「なんでしょう?」

鬼鮫「官取の家を教えてくれないか?あいつには直接話したいことがあるんだ・・」

パワポケ「官取の家ですか? ああ、それなら○○町の○○にありますよ」

鬼鮫「そうか! ありがとう!!」

パワポケ「え・・ええ・・(そんなに感謝しなくても・・・)」

鬼鮫「要件は以上だ。くれぐれも粗相のないようにな!」

パワポケ「ッ・・はい!」

ガチャ

鬼鮫「フフフ...フハハハハ...フハハハハハハ!」

~3時間後~

官取「おそいなあ・・あいつらなにやってんだ・・」

ピンポーン

官取「おっ!来たか!」ダダダダ

官取「なにやってんだよおせーy」

鬼鮫「ムチムチでムキムキなSPはドコダーーー!」

官取「イヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」



~Fin~