もし主人公が「テレビの○○可愛いなぁ」と言ったら

リコ編

「テレビの○○可愛いなあ…」
ふと口にこんな言葉が浮かんでしまった
恐る恐るリコの方を向いてみる
「…ふーん」
あ、これ怒ってくるやつですわ
…あれ?
襲いかかってこない?
「…へえ、小波はそんなタイプがすきだったんだね」
俺が「可愛い」と言ったのは
リコとはまさに正反対な子だった
「…(キュピーン)」
カーンカーンカーン
唐突にアキカンの攻撃が襲いかかってくる
「ちょ」
カーンカーンカーン
「リコ」
カーンカーンカーンカーン
「はなしを」カーンカーンカーンカーンカーン
「…」カーンカーンカーンカーンカーンカーン
こんなに怒らせたのいつ以来だろう…

カーンカーンカーンカーンカーンカーン…

翌日
「…」リコは話しかけてこない
昨日のことを引きずっているのだろうなあ…
こりゃあ時間かかりそうだ…
ズーン


茜編
「テレビの○○可愛いなあ…」
はっ…しまった…たしか今茜が…
「…(シナーン)」
しなってる!髪の毛のアレがしなってる!
「小波さんはそんな人が好きだったのですかあ!」
「話を聞いてくれる?」
「私があの人にならなくちゃ!」カミノケグジャー
「わーっ!落ち着いてくれえええええ!!」
………
「つまり、小波さんは口から出任せに言ったわけで、本当にあの人を好きな訳じゃないのですね?」
数十分かけてよーやく理解してもらえた…
「そうだよ、だいたいあの人がすきなら茜とこうしていないだろう?」
「ホッとしました…」よかった、アレが元通りになってる
(小波さんが無意識にそう思ってるのかもしれない、イメチェンとやらに挑戦しなくては)
…茜はなにか考えているようだがもう大丈夫だろ

翌日、髪の毛アフロでポカーンとしている茜が見つかり、主は後処理に追われたと言う…
ズーン