ID:AV > dpM920


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【レス抽出】
対象スレ: 女騎士「傷(ry」
ID:AV/dpM920


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 20:10:20.49 ID:AV/dpM920
女騎士「貴様…またそんな無茶を!」
男「な、何をそんなに怒っているんだよ?ちっとは褒めてくれてもいんじゃないか?」
女騎士「お前は…お前は私のことを何も分かっちゃいない!!(パシィッ!)」
男「痛っ………お、おい!?」
女騎士「ついて来るなッ!(グスッ)」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 20:30:52.02 ID:AV/dpM920
女騎士「来るなと言ってるだろう!」
男「涙見せられて黙っていられるかよ」
女騎士「こ、これは…!」
男「どこか調子が悪いのか?それともケガを負ったのか?」
女騎士「……」
男「?」
女騎士「全く…鋭いのは戦いのときだけか」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 21:36:10.06 ID:AV/dpM920
女騎士「私は…お前が死んでしまうのが怖いのだ…」
男「!……」
女騎士「ときどき夢を見るのだ…お前が冷たくなって帰ってくる夢を…悲しみに満ちた夢を…」
男「女騎士…」
女騎士「お前と戦いを共にするうち、私の中でお前の存在が大きくなっていった。戦友や朋友以上の大切な存在に…」
男「……」
女騎士「だからお前が命を投げ出すような戦いが許せなかったのだ…」
男「…そうだったのか」
女騎士「ふふ…長くなってしまったな…しかしお前が私の事を考えていないのは良く分かった」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 22:08:22.75 ID:AV/dpM920
男「それは…違う」
女騎士「違う?」
男「…俺はいつも戦を早く終わらせたかった。国の為、仲間の為、しかしそれ以上に…
 お前に戦って欲しくなかった」
女騎士「……」
男「戦場で死ぬ覚悟が出来ている騎士のお前に対し『守ってやる』『戦うな』などとは言えなかった。
 それなら先に戦を終わらせれば…そう考えた」
女騎士「そんな…」
男「…たしかにお前の気持ちは考えていなかった。だが、恥ずかしいことに
 いつも俺の頭の中はお前のことばっかりだ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 22:16:19.48 ID:AV/dpM920
男「ふう、お互い言いたいこと言って大分すっきりしたな…」
女騎士「ああ…」
男・女騎士「……」
女騎士「こ、この後は!ど、ど、どうすればいいのだ!?」
男「お、俺に聞くな!」
女騎士「…///」
男「…///」