ID:PjXU4hF30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【レス抽出】
対象スレ: 女騎士「傷(ry」
ID:PjXU4hF30


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 21:36:13.73 ID:PjXU4hF30
王子「この俺によく仕えていられるな。女騎士」
女騎士「?」
王子「第六王子。その上側室の子だ。王位継承は夢のまた夢。こんな奴に仕えていても出世は見込めない。」
女騎士「出世なんて関係ありません。王子の母上様は私の命の恩人です。それに……(お慕いしているから)」
王子「それになんだ?」
女騎士「いえっ!そのっ!王子は城下で怠惰公と笑われているのですよ!これでは暇を頂いても、仕えていた私まで馬鹿にされます!王子が更正されるまで嫌でも仕えなければいけません!」
王子「フン、俺も部下が女一人で情けないわ。お前に与えた騎士称号は、王族の体を取り繕うための称号と知れ。」
女騎士「……(クスン)」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 21:48:08.84 ID:PjXU4hF30
女騎士「王子。街に出るのなら私もお供を。し、私服にて控えております。どうですか、このスカー……」
王子「いつ何時危険が迫るかわからん。鎧を着て武装しておれ」
女騎士「……(クスン)」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 22:14:26.13 ID:PjXU4hF30
女騎士「お、お見苦しいものをお見せしました!水浴びをしていたものでっ」
王子「いや、すまない。いるとは思わなくてな」
女騎士「傷だらけで醜い身体でしょう・・・?」
王子「その傷の数だけ俺の命を救ったのだ。醜いわけがない」
女騎士「お、王子が危険なことばかりやるからですよ。でも、私はどこまでも…」
王子「褒めてやったのに嫌味か。世辞はやめた。まるで傭兵のような体だ」
女騎士「……クスン」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 22:47:33.69 ID:PjXU4hF30
王子「隣国の姫に会ったが、お前より美しかったな」
女騎士「そ、そーでございますか。それは良かったですね」
王子「お前よりやさしく、お前よりおしとやかだったぞ」
女騎士「騎士には美しさもやさしさも必要ありませんから。話はそれだけですか?でしたら私は鍛錬に…」
王子「しかし、高嶺の花だな。側室の子にあのような美姫と婚姻はあるまい。俺にはお前くらいがちょうどいい」
女騎士「だいたい、いっつも王子は用がないのに呼び出して……あう?」
王子「……ほう、俺との会話をそのように思っていたのか。」
女騎士「あの、いま、その、それは違くて、それより今なんて!」
王子「お前くらいに口うるさい者なら、戦場で捨て駒にするのにちょうどいいと言ったのだ。馬鹿者め」
女騎士「クスン」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 23:01:42.92 ID:PjXU4hF30
>>116
そのシチュ良いな

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 23:10:07.28 ID:PjXU4hF30
王子「父上より盗賊団の征伐を命じられた。王族がやるような仕事ではない。その上、貸し与えられた兵は100に満たん」
女騎士「何を弱気になっているんですか。これは王子の発言力を高めるチャンスですよ。」
王子「だから嫌なのだ。こういう事になるとお前のうるさい口が、いつも以上に止まらなくなるからな」
女騎士「ええ、もちろんですよ!王子にやる気を出して貰うために、私が頑張らないといけませんから!」
王子「そうだ!お前は置いていこう。うん、それでいいな」
女騎士「クスン」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 23:24:34.63 ID:PjXU4hF30
女騎士「王子は無事だろうか……ああ、やっぱり無理言ってでもついて行けば」

王子「帰ったぞ女騎士」
女騎士「王子!ご無事で!……後ろの方は?」
王子「いや、敵に囲まれてな。その時助けてくれたのが彼女だ」
女戦士「王子の好意で仕官することになった。よろしくな、女騎士」
王子「勇敢な女性だ。その上美しいと来た」
女戦士「お、おい!そんなに褒めんなよな。あ、やっぱ敬語使った方が良いよな?」
王子「そんなことはどうでもいい。それより向こうで話そうじゃないか」

女騎士「……あれ?」


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/23(日) 23:54:07.61 ID:PjXU4hF30
女騎士「ち、近頃王子は用がないと私を呼びませんね……」
王子「なんだ、呼び出されるのは嫌なんじゃなかったのか?」
女騎士「そ、そういうわけではありませんけど、女戦士さんとはよく会話してらっしゃるというか」
王子「あれは話が上手いからな、お前も面白い話はないのか?」
女騎士「私は城育ちですし、小さな頃から鍛錬ばかりで、そんな事は何も……」
王子「だったらいい。」
女騎士「つまらない部下で申し訳ありません……」
王子「あのな、別にお前を軽視しているわけじゃない。結局、女戦士には騎士称号を与えなかった」
女騎士「その、それはどういう」
王子「お前はそれほど強いわけでも、面白い話が出来るわけでもない。その上うるさい」
女騎士「……」
王子「だからお前は、いるだけでいい。ずっとここにいろ。」
女騎士「お、おお、おう、お、王子!」
王子「なんだよ」
女騎士「いいい、い、一生お仕えしますぅ!!!!」
王子「うるさい」