ID:8OpkC3VSO


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/24(月) 10:33:13.83 ID:8OpkC3VSO
囲まれる女騎士
剣は斬った人間の血と油で切れ味を無くし、硬い鎧の上から叩き斬った影響で刃こぼれもしている

女騎士「ここまでか…」
敵兵「大人しく身柄を拘束させれば悪い様にはせん…もっともそれは本陣についてからの話だが…」
女騎士「薄汚いにやけ面だな」

敵兵「…気が変わった。こいつのクビを切れ!」

一斉に向かってくる敵兵
刹那、敵兵を囲む様に沸き立つ火柱

男魔導師「助けに来たよ、女騎士ちゃん♪」
女騎士「お前はっ…余計な事をっ」
男魔導師「君が嫌いな魔法もなかなか良いでしょ?さぁ、今のうちにさっさと逃げようか!!」
女騎士「ふっ…遅れるでないぞっ!男!」
男魔導師「へいへい」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/24(月) 12:46:02.55 ID:8OpkC3VSO
男魔導師「なんだい、また戦争に赴くのか」
女騎士「それが騎士の仕事だ」
男魔導師「仕事熱心な事で…あ、そうだ。おい、女騎士」

ポイッ
パシッ

女騎士「これは…なんだ?」
男魔導師「お守りだ、必ず帰って来て返せよ」
女騎士「男…」
男魔導師「…ほら、さっさと行かないと負け戦になるぞ」
女騎士「…あぁ。行ってくる」