ロラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元ネタの候補


ローランの歌

 ローラン【Roland】 古フランス語

中世フランスの武勲詩『ローランの歌』の主人公。愛用の剣はデュランダル
フランク王カール(シャルルマーニュ)に仕えるパラディンの一人で、類稀な猛将。パラディンの一員オリヴィエオリヴァー〕と特に仲が良い。

異教徒(ムスリム)討伐のためにイベリア半島への遠征に随行するが、伯父のガヌロンが敵と内通したため帰途に奇襲を受ける。殿として奮戦するも名誉に固執するあまりパラディンを全滅させ、自らも討ち死にした。


カール大帝伝

 フロウドランドゥス【Hruodlandus】 ラテン語

9世紀前半に書かれた歴史書『カール大帝伝』に登場する、8世紀後半のブルターニュ地方の領主。上述のローランのモデルとなった人物である。
778年、カールのカタルーニャ遠征中に随行するが、ロンセスバーリェス(ロンスヴォー)の戦いでバスク人の奇襲を受け、戦死した。


注釈

Rolandはローランと読まれることもある。
ロンセスバーリェスはスペインのナバラ〔ナバール〕州北部に相当する。




名前:
コメント: