ユミル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元ネタの候補


北欧神話

 ユミル【Ymir】 古ノルド語

北欧神話に登場する最初の巨人。ギンヌンガガプから生まれ、雌牛アウズンブラ〔アウドムラ〕の乳を飲んで育った。
巨人たちの王であり、オーディンハールベルヴェルク〕らの祖先でもあったが、巨人と神々の対立から彼らにより殺害。
その後、ユミルの死体からは世界の一部が創造された。


注釈

死体からの世界創造は、古代メソポタミア神話のティアマトと共通点する。




名前:
コメント: