ティアマト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元ネタの候補


北欧神話

 ティアマト【Tiamat】 アッカド語

古代メソポタミア神話の、原初の混沌を表す海の女神。淡水の神アプスーと交わって、新たな神々を生んだ。
新世代の神々にアプスーを殺されたため自ら軍勢を率いて争ったが、マルドゥク〔マードック〕に討たれ、切り裂かれた死体から天地が創られた。


注釈

角と尾を持つ巨大な神であり、世界中の神話・伝説中の「竜」の起源とされることもある。
死体からの世界創造は、北欧神話のユミルと共通する。




名前:
コメント: