ガウェイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元ネタの候補


騎士道文学

 ガウェイン【Gawain】 英語

アーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人。アーサーの甥。ランスロット〔ランスロット〕に次ぐ実力者として描かれることが多い。

主な登場作品と活躍は以下のとおり。
  • 『聖杯の騎士ペルスヴァル』 - ペルスヴァル〔パーシバル〕と共に聖杯〔グレイル〕を探求した。
  • 『ガウェイン卿とラグネルの結婚』 - ラグネルの夫となり、彼女に掛けられていた呪いを解いた。
  • 『ガウェイン卿と緑の騎士』 - 円卓の騎士を試すために現れた緑の騎士〔漆黒の騎士〕と、首を懸けた勝負を通じて親交を結ぶ。
  • 『アーサー王の死』 - ペレアスのエタード〔エタルド〕への恋が実るよう協力する。ランスロットがグィネヴィア〔ギネヴィア〕を巡ってアーサーと対立した際は、アーサー王の側にあって最後まで戦った。しかし、ランスロットとの一騎討ちで負った傷が癒えぬうちにモルドレッドの反乱鎮圧に向かったため、再び傷を受けて最期を迎える。




名前:
コメント: