■メニュー■
トップページ
よくある質問
人気ページ一覧
公式仕掛け
バグ情報

■攻略■
捜査
ダンジョン
チャート
+月別
コミュニティ / 各詳細
依頼(クエスト)
授業 / 自室
料理 / 釣り
ボス攻略
ED分岐
隠しボス攻略
2周目引継ぎ
小ネタ・裏技
コミュMAXチャート

■データベース■
武器 / 防具
アクセサリー
素材
消耗品・その他
アルカナチャンス
シャドウ
主人公ステータス
地名
関連書籍の誤り
/┗設定画集の誤り情報量も少ないのでまとめる方向で

■ペルソナ■
ペルソナ/アルカナ別
ペルソナ/仲間
ペルソナ/解説
合体法則・基本
2身合体表 / 逆引
3身合体表 / 逆引
特殊合体
スキル / スキル変化
合体予報
オススメ / レシピ

■その他■
パロディ・コラボ
+会話・イベント集
+発売前情報
予約特典情報
関連商品
関連スレッド
過去ログ
関連リンク集

今日 -
昨日 -
累計 -

更新履歴
取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



八十神高等学校

教室棟 1階廊下

猫背の男子生徒
台詞 期間 備考
「あ、2組の転校生だ!」
「都会から来たんだろ?事件の次に、オマエが今ンとこ噂の的!」
「ここらの事、あんま知らねーだろ?オレのオススメ、教えてやるよ。」
「四六さんってのが商店街にあんだけど、商品が面白いんだぜ。」
「掘り出し物あるし、要チェックな!」
4/21~23
「お、転校生じゃん。どしたの、まだ帰んないのかよ?」 5/7 選択肢アリ
「そうそう、テスト前だぜ~?それが正しい選択!」
「ちなみに、オレは帰らないけどね。色々仕掛け時だからな!」
「もう帰る」選択
「テスト前だし、おとなしく勉強してろよ転校生!」
「はははっ、残ってるオレの言う事じゃないか!」
「帰らない」選択
「よっ、転校生!」
「くくく、モロキンの悲鳴オマエにも聞かせたかったぜ。」
「ロケット花火でアイツ、ガチの悲鳴あげてやんの!」
5/12~13
「イタズラグッズを買い込んだり、色々してて、財布がピンチだな…」
「でも、雨の日の四六さんが俺にはついてる!雨の日は安売りしてくれっからな!」
「怪我の心配はしなくていいし、ガッツリしかけてやるぜ!」
5/19~21,26~28

ジャージの男子生徒
台詞 期間 備考
「なぁ、山は好きか!?」 4/18~26 選択肢アリ
「お、仲間!」
「本で読んだんだけど、いいらしんだよな、山!」
「マイナスイオンとかプラスイオンとかいっぱい出てるらしいぜ!」
「好き」選択
「マジでか!?」
以下同
「嫌い」選択
「ぬ、どっちなんだ?」
「…いや、まぁいいけどさ。」
「別に」選択
「登山部を我が校に!…って言ってんだけどダメらしい。」
「申請とか書類とか顧問とか…面倒だよなぁ」
「登ればいいだけじゃん?なのに分かってくれないんだよなぁ。」
4/27~4/29,5/2~7
「"天城越え"か…」
「数々の山に挑戦するオレだけど、あの山は登れる気がしねぇよ。」
4/2X~ 雪子救出後
「あー、テスト終わった!色んな意味で終わった!!」
「くっそー、教科に"山"があればいいんだけどなー!!」
5/12~13
「巽ぃ?そういえば来てないよな。」
「前は商店街でよく見かけたんだけどな。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「小柄な帽子をかぶった男?…さぁ、見かけてねぇな。」 5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「暴走族ねぇ…みんな色々文句言ってるよな。」
「ここら辺、田舎つっても結構道路も広かったりするしな…」
「そんなわけで、オレ提案。全部山道にすればいいんじゃね!?」
「デコボコで舗装してなきゃアイツらも走れねーしオレも楽しい!」
「…無理かな? やっぱ。」
5/19~24 捜査終了後
「山はいい…オレは思いを新たにしたぜ…」
「山はな…"カキ"も美味しくするんだ。貝の方な。 あの美味いヤツ。」
「ミネラルとか無機物とか染み出して、海に注がれて…美味い貝を作る。」
「素晴らしいぜ、山…素晴らしいぜ、稲羽チャンネル特集…」
5/25~

メガネの女子生徒
台詞 期間 備考
「…見ない顔ね。あ、分かった。 先輩のクラスの転校生!」
「都会から来たってホント?…だいだら.って店、地元にあった?」
4/18~25 選択肢アリ
「え!全国チェーンってホントだったんだ!?」
「あんな変な店、稲羽にしかないと思ってた…」
「あった」選択
「だよね、だよね!」
「変な素材集めて、アートだ! とか言って武器とか作る店はないよね~。」
「…ちょっと都会ってツマんないかも。」
「なかった」選択
「あ、先輩だ。…ねぇ、だいだら.の常連ってホント?」 4/26~5/2 選択肢アリ
「わぁ! ホントに!?そんな人初めて会った!!」
「すごいよね、あそこの親父さん!私、すっごい尊敬してるの!」
「私もいつかアートしたいなぁ~!」
「本当」選択
「あ、そうなの?」
「…まぁ、そうよね。あそこの商品ってやたら高いし。」
「別に」選択
「テスト前?ああ、そういう行事もあったわね。」
「テストなんか興味ないわ。今はアートのための修行が大事!」
5/6~7
「んー…アートって難しいな。加工する設備もあんまりないし…」
「実験室のバーナーだけじゃ、火力に限界があるのよねー。」
5/18~25
「だいだら.の親父さん、カッコいいよね。ね、先輩もそう思わない?」 5/26~ 選択肢アリ
「ちぇ。先輩も友達と同じ事言うー。」 「それはない」選択
「だよね! 何かに生き様を賭けてる人ってカッコイイよね!」
「私もあんなオトナになりたいな…刀傷の似合う、オトナ…」
「思う」選択

女子生徒
台詞 期間 備考
「"運命の相手が見えるおいまじない"、みんな好きなんですよねえ。」
「ていうか私も大好きなんです!映らないかなー、って毎回試してますよー。」
「先輩も、誰かに映って欲しいとかないですか?」
4/18~30 選択肢アリ
「ええ!!くっ、詳しく聞きたいけどそれはヤボ!」
「うーん、青春!頑張ってくださいね、先輩!」
「ある」選択
「あちゃー…」
「寂しい…寂しいですよ、先輩!恋、しちゃいましょうよ!」
「別にない」選択
「ゴールデンウィークみたいな連休、カップル発生率は高いと見ます!」
「恋しいあの子、気になるアイツと急接近! …やん、ロマン!」
「そーゆーウサワ、キャッチしたら先輩も私に教えてくださいね!」
5/2~7
「テストも終わって、気分は軽やか。こんな日は…誘い時ですね!」
「"テストも終わったし、遊びに行こうぜ?"…ベタだけど、イイ!!」
「ピンチをチャンスに! ですよ!!もっと恋、盛り上がればいいです!!」
5/12~13
「うーふーふー、恋の花、キャッチキャッチですよ。」
「図書室に通い詰めてる女子がいるんです。…勉強目的じゃ、ないですよねー、普通!」
「先輩、あんまり茶化したりとかしちゃダメですからね!」
5/18,24~28
「あ、先輩だ!…やりますね、見ましたよ試験結果!」
「ああいうので目立つと…咲きやすいんですよ、恋の花。」
「ウワサになり始めてますよ、○○さん!」
5/19~23 成績上位の場合
「人間的魅力…"根気"や、"寛容さ"、"勇気"…重要です。」
「恋に落ちるためには、ホント重要ですよ!魅力がなきゃ、そもそも出会いもないですし!」
「出会いを活かすにも、魅力は必要ですよね。うーん、私も頑張らないと!」
5/30~

男子生徒
台詞 期間 備考
「…心配だなぁ。」
「みんな、事件の話ばっかりだろう?どうにも気になっちゃうよね。」
「おばあちゃんが今、家に一人なんだ。危なくないかなぁ…」
4/18~19
「もう部活募集の時期なんだね。…でも、僕はやっぱり帰宅部かな。」
「うちは両親が共働きでさ、家でおばあちゃんが一人だけなんだよ。」
「一人って、寂しいからさ。早く帰ってあげないとね…」
4/20~5/6
「巽くん?知ってるよ、染物屋の息子だろ?」
「おばあちゃんがあの店によく行くから、時々話したことがあるよ。」
「…でも、そんなに詳しくはないよ。ご家族に聞くのが一番じゃない?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「小柄な…帽子をかぶった男の子?さぁ…見てないけど。」 5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「テレビでも特集やってたけど、暴走族…迷惑だよね。」
「テスト中、集中できなくってさ。おばあちゃんに心配かけちゃったよ。」
「おばあちゃんも眠れてないみたいだし、あの音だけでも止めてくれないかなぁ?」
「何考えてあんな音出してるんだろうね。ホント、信じられないよ。」
5/19~ 捜査終了後

茶髪の男子生徒
台詞 期間 備考
「まーた遅刻しちまったよ。くっそ、モロキンチェック厳しすぎ。」
「つか、春ってダルいんだよな…そこに合わせて殺人事件だろ?」
「ダルさ倍増だっつの。遅刻すんのもしょうがねーっつかさー。」
4/18~23
「あ~あ…お、転校生じゃん。 ハハ、聞いてくれよ。」
「ついに記録更新!10日間連続遅刻。」
「なんかここまで来るとスゴくね?」
4/25~30 選択肢アリ
「いやいやいや!!そこはツッコめよ!!」
「…って、まぁ…確かにスゴい記録かもな。いっそ伸ばすか?」
「スゴい」選択
「スバり言うなお前…」
「ああ、そうだよ。 確かにヒドいよ。あーあ…」
「ヒドい」選択
「おっす、○○。…テストとかテストとか、ダルくね?」
「ついつい足が学校とは逆方向に…!でも、サボれねぇ!」
「稲羽、狭いもんなぁ。 ジュネスや商店街で時間潰してたら、速攻捕まりそうだぜ。」
5/6~7
「くそー、今日も寝不足だぜ。暴走族がうるさくってよ。 おかげで遅刻!」
「1年の巽もいるって噂だよな。あの伝説のオトコ。」
「…怖くて文句も言えねぇよ。」
5/18~21
「あーあ、とうとう呼び出しだよ…遅刻のせいで生徒指導室行き。」
「マジ面倒ったらねーよ。反省しても、遅刻する時ゃするっつの。」
「なんでみんな毎日決まった時間に学校に来れんだろうな…」
5/23~

教室棟 2階廊下

男子生徒(雨の日の金土のみ)
台詞 期間 備考
「雨降ってるなぁ…でも今日もバイトだよ。」
「まあ、お客が減るだろうから、ちょっとは楽出来るかもな。」
5/7~

しとやかな女子生徒
台詞 期間 備考
「あ、えっと…あ…2年2組の、転校生さんですよね?」
「え、えーと…あ! そ、その事件怖いですよね!」
「人が殺された、だなんて…しかも学校…の人、ですもんね…」
「も、もし…それがあの人だったら…」
「…ぞっとします。」
4/18
「図書室…使ってますか?私の目の前の教室なんですけど…」
「静かだから、勉強するのに持って来いなんですよ。」
「特に雨の日は外も静かでとてもはかどるんですよ!」
「…でも、入り辛いんですよね。あの人がいつもいるから…」
「この前も先輩と目が合っちゃって…逃げちゃいました。」
「今日も挑戦しに行くんですけど…変な子って思われてないかなぁ…」
4/19~30
「あ、こんにちは。もう、テストも近くなりましたね。」
「勉強…してますか?」
5/2~7 選択肢アリ
「私もです。毎日、図書室に通ってるんですよ。」
「あ、憧れの先輩も…いますから。えへへ、眺め放題なんですよ?」
「…大丈夫かな、テスト。点数が悪かったら、先輩に呆れられちゃう…!!」
「雨の日ははかどるから、せめてその時ぐらいは頑張ろうかな…」
「勉強している」選択
「したほうが、いいと思いますよ。」
「雨の日ははかどるので、特にオススメです。」
「それに、結果、貼り出されるから、恥ずかしいですし…」
「私は、今日も図書室で勉強です。はかどっては…ないんですけど。」
「別に」選択
「中間テスト、終わっちゃいましたね。」
「…どうしよう、図書室に通う大義名分が無くなっちゃいました。」
「用もないのに図書室にいたら変な子に思われちゃいますよね…」
5/12~26
「き、聞いてください!!せ…先輩に声をかけられちゃいました…!!」
「いつも図書室に来てくれてるねって…熱心ね、って…」
「私、もう信じられなくって…返事したら、声まで裏返っちゃって…」
「ど、どうしよう…夢みたい…信じられないです…」
5/27~ 選択肢アリ
「は、はい!!」
「えへへ…明日も、頑張って会いに行きます!」
「良かった」選択
「ええ!?」
「そ、そんなハズないですもん!先輩、ちゃんと声かけてくれましたもん!」
「夢だ」選択

オシャレな男子生徒
台詞 期間 備考
「おい、転校生!連続殺人! どう思う?」
「なんたって女子アナの次は、うちの学校の女子ときたもんだ…」
「女を殺すなんて、ひでぇヤツだよ。オレは、許せねーな。」
「女とは、楽しく遊ぶのが一番に決まってる。 殺すなんて、どうかしてんよ。」
4/18~23
「おっす、転校生。もうすぐゴールデンウィークだな!」
「若者…っつーか俺が本領発揮する黄金期間、ってやつだな!」
「と、その前に、ゴールデンウィークの予定が空いてそうな女子の情報を集めとかなきゃ。」
「オマエも情報収集はしっかりしとけよ!」
4/25~30
「ゴールデンウィーク、楽しんだぜ!毎日イイ感じだったぜ?」
「あ? カノジョ?ナイナイ、めんどくさい。」
「楽しく遊ぶのに、そんなの持ち込んだらやりにくいに決まってんだろー?」
「さ、次はテストだな。 うまくやるぜ!…ん、意外そうな顔だな。」
「いいかぁ、○○?頭が悪いよりは、いいほうがモテんだぜ?」
5/6~7
「よっ、○○。 テスト、どうだった?オレは、そこそこ及第点。」
「モテるのに天才である必要はないだろ?ま、学年一位が目立つのは事実だけどさ。」
「下駄箱にラブレターとか、そんなのもアリかもしんねぇぜ?」
「じゃ、本業に戻るか。学生の本分は遊びだからな!」
5/12~21
「おっす、〇〇。今日も俺はデートだぜ。」
「もちろん、カノジョじゃない!」
「時々うるさく言うやつもいるけど、女の子それぞれ楽しいんだもんな。」
「やっぱ、男として生まれてきたからには色んな女を知っときたいじゃん?」
5/23~

地味な女子生徒
台詞 期間 備考
「みんな事件の話ばっかりね。家族も興味しんしんよ。」
「"同じ学校だから"って言われても小西さんのこと、全然知らないんだけどね。」
「…ま、適当に答えてるけど。」
4/18~21
「勉強できる人っていいよね。…たとえば、天城さんとか。」
「注目もされるし、褒められるし…カーメンなんかもプレゼントくれるらしいよ?」
「いいなぁ、私も一度でいいからそんな目にあってみたーい。」
4/22~5/6
「暴走族の話、聞いた?町でもみんなうるさいって言ってるわね。」
「…でも、ちょっと楽しそう。なんかいいな…」
「あ!い、今のは他の人にはナイショね!?」
5/7~12
「巽くん…って1年の?悪いけど、知らないかな。」
「あの人、浮いてたし…親しい人とかも知らないや。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子の、小柄な男の子?そんな人学校にいたっけ?」
「んー、心当たりはないや。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「暴走族の話、聞いた?町でもみんなうるさいって言ってるわね。」
「…でも、ちょっと楽しそう。なんかいいな…」
「あ!い、今のは他の人にはナイショね!?」
5/19 捜査終了後
「母さんに言われて、この前夕飯にカレーを作らされたんだけど…」
「そしたらカレー粉がないの!信じられる!?」
「煮詰めて、なんとか事なきを得たけどさ。頼んだなら、きちんと用意して欲しいわよね。」
5/20~

眼鏡の男子生徒
台詞 期間 備考
「犠牲者の小西先輩…いい噂を聞く人じゃなかったね。」
「人間、規律を守らなきゃぁね。今回の結果がまさにそれだ。」
「委員長として、この事件を肝に銘じて、みんなの風紀をたださなきゃな。」
4/18~26
「まったく…連休だからと言って浮かれすぎだよ。」
「休み明けは、テストだっていうのに授業もそっちのけだ。」
「君も浮かれてたりしないよね。何しろ転校して初のテストなんだからね。」
4/27~5/6 選択肢アリ
「そうそう、なかなか君は見所があるじゃないか。」
「さすが、都会から来ただけはあるね。」
「気をつける」選択
「…ふん。」
「バカは口で言っても分からない、か。」
「関係ない」選択
「巽?…あいつの事なんか話したくないね。」
「あんな問題児、来なくてせいせいする。ご両親も大変なんじゃない?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子をかぶった、小柄な男の子?いや、知らないね。」
「ここら辺の人間なら分かるけど…そんな奴、いたかな?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「…都会から来たからって、調子に乗らないでくれるか。」
「僕より上だからって、いい気になるなよ。次は僕が勝つんだからな!」
5/19~23 捜査終了後・成績上位の場合
「実に清々しい気分だ。ま、バカは嘆いてるみたいだけど。」
「普段から僕のようにきちんとしていれば、あの程度のテストでアタフタしないのさ。」
「まったく、バカはそんな予測も出来ないからバカなんだ。」
5/24~27
「最近、暴走族の噂を聞かないが…ヤツらはまだ迷惑行為を続けてる。」
「テレビで取り上げられたから、一時話題にのぼるが、それだけだ。」
「…まったく、踊らされてるよ。馬鹿げているとしか思えない。」
5/28~

2-2教室

女子生徒
台詞 期間 備考
「あ、転校生の……その、学校には慣れた?」
「べつに、都会と変わらないかも知れないけど…分からなかったりとか、あるんじゃない?」
「…説明、くらいなら出来るけど。い、いらないわよね?」
4/18~5/2 選択肢アリ
「…じゃ、じゃぁ説明するわ。」
「大まかに言って、この学校は2つの棟に分かれてるの。」
「まずは、生徒の教室がある"教室棟"。この教室…2年2組もそこにあるの。」
「教室棟のつくりは単純、私達2年は2階。3年生が3階、1年生の教室は1階。 ね?」
「あと、教室棟の2階に図書室もあるわ。勉強する子がよく行くの。」
特殊教室…音楽室なんかはとなりの棟の"実習棟"にあるわ。」
「放課後、色んな人がたまってたりするの。部活サボってたりとか、ね。」
「…こんなとこかな。もう一度説明、しようか?」
「説明して欲しい」選択・選択肢アリ
同上 「もう一度聞く」選択
「…こ、これくらいだったら、いつでも説明したげるし。」
「分かんなくなったら、…また、聞きに来てもいいからね。」
「問題ない」選択
「…そ。狭い学校だし、そりゃ分かるわよね。」 「別にいらない」選択

男子生徒
台詞 期間 備考
「ゴールデンウィーク終わったら、次はすぐ中間テスト。」
「…ないない! 忘れよう!まずは遊ぼう!!」
4/27~5/2 選択肢アリ
「でしょでしょ!今遊ぶのは、今しか出来ないし!」 「それはいい」選択
「えー。いいじゃん、勉強なんか!」
「…確かに、結果がいいとモテるらしいけどさ。」
「それはよくない」選択
「ゴールデンウィーク、終わっちった…あー、もっと遊びたかったな!」
「とにかく、テスト対策しなきゃね。遊んでた分のノート、誰かに借りないと。」
「…そういやテスト頑張るとカーメンとか、ご褒美くれるとか。」
「オーパーツ目指して、頑張ってみよっか!?」
5/6~7
「テストようやく終わったねー。ノートのお礼、してこなきゃ!」
「お礼つったらアレだよね、コロッケでも買い食い行こう!」
「あそこのビフテキコロッケ、好きなんだ~。」
5/12~13
「テストも終わったし、しばらく平和に過ごせるてもんだね~。」
「あ、でも暴走族の噂があったか。うちのガッコのヤツもいたとか…」
「まぁ、あんま関係ないし、惣菜大学にでも行こっと!」
5/18

男子生徒
台詞 期間 備考
「そういや、明日から運動部に入れるってよ。俺、1年の時入りそびれちまったんだよな。」
「モロ組じゃハメ外せねーし、部活に賭けるのもアリかもな!!」
「…でも、2年からって微妙だよな。転校生はどうすんの?」
4/18
「運動部も本格活動、入部歓迎だとさ。…つっても、一部だけだけど。」
「詳しい事が聞きたかったら、職員室で教えてもらえるんじゃね?」
「あ。 職員室は教室棟1階の玄関側の突き当たりな。」
「迷うなよー、転校生。」
4/19~23
「春…春だよなぁ…」
「このクラス、担任はモロキンだし、最低だー! と、思ってたんだけどよ…」
「俺の春…終わってなかったぜ…」
「…はぁ。ちょっと頼まれてくれねーか?」
4/25~30 選択肢アリ・依頼03
『屋上のあの子』開始選択肢 「頼みを聞く」選択
「話くらい聞いてくれてもいいじゃないかよ…」 「断る」選択
「巽…個人的には知らねぇなぁ。伝説ならよく聞くけどさ。」
「学校には来てたけど、怖がって誰も寄り付かなかったぜ。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子の男子ィ?…見たような、見たことないような。」
「学校のヤツじゃないんだったら、見当つかねぇよ。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「巽?なに、あの伝説ヤロウ?」
「クマ殺しや、机を割ったとか、チャリでバイクに勝ったとか…」
「何処までマジか分かんねぇけど騒がれてるってのがスゲーぜ。」
「俺もそれ目指して、あの子の目に止まる作戦ってのは…」
「…いやいや、無理無理。」
5/19~24 捜査終了後
「はぁ…」
「あの子とせっかく同じクラスなのに、まだ一度も話せてねーんだよ。」
「くそっ、席替えでもありゃぁいいのに…1年間、席固定とかありえねぇよ!!」
「こうなったら行事を利用するしかねぇ!」
「6月の林間学校、7月8月は夏休みで、9月に修学旅行。 で、10月、文化祭!」
「一ヶ月に1回はビッグチャンスって事だ!燃えてきたぜ!!」
5/25~

男子生徒
台詞 期間 備考
「殺人事件、ね。世の中、腐ってんよな。」
「俺はさっさと帰るぜ。家の中が一番安全ってね。」
「お前もそうすれば? 転校生。」
4/18~23
「あ? テスト?別に慌てるもんでもねーよ。」
「俺、普段から勉強してるし。○○もそうしとけよ。」
5/6~7
「テスト、ようやく終わったな。毎度ながら、意味ねー行事だよな…」
「やるヤツはやる、やらねーヤツはやらねー、でいいじゃねーか。」
「ま、グチってもしゃーないか。じゃな、○○。」
5/12~13
「暴走族ね。迷惑してる人間も多いらしいぜ。」
「ま、俺に関係なきゃそれでいいよ。うるさくても寝れるし、俺。」
「さて…んじゃ、そろそろ帰るか。暴走族より学校の方が面倒だよ、俺は。」
5/18~
「ん…そういや傘どうすっかな。えーと、ここしばらくの天気…」
「確か、雨が続くんだったか。やっべ、傘忘れるトコだった。」
6/1~ 会話に追加される

気弱そうな女子生徒
台詞 期間 備考
「聞きました? 小西先輩がマヨナカテレビに映ってたって…」
「うう…なんで皆そんな怖い事ばっかり話すんだろ…?」
「ダメなんですよね、怖いの…」
4/18~23
「あ…そういえば文化部の子が入部者募集! って言ってました。」
「その子は演劇部なんですけど…たしか、他の部も募集してたかなぁ。」
「んーと、職員室に行けば教えてもらえるとおもいますよ!」
「はっ、でも諸岡先生に話さないと…!ぜ、絶対怒鳴られますよ…!?」
「…うううう、入部も至難の道ですね…」
4/24~
「あ、あの…お願いがあるんですけど、聞いて…もらえますか?」 5/2~ 会話に追加される・選択肢アリ・依頼01
『天使の像が欲しい』開始選択肢 「聞く」選択
「そ、そうですか…」 「聞かない」選択
「あああ…ゴールデンウィーク前から恐れていた中間テストが、もう目前です…」
「不安でずっと勉強してたんですけどまだまだ不安ですよぅ…」
5/6~7
「テストがようやく終わりました~…っ。えへへ、これでしばらくは安心です。」
「…あああ、でもテストが終わればまた返ってくるんですよね…!!」
「ど、どど、どうしよう…」
5/12~13
「え? ぼ、暴走族の!?」
「き、聞きたくないですし知りません!!あれで1年だなんて怖いです…!」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子をかぶった男の子…な、何かの怪談ですか!?」
「あ、違うんですか?…えっと、見てないです。」
「えっと、人捜しなら土手のオジさんに聞いてみたらいいと思いますよ。」
「よくお散歩してるから、いろんな人に会ってると思うんですけど…」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「テストが終わったと思ったら、次は暴走族です…」
「テレビ、見ました?叫んだり殴ったり、スゴイ音したり…」
「実は…けっこう近所なんですよね…どど、どうしよう絡まれたりしたら…!?」
5/19~26 捜査終了後
「…友達に、笑われました。私、なんでも怖がりすぎだ、って。」
「…私、変ですか?」
5/27~ 選択肢アリ
「ですよね…分かってるんですけど…」
「怖いのって止まらないんですよね…」
「変だ」選択
「え…そ、そうですか?おかしくない…ですか?」
「…そっか。えへへ、少し安心しました。」
「思う存分、怖がる事にします!」
「そんな事ない」選択

女子生徒
台詞 期間 備考
「あ、転校生クンじゃん。ホント最悪だよね。モロ組とか。」
「今のとこ、ターゲットは天城さんだから、そんな気にしなくていいけどさ。」
「家の手伝いで学校休みがちだし、あんだけ美人だからね~。」
「ま、同情するほど仲良くもないし、アリガトウゴザイマスー、ってとこ?」
4/18
「ジュネスでバイト、始めたんだ。でもガッコの先輩ばっかでウンザリ…」
「進学しない3年ってヒマだから、バイトくらいしかする事ないんだよね。」
「あーあ、ジュネス止めときゃ良かった。他のバイト先だったら出会いあったかな~。」
4/19~29,5/2
「そーいえばさ、天気予報見た?」
「しばらく雨続くんだってね。」
「ま、続いたら傘忘れはしないからいいんだけどね。」
4/27~ 会話に追加される
「天城さん、来ないよねー。家、まだ忙しいのかな?」
「でも正直…家の都合だからってこんだけ休むって、なくない?」
「なーんか、特別扱いされてるよね。あの子って。」
4/2X 雪子救出後
「○○と花村って、仲良いよね。やっぱり都会者同士気が合うとか?」 5/20~ 選択肢アリ
「…ふーん。ま、田舎者には分からない話もあるよね。」 「そうだ」選択
「都会なんか関係ないってこと?…へぇ、本当に仲良いんだ。」 「違う」選択

教室棟 3階廊下

アフロの男子生徒
台詞 期間 備考
「ユー…2年生だろ?ふふふ、何故分かるかって?」
「俺には分かる! 全てが分かる!2階から来た知らない顔…50%の確率で2年だ!」
「そんな深遠な知識を持つ3年の俺が、2年のユーを、ナゾナゾで試してやろう!」
「断じて受験勉強がイヤなわけじゃないからな!」
「もし正解したら、"鍵"をプレゼントするぜ!」
4/18~ 選択肢アリ・依頼23
『迷走!ナゾナゾ先輩!』開始 「やってみる」選択
「オウ…ユーのソウルを信じてたのに。」 「無視する」選択
「ん? まだ問題が足りないって顔だな。しかし…残念だが、ナゾナゾは定期便!」
「…つか、俺も勉強しないとな。受験、受験、受験…」
「今まで勉強しなかった奴もマジメになってるし…俺のソウルもドン引きだぜ。」
4/18~ 依頼23達成後

黒髪の男子生徒
台詞 期間 備考
「ん。 見ない顔だな。あ、2年の転校生だろ。」
「都会から来たって言うけど、ここらへんも悪くないぜ。」
「都会じゃ受験勉強が厳しいだろうけど、ここらはほとんどが就職だからさ。」
「オレも就職希望。地元が一番、楽が一番、ってね。」
4/18~25
「殺人事件なんか、テレビドラマだけの話と思ってたよ。」
「しかも、知り合い…小西が死ぬとはね。…はは、信じらんねー。」
「ここら辺で事件なんか、あって精々ジイ様が犬にかまれた程度だったのにな…」
4/26~5/2
「ねぇよなぁ…連休の次がテストとか。どーせ就職組なのにさ。」
「なーんか、事件の名残か、勉強する気、起きないんだよな。」
「って、それは言い訳か。」
5/6~7
「やれやれ、よーやくテスト終わったな。モロキンの怒鳴り声からようやく解放。」
「就職だとタルんでるんじゃないぞ、とか余計なお世話だよな。」
「別に勉強なんか実生活でいらねーだろ?数学とか、まさにソレ。」
「だってケーキを切る時に角度計算する奴、いねーだろ?」
5/12~22
「染物屋の完二?話は聞いたことあるぜ。」
「あの髪だし、商店街でも目立つもん。とんでもない不良、とか言われてるな。」
「でもさ、話聞いてたらおかしくね?ゾクを潰したんだろ?」
「アイツ自身ゾクじゃねーんだし、悪い事はしてねーよな。」
5/23~

女子生徒
台詞 期間 備考
「小西さんが死ぬなんて、ね。…でも、あんまり同情出来ないかな。」
「あの人、好き勝手ばっかりやってたもの。悪い噂もいろいろあったし…」
「ある意味、天罰かもね。」
4/18~21
「…はぁ。 2年はいいわよね。こっちは受験勉強で大変よ。」
「少しでも単語覚えないと…授業なんか出てる場合じゃないわよ。」
4/22~30
「ゴールデンウィークで浮かれてるけど、そんなヒマあるのが羨ましいわ。」
「ま、ウチのクラスも就職組は浮かれまくってるけど。」
「…向上心のない奴らよね。」
5/2~7
「テストは終わったけど、模試があるから気が抜けないのよね。」
「全国平均とウチの平均は全然違うし、浮かれてらんないわ。」
5/12~18
「テスト結果の発表、見たわよ。…都会からって、有利よね。」
「どうせ、授業の進度が違うんでしょ?楽して成績上位なんて、羨ましいわ。」
5/19~30 成績上位の場合
「ウチのクラスの女子がうるさいのよね…」
「サッカー部のなんたら君が、とかバスケ部のコーちゃんが、とか。」
「…バッカみたい。 部活見に行くヒマがあれば勉強すりゃいいのに。」
5/31~

屋上

髪の長い女子生徒
台詞 期間 備考
「あ、ウチのクラスの…○○くんだっけ。都会から来たんだよね? いいなぁ…」
「私ね、都会の大学に行きたいんだ。親には反対されてるんだけどね。」
「でも夢があるし、それに友達も一緒だから。意地でも行ってやるの!」
4/18~23
「最近、商店街の神社でキツネを見かけるの。」
「街の人をじっと見てたわ。人を捜してるみたいだったけど…」
「そんなわけないよね?」
4/25~
「ねぇ、動物って好き?」 5/18~
「わ、そうなんだ!動物っていいよね。 かわいいよね。」
「昔から動物好きだから、獣医目指してるの。…単純でしょ。」
「好き」選択
「そ、そうなんだ。…まぁ、そういう人もいるよね。」 「嫌い」選択

髪の長い男子生徒 短髪の男子生徒 鞄を持った男子生徒
台詞 期間 備考
髪の長い「このメンツで集まんのも久しぶりだよなぁ。お前ら、付き合い悪くなったんじゃね?」
鞄を持った「仕方ないだろ。小学校の時とかと違うっつーの。」
短髪「しかも別クラスだしな…俺も部活で忙しかったり、お前もバイトだろ?」
髪の長い「ガキの頃みたく時間は自由じゃない、ってか。ツマんねぇよなぁ。」
「俺も予定空けっからさ、ゴールデンウィークとか夏休みくらいは一緒にどっか行こうぜ?」
鞄を持った「期待はしねーよ。」
髪の長い「しろよ、期待!」
短髪「ははは、お前らって変わらないよなぁ。」
4/25~30

お天気女子高生
台詞 期間 備考
「気象予報士を目指す私に、天気予報が聞きたいってのはキミね?」
「必ず、当たるわよ」
4/18~




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー