■メニュー■
トップページ
よくある質問
人気ページ一覧
公式仕掛け
バグ情報

■攻略■
捜査
ダンジョン
チャート
+ 月別
コミュニティ / 各詳細
依頼(クエスト)
授業 / 自室
料理 / 釣り
ボス攻略
ED分岐
隠しボス攻略
2周目引継ぎ
小ネタ・裏技
コミュMAXチャート

■データベース■
武器 / 防具
アクセサリー
素材
消耗品・その他
アルカナチャンス
シャドウ
主人公ステータス
地名
関連書籍の誤り
/┗設定画集の誤り情報量も少ないのでまとめる方向で

■ペルソナ■
ペルソナ/アルカナ別
ペルソナ/仲間
ペルソナ/解説
合体法則・基本
2身合体表 / 逆引
3身合体表 / 逆引
特殊合体
スキル / スキル変化
合体予報
オススメ / レシピ

■その他■
パロディ・コラボ
+ 会話・イベント集
+ 発売前情報
予約特典情報
関連商品
関連スレッド
過去ログ
関連リンク集

今日 -
昨日 -
累計 -

更新履歴
取得中です。


八十神高等学校

教室棟 1階廊下

猫背の男子生徒
台詞 期間 備考
「あ、2組の転校生だ!」
「都会から来たんだろ?事件の次に、オマエが今ンとこ噂の的!」
「ここらの事、あんま知らねーだろ?オレのオススメ、教えてやるよ。」
「四六さんってのが商店街にあんだけど、商品が面白いんだぜ。」
「掘り出し物あるし、要チェックな!」
4/21~23
「お、転校生じゃん。どしたの、まだ帰んないのかよ?」 5/7 選択肢アリ
「そうそう、テスト前だぜ~?それが正しい選択!」
「ちなみに、オレは帰らないけどね。色々仕掛け時だからな!」
「もう帰る」選択
「テスト前だし、おとなしく勉強してろよ転校生!」
「はははっ、残ってるオレの言う事じゃないか!」
「帰らない」選択
「よっ、転校生!」
「くくく、モロキンの悲鳴オマエにも聞かせたかったぜ。」
「ロケット花火でアイツ、ガチの悲鳴あげてやんの!」
5/12~13
「イタズラグッズを買い込んだり、色々してて、財布がピンチだな…」
「でも、雨の日の四六さんが俺にはついてる!雨の日は安売りしてくれっからな!」
「怪我の心配はしなくていいし、ガッツリしかけてやるぜ!」
5/19~21,26~28,6/2
「ん、転校生じゃん。最近雨続きでうっとうしいよなー。」
「…こういう日ってさ、意外と釣れたりすんだぜ。」
「オマエ、やった事ある? 魚釣り。ここら辺、すげーのいるんだぜ。」
「何度格闘しても、絶対勝てない…ヌシ様とかな。」
「ヌシじゃねーぞ、ヌシ様だ。ここら辺の男は皆挑戦してる偉大な方だぜ。」
6/3~6,9~11
「なぁ、転校生!オマエさぁ、りせ見に行った?」
「オレ、もう見に行ったんだけどさガセだぜ、アレ。」
「ぜーんぜんテレビと違うし!すっげ地味だもんよ!」
6/24~25,30~7/2

ジャージの男子生徒
台詞 期間 備考
「なぁ、山は好きか!?」 4/18~26 選択肢アリ
「お、仲間!」
「本で読んだんだけど、いいらしんだよな、山!」
「マイナスイオンとかプラスイオンとかいっぱい出てるらしいぜ!」
「好き」選択
「マジでか!?」
以下同
「嫌い」選択
「ぬ、どっちなんだ?」
「…いや、まぁいいけどさ。」
「別に」選択
「登山部を我が校に!…って言ってんだけどダメらしい。」
「申請とか書類とか顧問とか…面倒だよなぁ」
「登ればいいだけじゃん?なのに分かってくれないんだよなぁ。」
4/27~4/29,5/2~7
「"天城越え"か…」
「数々の山に挑戦するオレだけど、あの山は登れる気がしねぇよ。」
4/2X~ 雪子救出後
「あー、テスト終わった!色んな意味で終わった!!」
「くっそー、教科に"山"があればいいんだけどなー!!」
5/12~13
「巽ぃ?そういえば来てないよな。」
「前は商店街でよく見かけたんだけどな。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「小柄な帽子をかぶった男?…さぁ、見かけてねぇな。」 5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「暴走族ねぇ…みんな色々文句言ってるよな。」
「ここら辺、田舎つっても結構道路も広かったりするしな…」
「そんなわけで、オレ提案。全部山道にすればいいんじゃね!?」
「デコボコで舗装してなきゃアイツらも走れねーしオレも楽しい!」
「…無理かな? やっぱ。」
5/19~24 捜査終了後
「山はいい…オレは思いを新たにしたぜ…」
「山はな…"カキ"も美味しくするんだ。貝の方な。 あの美味いヤツ。」
「ミネラルとか無機物とか染み出して、海に注がれて…美味い貝を作る。」
「素晴らしいぜ、山…素晴らしいぜ、稲羽チャンネル特集…」
5/25~6/7
「林間学校、みんなはヘコんでるが…オレは楽しみだな。」
「だって山だぜ、山!これで登山部の良さを伝えられっかも!」
「ああ、そうさオレはまだまだ諦めてないぜ!!」
6/9~15
「な、なぁなぁ…」
「し、知らないわけじゃねーんだぜ?でもさー、なんか、こう、確認っつの?」
「久慈川りせが…どうかしたっけ?」
6/24~7/1 選択肢アリ
「は!?」
「い、いやいやいやいやそれはマジないだろ、マジないない!」
「…え、マジ?」
「町に来ているらしい」選択
「は、ははは!お前さぁ、情報遅いよ…」
「やべーってマジ、知らないとかないって、マジ。」
「…やべぇよ。」
「よくわからない」選択

メガネの女子生徒
台詞 期間 備考
「…見ない顔ね。あ、分かった。 先輩のクラスの転校生!」
「都会から来たってホント?…だいだら.って店、地元にあった?」
4/18~25 選択肢アリ
「え!全国チェーンってホントだったんだ!?」
「あんな変な店、稲羽にしかないと思ってた…」
「あった」選択
「だよね、だよね!」
「変な素材集めて、アートだ! とか言って武器とか作る店はないよね~。」
「…ちょっと都会ってツマんないかも。」
「なかった」選択
「あ、先輩だ。…ねぇ、だいだら.の常連ってホント?」 4/26~5/2 選択肢アリ
「わぁ! ホントに!?そんな人初めて会った!!」
「すごいよね、あそこの親父さん!私、すっごい尊敬してるの!」
「私もいつかアートしたいなぁ~!」
「本当」選択
「あ、そうなの?」
「…まぁ、そうよね。あそこの商品ってやたら高いし。」
「別に」選択
「テスト前?ああ、そういう行事もあったわね。」
「テストなんか興味ないわ。今はアートのための修行が大事!」
5/6~7
「んー…アートって難しいな。加工する設備もあんまりないし…」
「実験室のバーナーだけじゃ、火力に限界があるのよねー。」
5/18~25
「だいだら.の親父さん、カッコいいよね。ね、先輩もそう思わない?」 5/26~6/9 選択肢アリ
「ちぇ。先輩も友達と同じ事言うー。」 「それはない」選択
「だよね! 何かに生き様を賭けてる人ってカッコイイよね!」
「私もあんなオトナになりたいな…刀傷の似合う、オトナ…」
「思う」選択
「あ、先輩……父さんとケンカしちゃったんだ。」
「何がアートだ、勉強しろ!…だって。」
「頭ごなしに言わなくっていいじゃない…もう父さんと、口、ききたくない。」
6/10~21
「え? 久慈川りせ?」
「よくチェックはするよー。チャンネル権、父さんだから必然的に。」
6/24~ りせファンと会話する前
「久慈川りせの悩みぃ?いやー、全然見当つかない。」
「ってゆか、先輩なんでそんなの調べてんの? もしやファン?」
「だったらさ、商店街行ってみたら?実家、豆腐店らしいよ。」
6/24~ りせファンと会話した後
「パパラッチを見てないかって?…学校にはいないと思うけど。」
「いるとしたら…外でしょ?たぶん。」
6/24~ パパラッチの話を聞いた後
「アートが封じられた今、やる事も思いつかない…」
「気晴らしに料理してたんだけど、大失敗。」
「竜田揚げ、白玉粉でやれば新しいアートになるかと思ったんだけど…」
「あーあ、アートしたーい…父さんの、バカ。」
6/27~7/1

女子生徒
台詞 期間 備考
「"運命の相手が見えるおいまじない"、みんな好きなんですよねえ。」
「ていうか私も大好きなんです!映らないかなー、って毎回試してますよー。」
「先輩も、誰かに映って欲しいとかないですか?」
4/18~30 選択肢アリ
「ええ!!くっ、詳しく聞きたいけどそれはヤボ!」
「うーん、青春!頑張ってくださいね、先輩!」
「ある」選択
「あちゃー…」
「寂しい…寂しいですよ、先輩!恋、しちゃいましょうよ!」
「別にない」選択
「ゴールデンウィークみたいな連休、カップル発生率は高いと見ます!」
「恋しいあの子、気になるアイツと急接近! …やん、ロマン!」
「そーゆーウサワ、キャッチしたら先輩も私に教えてくださいね!」
5/2~7
「テストも終わって、気分は軽やか。こんな日は…誘い時ですね!」
「"テストも終わったし、遊びに行こうぜ?"…ベタだけど、イイ!!」
「ピンチをチャンスに! ですよ!!もっと恋、盛り上がればいいです!!」
5/12~13
「うーふーふー、恋の花、キャッチキャッチですよ。」
「図書室に通い詰めてる女子がいるんです。…勉強目的じゃ、ないですよねー、普通!」
「先輩、あんまり茶化したりとかしちゃダメですからね!」
5/18,24~28
「あ、先輩だ!…やりますね、見ましたよ試験結果!」
「ああいうので目立つと…咲きやすいんですよ、恋の花。」
「ウワサになり始めてますよ、○○さん!」
5/19~23 成績上位の場合
「人間的魅力…"根気"や、"寛容さ"、"勇気"…重要です。」
「恋に落ちるためには、ホント重要ですよ!魅力がなきゃ、そもそも出会いもないですし!」
「出会いを活かすにも、魅力は必要ですよね。うーん、私も頑張らないと!」
5/30~6/15
「久慈川りせのインタビュー見ました!?稲羽市に来るかもですねえ!」
「レポーターが"老舗の豆腐店"て言ってましたけどひょっとして…」
「マル久豆腐店の事じゃないですか!?商店街南側の!」
6/20~21,27~30 りせ救出後から再び
「久慈川りせの情報ですか?むむ、アイドルの恋事情までは…」
「あ、でもでも、すごいファンの男の子がいるのは知ってます!」
「まだ帰ってなかったら、そこら辺にいるんじゃないでしょうか。」
6/24~ りせファンと会話する前
「りせファンって、凄いですよね。あの情熱を少しでも現実に向ければ…」
「アイドルもあんな風に思われたら怖くなったりしないのかなぁ。」
6/24~ りせファンと会話した後
「パパラッチですか…なんかやっぱり、って感じですよね。」
「そりゃー、あそこまで熱狂的に思われてたら変にもなりますよ!」
「都会から田舎に来たくらいだし、案外それが原因だったりして?」
6/24~ パパラッチの話を聞いた後
「○○さん、恋の花…咲かせてます?ちょっとアドバイスをしますと…」
「忙しくても、気が乗らなくても、まずは話しかける!」
「話しかけたら、後はなしくずし!二人の若いパトスでゴーゴー! です。」
7/1~

男子生徒
台詞 期間 備考
「…心配だなぁ。」
「みんな、事件の話ばっかりだろう?どうにも気になっちゃうよね。」
「おばあちゃんが今、家に一人なんだ。危なくないかなぁ…」
4/18~19
「もう部活募集の時期なんだね。…でも、僕はやっぱり帰宅部かな。」
「うちは両親が共働きでさ、家でおばあちゃんが一人だけなんだよ。」
「一人って、寂しいからさ。早く帰ってあげないとね…」
4/20~5/6
「巽くん?知ってるよ、染物屋の息子だろ?」
「おばあちゃんがあの店によく行くから、時々話したことがあるよ。」
「…でも、そんなに詳しくはないよ。ご家族に聞くのが一番じゃない?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「小柄な…帽子をかぶった男の子?さぁ…見てないけど。」 5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「テレビでも特集やってたけど、暴走族…迷惑だよね。」
「テスト中、集中できなくってさ。おばあちゃんに心配かけちゃったよ。」
「おばあちゃんも眠れてないみたいだし、あの音だけでも止めてくれないかなぁ?」
「何考えてあんな音出してるんだろうね。ホント、信じられないよ。」
5/19~31 捜査終了後
「今、昼休みにみんなでコマとかやってるんだよね。」
「結構強いよ、僕。なにしろおばあちゃん直伝だからね。」
「巻き方にコツがあるんだ。ナイショなんだけどね。」
6/1~11
「林間学校、ねぇ。別に嫌じゃないんだけど、外泊がね…」
「おばあちゃんは楽しんできな、って言ってくれるけど…」
「きっと無理してるんじゃないかな。あの家で一人は寂しいよ…」
6/13~15
「アイドルが商店街に来てるとか…あんまり興味ないな。」
「で、お豆腐屋さんだっけ。…おばあちゃんのお使いで行かなきゃね。」
「きょ、興味はないよ?お使いだからね?」
6/20~28
「夏休み、おばあちゃんと旅行に行くんだ。二人だけでね。」
「どうせウチの両親は忙しいし…家にいるより良いと思うんだ。」
「最近暑くて体調悪そうだし、いい気分転換になれば良いなぁ。」
6/29~7/1

茶髪の男子生徒
台詞 期間 備考
「まーた遅刻しちまったよ。くっそ、モロキンチェック厳しすぎ。」
「つか、春ってダルいんだよな…そこに合わせて殺人事件だろ?」
「ダルさ倍増だっつの。遅刻すんのもしょうがねーっつかさー。」
4/18~23
「あ~あ…お、転校生じゃん。 ハハ、聞いてくれよ。」
「ついに記録更新!10日間連続遅刻。」
「なんかここまで来るとスゴくね?」
4/25~30 選択肢アリ
「いやいやいや!!そこはツッコめよ!!」
「…って、まぁ…確かにスゴい記録かもな。いっそ伸ばすか?」
「スゴい」選択
「スバり言うなお前…」
「ああ、そうだよ。 確かにヒドいよ。あーあ…」
「ヒドい」選択
「おっす、○○。…テストとかテストとか、ダルくね?」
「ついつい足が学校とは逆方向に…!でも、サボれねぇ!」
「稲羽、狭いもんなぁ。 ジュネスや商店街で時間潰してたら、速攻捕まりそうだぜ。」
5/6~7
「くそー、今日も寝不足だぜ。暴走族がうるさくってよ。 おかげで遅刻!」
「1年の巽もいるって噂だよな。あの伝説のオトコ。」
「…怖くて文句も言えねぇよ。」
5/18~21
「あーあ、とうとう呼び出しだよ…遅刻のせいで生徒指導室行き。」
「マジ面倒ったらねーよ。反省しても、遅刻する時ゃするっつの。」
「なんでみんな毎日決まった時間に学校に来れんだろうな…」
5/23~6/3
「…この前さ、皆勤賞のヤツに聞いてみたんだよ、学校に来れるコツ。」
「"当たり前"、なんだと。学校に来るのが楽しいんだってさ。」
「すっげーイイ顔してたから、なんか羨ましくなっちまった。」
「…オレもなんか見つけてみよっかな。楽しいってなんなんだろな。」
6/4~11
「遅刻ばっかしてるのもアレだからさ、今日は早起きしてみたんだよ。」
「知らなかったんだけど、運動部ってあんな早くから活動してんだな。」
「やっぱ…楽しいから、なのか?」
6/13~20
「一生懸命やって、成功する…か。」
「テレビでマラソンの特集があってさ、インタビューで選手が言ってたんだ。」
「一生懸命やって、成功したらすっごく気持いいんだ、って。」
「走ってるだけで、何が楽しいんだって思ってたけど…そういうのもアリなのな。」
6/21~7/2
「よ、○○!」
「最近さ、俺…遅刻してねーんだぜ。連続記録の更新はストップだな。」
「朝ちょっと早く起きて、そこらへん走ってんだ。」
「今日はいつもより早く着けた、とか近い道があったんだー、とか…」
「大したことじゃねーんだけど、なんか面白くてさ。」
7/4~

教室棟 2階廊下

男子生徒(雨の日の金土のみ)
台詞 期間 備考
「雨降ってるなぁ…でも今日もバイトだよ。」
「まあ、お客が減るだろうから、ちょっとは楽出来るかもな。」
5/7~,6/3~,10~,7/1~

しとやかな女子生徒
台詞 期間 備考
「あ、えっと…あ…2年2組の、転校生さんですよね?」
「え、えーと…あ! そ、その事件怖いですよね!」
「人が殺された、だなんて…しかも学校…の人、ですもんね…」
「も、もし…それがあの人だったら…」
「…ぞっとします。」
4/18
「図書室…使ってますか?私の目の前の教室なんですけど…」
「静かだから、勉強するのに持って来いなんですよ。」
「特に雨の日は外も静かでとてもはかどるんですよ!」
「…でも、入り辛いんですよね。あの人がいつもいるから…」
「この前も先輩と目が合っちゃって…逃げちゃいました。」
「今日も挑戦しに行くんですけど…変な子って思われてないかなぁ…」
4/19~30
「あ、こんにちは。もう、テストも近くなりましたね。」
「勉強…してますか?」
5/2~7 選択肢アリ
「私もです。毎日、図書室に通ってるんですよ。」
「あ、憧れの先輩も…いますから。えへへ、眺め放題なんですよ?」
「…大丈夫かな、テスト。点数が悪かったら、先輩に呆れられちゃう…!!」
「雨の日ははかどるから、せめてその時ぐらいは頑張ろうかな…」
「勉強している」選択
「したほうが、いいと思いますよ。」
「雨の日ははかどるので、特にオススメです。」
「それに、結果、貼り出されるから、恥ずかしいですし…」
「私は、今日も図書室で勉強です。はかどっては…ないんですけど。」
「別に」選択
「中間テスト、終わっちゃいましたね。」
「…どうしよう、図書室に通う大義名分が無くなっちゃいました。」
「用もないのに図書室にいたら変な子に思われちゃいますよね…」
5/12~26
「き、聞いてください!!せ…先輩に声をかけられちゃいました…!!」
「いつも図書室に来てくれてるねって…熱心ね、って…」
「私、もう信じられなくって…返事したら、声まで裏返っちゃって…」
「ど、どうしよう…夢みたい…信じられないです…」
5/27~6/7 選択肢アリ
「は、はい!!」
「えへへ…明日も、頑張って会いに行きます!」
「良かった」選択
「ええ!?」
「そ、そんなハズないですもん!先輩、ちゃんと声かけてくれましたもん!」
「夢だ」選択
「今日も、先輩とお話が出来たんですよ。上手く話せてるか分からないけど…」
「今、すっごく幸せなんです。もっと笑ってくれないかなぁ…」
6/9~11
「衣替えで、先輩も夏服姿に…」
「何であんなにステキなんだろう。あんなに白が似合う人、他にはいません…」
6/13~25
「誰にでも優しい、って凄いですよね。先輩ってそれが自然に出来る人なんです。」
「課題を手伝ってあげてたり、落としたものを拾ってあげたり…」
「見かける先輩はいつも、誰かの人助けをしてるんです。」
「…ほんと、好きになって良かった、って思うんですよね、そういうとき。」
6/27~ 7/1

オシャレな男子生徒
台詞 期間 備考
「おい、転校生!連続殺人! どう思う?」
「なんたって女子アナの次は、うちの学校の女子ときたもんだ…」
「女を殺すなんて、ひでぇヤツだよ。オレは、許せねーな。」
「女とは、楽しく遊ぶのが一番に決まってる。 殺すなんて、どうかしてんよ。」
4/18~23
「おっす、転校生。もうすぐゴールデンウィークだな!」
「若者…っつーか俺が本領発揮する黄金期間、ってやつだな!」
「と、その前に、ゴールデンウィークの予定が空いてそうな女子の情報を集めとかなきゃ。」
「オマエも情報収集はしっかりしとけよ!」
4/25~30
「ゴールデンウィーク、楽しんだぜ!毎日イイ感じだったぜ?」
「あ? カノジョ?ナイナイ、めんどくさい。」
「楽しく遊ぶのに、そんなの持ち込んだらやりにくいに決まってんだろー?」
「さ、次はテストだな。 うまくやるぜ!…ん、意外そうな顔だな。」
「いいかぁ、○○?頭が悪いよりは、いいほうがモテんだぜ?」
5/6~7
「よっ、○○。 テスト、どうだった?オレは、そこそこ及第点。」
「モテるのに天才である必要はないだろ?ま、学年一位が目立つのは事実だけどさ。」
「下駄箱にラブレターとか、そんなのもアリかもしんねぇぜ?」
「じゃ、本業に戻るか。学生の本分は遊びだからな!」
5/12~21
「おっす、〇〇。今日も俺はデートだぜ。」
「もちろん、カノジョじゃない!」
「時々うるさく言うやつもいるけど、女の子それぞれ楽しいんだもんな。」
「やっぱ、男として生まれてきたからには色んな女を知っときたいじゃん?」
5/23~6/9
「林間学校ねえ…モロキンの監視が厳しいからな。」
「さすがの俺も、おとなしくするよ。学校以外だけが人生じゃねーしな。」
「一瞬の楽しみで、学校生活棒に振ったらたまんねーっつの。」
「モロキン、ガチで退学勧告とかくらわせやがっからな。」
6/10~15
「久慈川りせか…」
「さすがに、大物すぎるな。なんたって相手は全国区だぜ?」
「気になんのは確かだけどよ。〇〇、オマエも気になんだろ?」
6/20~21,27~29 選択肢アリ・りせ救出後から再び
「だよな、男として気になるよな~。」 「気になる」選択
「何!? オマエ、大丈夫か!?アイドルだぞ、アイドル!!」 「ならない」選択
「え、久慈川りせ?俺が何か知ってるわけないじゃん。」
「いくら女でも、アイドルは範囲外。届かない女に興味はねぇの。」
「…あ、でもすげえ詳しいヤツいたな。ウチのクラスだったっけな…」
6/24~ りせファンと会話する前
「りせにも悩み、ねぇ?CMとか見てたらそんな風に見えねぇけど。」
「どんな悩みィ?何、お前りせに興味あんの?」
「そうだな…オレに声をかけられてないから…とか?」
「…そんな目で見んなって。悪かった、俺が全面的に悪かった。」
6/24~ りせファンと会話した後
「アイドルとはいえ、俺らと同年代。悩みもそりゃあるよな…」
「どんな悩みかって?…だから、オレに聞くなよ。」
「そんなん分かるのは本人か、本人の近くにいたヤツだろ。」
6/24~ パパラッチの話を聞いた後
「…ちっとさ、いいか?」
「1階に、人の恋愛話好きの女子いるの、知ってるか?」
「なんでか知らねーけど、クラスも違うオレにいろいろ話とかしに来るんだよ。」
「〇〇、オマエどう思う?あの子…オレに惚れてっとか?」
6/30~7/1 選択肢アリ
「…だよな。うーん、かわいいんだけどよ…」
「ちっと校内はパスしたいんだよな…」
「そう思う」選択
「はは、そうだよな。自意識過剰になるとこだったぜ。」
「あんがとよ、ちょっと冷静になる。」
「違う」選択

地味な女子生徒
台詞 期間 備考
「みんな事件の話ばっかりね。家族も興味しんしんよ。」
「"同じ学校だから"って言われても小西さんのこと、全然知らないんだけどね。」
「…ま、適当に答えてるけど。」
4/18~21
「勉強できる人っていいよね。…たとえば、天城さんとか。」
「注目もされるし、褒められるし…カーメンなんかもプレゼントくれるらしいよ?」
「いいなぁ、私も一度でいいからそんな目にあってみたーい。」
4/22~5/6
「暴走族の話、聞いた?町でもみんなうるさいって言ってるわね。」
「…でも、ちょっと楽しそう。なんかいいな…」
「あ!い、今のは他の人にはナイショね!?」
5/7~12
「巽くん…って1年の?悪いけど、知らないかな。」
「あの人、浮いてたし…親しい人とかも知らないや。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子の、小柄な男の子?そんな人学校にいたっけ?」
「んー、心当たりはないや。」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「暴走族の話、聞いた?町でもみんなうるさいって言ってるわね。」
「…でも、ちょっと楽しそう。なんかいいな…」
「あ!い、今のは他の人にはナイショね!?」
5/19 捜査終了後
「母さんに言われて、この前夕飯にカレーを作らされたんだけど…」
「そしたらカレー粉がないの!信じられる!?」
「煮詰めて、なんとか事なきを得たけどさ。頼んだなら、きちんと用意して欲しいわよね。」
5/20~6/2
「あーあ、天気予報見てると落ち込むわ。全然晴れマーク、ないんだもん。」
「洗濯物、中で干してると家が湿気てる感じがしてヤなんだよね。」
「風の通らない一軒家って、悲劇。」
6/3~15
「ねぇねぇ! 聞いた!?りせちーが稲羽に来るんだって!!」
「うわぁ、信じられない…だってりせちーだよ!?」
「夢見がちなりせちーに、稲羽は似合わないけど…うわぁ、なんか楽しみ!!」
6/20~27
「誘拐の噂、やっぱり違ったみたい!」
「この前お使いでマル久行ったら、ちゃんといたもん!」
「…でも、意外と近くで見たら地味だよね。」
6/28~7/1

眼鏡の男子生徒
台詞 期間 備考
「犠牲者の小西先輩…いい噂を聞く人じゃなかったね。」
「人間、規律を守らなきゃぁね。今回の結果がまさにそれだ。」
「委員長として、この事件を肝に銘じて、みんなの風紀をたださなきゃな。」
4/18~26
「まったく…連休だからと言って浮かれすぎだよ。」
「休み明けは、テストだっていうのに授業もそっちのけだ。」
「君も浮かれてたりしないよね。何しろ転校して初のテストなんだからね。」
4/27~5/6 選択肢アリ
「そうそう、なかなか君は見所があるじゃないか。」
「さすが、都会から来ただけはあるね。」
「気をつける」選択
「…ふん。」
「バカは口で言っても分からない、か。」
「関係ない」選択
「巽?…あいつの事なんか話したくないね。」
「あんな問題児、来なくてせいせいする。ご両親も大変なんじゃない?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞く前
「帽子をかぶった、小柄な男の子?いや、知らないね。」
「ここら辺の人間なら分かるけど…そんな奴、いたかな?」
5/18~ "帽子の少年の話"を聞いた後
「…都会から来たからって、調子に乗らないでくれるか。」
「僕より上だからって、いい気になるなよ。次は僕が勝つんだからな!」
5/19~23 捜査終了後・成績上位の場合
「実に清々しい気分だ。ま、バカは嘆いてるみたいだけど。」
「普段から僕のようにきちんとしていれば、あの程度のテストでアタフタしないのさ。」
「まったく、バカはそんな予測も出来ないからバカなんだ。」
5/24~27
「最近、暴走族の噂を聞かないが…ヤツらはまだ迷惑行為を続けてる。」
「テレビで取り上げられたから、一時話題にのぼるが、それだけだ。」
「…まったく、踊らされてるよ。馬鹿げているとしか思えない。」
5/28~6/7
「そろそろ林間学校か。気を引き締めないとな…」
「毎年何人か生徒が脱走するんだよ。自宅が近い奴は要チェックさ。」
「僕のクラスから不心得者を出すわけにはね。…モロキンに見つかったら、退学だし。」
「その前に止めてやるのが、賢い人間の努めだろ。」
6/9~15
「1年に、小西先輩の弟がいるらしいね。…素行が乱れてるって噂だね。」
「やれやれ…姉が姉なら、弟も弟ってわけか。 …嘆かわしい。」
6/21,27~30 りせ救出後から再び
「久慈川りせ?…ああ、町に来たとかなんとか。」
「興味ないよ、別に。そうでないヤツも多いみたいだけど。」
6/24~ りせファンと会話する前
「アイドルの悩み?そんなの知るわけないだろう。」
「噂好きなヤツなら興味はあるんだろうけどな。」
6/24~ りせファンと会話した後
「パパラッチがいる、か。それはちょっと聞いた事があるな。」
「町中で噂を聞いたよ。変なやつが町に来てる、ってね。」
6/24~ パパラッチの話を聞いた後
「風紀を守っていれば、問題は起こらない。気の緩みが事故に繋がるんだ。」
「窮屈だとか言う奴は理解が足りない。自分がどれだけルールに守られてるかをね。」
「君も一度、考えてみるといいよ。ルールがあるから僕らは生きていけるんだ。」
7/1~





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー