※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おすすめ交易品




織物


ゴブラン織(カレー)

【詳細】
フランス領内極悪最強の交易品
別名北仏の宝石
【買い時相場】
105%~80%
105%から買い始めると地中海方面で最大3往復可能
【推奨投下先】
アルジェ・チュニス・トリポリ
上記3港で投下してカレーに直ぐ戻るのが3往復する為の条件
遠方に運ぶほど利益は増大

ベルベット(ジェノバ、ピサ)

【詳細】
南仏名産の織物、通称ビロード
売値が魅力的な交易品
ゴブラン織より量が多く
使い易さの面では優秀
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
北仏・北アフリカ
近東方面も可

ダマスク織(ベイルート)

【詳細】
E仏3大織物の1つ
北仏での売却益が蝶素晴らしい
【買い時相場】
115%~80%
【推奨投下先】
モンペリエ以遠だと利益が見込めます

工芸品


陶磁器(ピサ、ナポリ、シラクサ)

【詳細】
火器並に安定した相場を誇る工芸品
購入量さえ確保すれば破壊力あり
【買い時相場】
常時OK
【推奨投下先】
近隣及びイスラム圏
特にイスラム圏だと1700↑での売却価格

銀細工(ジェノバ)

【詳細】
銀と木材を加工して作る
工芸品、チュニスを含めた北アフリカ圏で
4000を余裕で超える売却価格が魅力
暴落さえして無ければほぼ黒字
ただ購入量が低いので
要高R取引
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
北仏でも100%で4000を越える

医薬品


マンドラゴラ(シラクサ)

【詳細】
シラクサ産出の医薬品
ハリーポッターの第一部でもお馴染
相場は乱高下するが
売り場での相場が100%↑だと
相当の利益が見込める
最大売却価格1800~2000
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
至近距離
ふっかけ2回できるところが理想

没薬(ベンガジ)

【詳細】
ミイラの材料となる北アフリカ名産の医薬品
割と利益が出し易い+近距離で名産
となるので使い勝手はマンドラゴラより↑
コンボ材料としてもなかなか
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
マルセイユ

美術品


青銅像(マルセイユ)

【詳細】
青銅を鋳物として像にしたもの、量産品
美術品取引を鍛えるのに丁度良く
値引きさえできれば近距離での破壊力も
バツグン
購入量40を超える辺りから実用性がわかるかも
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
モンペリエ・カルヴィ

大理石像(ピサ・カンディア)

【詳細】
大理石を削り出して作った像
高級品ではあるが
売却価格は割と高め
青銅像よりは購入量が少ないが
儲け重視ならこっちの方が使い勝手がよい
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
付近で4000を超える価格で売れる事もあるので
相場を良く見る事

古美術品(ジェノバ)

【詳細】
骨董品というかなんと言うか・・・
結構相場が激しいが
その分利益が大きく見込める一品
北仏での売却価格は結構高め
【買い時相場】
115%~80%
【推奨投下先】
転がし方次第で7000を越える事も

香料


ローズ(ピサ)

【詳細】
薔薇、バラ、エリザベス女王が好む香りとか
贈り物としてクエで使う事もしばしばだが
相場さえかみ合えば
破壊力はピサで一番高い
カリブでは5kを超えるので
ベルベットと一緒に持ってくといい
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
近距離及びカリブ
インドへはあまりオススメできない

リラ(ナント)

【詳細】
ナント名産の香料
リスボン行きのクエとして使われる事も多い
実はカリブで採集出来たりもする
近東で1600前後で売れ、ボーナスもそこそこ大きいので
スイセンとの香料交易も可能
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
近距離及び地中海

スイセン(ヤッファ)

【詳細】
ヤッファ名産の香料
同盟港故、リラほど購入量は無いが
リラと同程度の性能を誇る
つまり北仏に運ぶとおいしいと言う事
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
近距離及び北仏

食料品

貴金属

嗜好品


プルーン(マルセイユ)

【詳細】
マルセイユ名産でスモモの一種
有名なのはミ●プルーン
相場が多少悪くても利益が出るので
初心者にもおすすめ
変装度さえ確保してれば
アルジェに持っていくのが一番

【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
北アフリカ
特にアルジェが近いので良い

武具


ダマスカスソード(ベイルート)

【詳細】
ダマスカスの宝剣
取引スキルが必要だが
利益はゴブラン織をも凌駕する
6000ぐらいで購入しても利益5000ぐらいならはじき出せます
最大売却価格12000~
【買い時相場】
130%~80%
【推奨投下先】
北仏

クロスボウ(ピサ)

【詳細】
機械仕掛けの弓
石弓もしくは弩(ド)とも
売却益はそこまで高くないが
安定している
近距離でも使い勝手が良い
陶磁器と組み合わせれば安定収入UP
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
北アフリカや近東へ持ってくには丁度良いかも

曲刀(ヤッファ・アテネ)

【詳細】
刀身が曲がっている剣、突くよりも斬るに特化している
武具ジャンルそのものが少ないので
武具取引を鍛える事が出来るのが嬉しい
結構安定した利益が出るのも魅力
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
近距離

工業品


鋼(ヤッファ・ベイルート)

【詳細】
2パーセント以下の炭素を含有する鉄。炭素鋼ともいう。製錬の過程で、銑鉄から炭素を減らして得られる。炭素含量によって硬さなどの性質が種々に変化する
つまり鉄鋼
近東の2港で手に入る高額工業品
近隣で高めに売れるのが魅力
周辺では工業品が数多く手に入るので
工業品取引そのものがオススメでもある
マルセイユSHOPでは2500あたりで並べて売れるのも魅力
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
近距離・マルセイユSHOP

アラバスター(カイロ)

【詳細】
石膏のうち、細粒質の白色塊状のもの。良質のものは彫刻材として使う、通称雪花石膏
名産ではないがカイロだけで手に入る
ご当地商品
単価が安く黒字率高め
実に使い安い交易品である
パピルスと共にヤッファに運ぶのがよろしかろう
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
ヤッファ

パピルス(カイロ)

【詳細】
カミガヤツリの茎を裂いて縦横に重ねて作った、一種の紙。筆写材料としてエジプトや地中海沿岸地方を中心に、紀元前3100年頃から紀元後10世紀頃まで使われた。紙を意味する英語 paper フランス語 papier などはパピルスに由来するとされる
カイロの名産品、まさにエジプト文明の産物である
実はカイロは北アフリカ圏なので
近東だと若干売値が変わってくる
コンボ用品としても秀逸
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
ヤッファ


ブランデー(マルセイユ)

【詳細】
ワインから工芸で生産できる酒
近距離での利益幅が勝負
よって相場が低いほど狙い目
【買い時相場】
110%~80%
【推奨投下先】
近距離もしくは西アフリカ・カリブ

宝石


琥珀(コペンハーゲン)

【詳細】
北欧名産の宝石
カレー以南で判定がつく
マルセイユで売るのが吉
カリブに運ぶと泣きを見るぞ
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
モンペリエ・マルセイユ

ダイヤモンド(シエラレオネ)

【詳細】
世界一硬い鉱物
西アフリカから南アフリカにかけて広範囲で入手できる
イベリアエリアに運ぶだけで売値が跳ね上がる
【買い時相場】
120%~80%
【推奨投下先】
北欧・南仏・近東

めのう(ジャマイカ)

【詳細】
ジャマイカで取れる宝石
チュニスでは7000で売れる
交渉術を極めれば9000超える事も
名産ではないが利益幅と移動距離がお手軽
【買い時相場】
常時OK
【推奨投下先】
北アフリカ・近東・インド