英語レッスン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本では、義務教育である中学校で英語必修となっているが、主に非英語話者教師が指導する入学試験制覇を目的とした読解テストであり、広く社会に英語会話が根付いていないこともあって受験期を過ぎると英語に接する機会が少なく、非英語圏先進国やアジア域内諸国と比べても通用度は低い。

江戸末期にアメリカやイギリスからの使節と交渉する必要が生じ、日本での英語の歴史が始まった。ジョン万次郎が著した日本最初の英会話教本には、(日本語とは語順の違う)英文の意味を取りやすいよう、漢文のような返り点が打たれていた。第二次世界大戦中は、敵性語として排斥されていた時期もあった。今日、日本における英語は依然第一外国語であり、科学技術や諸制度の吸収のための手段や通商の道具(商業英語)という位置付けである。

高校・大学受験、各種学校の必修・選択単位取得においては、英語を読解する能力が重視され、英文和訳を中心とした授業(いわゆる受験英語の学習)が行われている。日本語での出版活動が盛んで、多くの英語の書籍が日本語へ翻訳されることから、日常生活で英語の読解に迫られることはあまりないが、職種によっては英文文献の読解が必要となることは少なくない。そのため、専門分野の英文の理解はできるが、日常会話の経験はなく、英会話に苦手意識を持っている日本人は多い。

日本では、非都市部を中心に英語会話能力を特殊技能と見なす傾向が認められる。日本では大学の講義が英語ではなく日本語で受けることができること、英語を母語とする人が1%未満であるなど複合的な要素によって、日本国内では特定の業界や職種を除き、英会話の必要性が乏しいためである。一方、東京・大阪・神戸などでは英語話者のコミュニティが形成されている他、米軍が29都道府県に駐留している。また、英語放送局も存在する。日本の案内標識は英文併記が多い。