ダーカーの巣(VH)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダーカーの巣について、あれこれ語ってみました。ソロダーカーの巣、本当に楽しいです!
タイムアタッククエスト 難易度VHにて、低確率で突如発生する。
「ダーカーの巣」へのキャンプシップ拉致。
フィールドのいたるところに、絶妙な位置で、これでもかというほど「空中地雷」「罠」「ブルフ」「カースセントリー」「サークルレーザー」が配置されており、さらにフィールドの半分以上が、踏み込めばダメージを受ける血の池。
出てくる敵はすべてダーカー。
さらに、PSEの発生率の高さが緊急クエスト並で、すぐにバーストしてしまう、鬼畜フィールドだ。
←どれもが食らうと状態異常「ポイズン」に。このフィールドでの毒状態は死の危険だ。体力1以下にはポイズンでは下がらないが、血の池や、カースセントリーを1発でも食らえば即死亡。ダーカーも大量にわくため、毒状態はなんとしても避けよう。

敵よりもまず、こいつらから破壊することを推奨するぞ。
カースセントリー サークルレーザー
では、以下実際にダーカーの巣のフィールドについて記事を書こう。

なお、このページ内の画像はすべて、記者「小屋夜仙」本人が撮影したものである。どこかのサイトからとってきたものは1つもない。
足場のほとんどが状態以上効果ポイズンのある血の池だが、ちゃんと足場は用意されている。ただし、気を付けなければならないのは、乗れば血の池の方へとまわりだすベルトコンベア式の足場や、一定時間で沈んでしまう足場などがあることだ。とことんプレイヤーのHPを削りにかかってくる。

←画像右上の足場が、上で述べた「ベルトコンベア式」の足場である。下の方にちらりと見える赤い球体は、「ブルフ」と言い、近づけばポイズン効果のある毒素を振りまいてくるので要注意。なお、撃破しても数回復活しては毒素を振りまいてくるので、相手にはせずに通り過ぎることを推奨するぞ。

赤い場所は血の池だ。踏めば、1秒毎に「88」ほど食らう。これは、惑星アムドゥスキア 火山洞窟エリアにある「溶岩」よりもダメージ判定が大きい。
ダーカーの巣に拉致られたときは、必死になりすぎてつい周りを見渡すことを忘れがち。一度落ち着いて空を見上げてみてはどうだろうか。

←ダーカーの巣の空の様子。これはいったい何なのだろうか。「ダーカーの街」というものもいれば「壊れたアークスシップの残骸」というものも。だが、よく見ているとあちらこちらで小さな爆発を起こしていることがわかる。フィールド「市街地」をただ反転させただけというのも聞いたことが・・・。いったいどれが本当なのかはわからない。

しかし、全面がこの謎の空なのではなく、端っこの方を見てみると普通に空を見ることができる。このよくわからない空は、中心付近から円形に広がっているだけのようである。
ダーカーの巣でにおいて、なによりも怖いのは「浸食戦闘機」だ。通常クエスト時などに空を飛行している、よく墜落するあの戦闘機が、ダーカーによって浸食され、赤く染まった状態で登場。出現と同時にミサイルと銃にて攻撃をしてくる。注意すべきはミサイルだ。惑星リリーパ地下坑道エリア最深部にいる「ビッグヴァーダー」のミサイルとほぼ同じなのだが、違う点が1つ。ホーミングされていることを示す、自分の足元に表示される円陣のようなもの(画像右下参照)が出現してから、ミサイル着弾までの間がほぼない。さらに1発くらってしまうと、残りの4,5発がすべて当たるという仕組み。ダーカーの巣での死亡原因の大半は、この浸食戦闘機からのミサイルだといっても過言ではないだろう。回避方法は3つある。1つ目は、走り続けることだ。走っていればミサイルは当たらない。2つ目は、戦闘機の真下に立つこと。戦闘機の真下は安全地帯であり、戦闘機による一切の攻撃が届かない。3つ目は、戦闘機自体を破壊してしまうことだ。だが、戦闘機は破壊しても何度でも出てくるため、破壊する価値はあまりない。フィールドの奥にある「制御装置」を破壊することによって、完全に浸食戦闘機を封じることが可能。
道中ではボスに最低3度は出会うこととなる。だが、うち後半2つは無視して突っ切ることが可能なため、特に目的がない場合は普通に走り抜けよう。なお、フィールドエリア2の端に「ダークアグラニ」「リグシュレイダ」が固定湧きする場所があるが、これも特に目的がない場合は無視しよう。レアボスはどちらも3段階に浸食されている上、雑魚に「サイクロ/キュクロ/ブリアーダ/プレディカーダ」が湧く。さらに、周囲にはこれでもかというほど「カースセントリー」シリーズが配置されており、足場はほぼ血の池。よほどの火力とPSがない場合は即死である。
最後に待ち構えているのは、ファルス・ヒューナルと自分の分身「クローン」である。危険度はクローンにもよるが、ほとんどの場合「ファルス・ヒューナル<クローン」である。ヒューナルは後回しにし、とにかく自分のクローンのタゲを取り、フィールド端での一騎打ちに持ち込もう。クローンが「テク職」または「レンジャー」の場合は要注意。ナメギやらラ・フォイエ、WB貼られる前に、急いで倒そう。クローンさえ倒してしまえば、ヒューナルは正直楽勝である。クローン+ヒューナルの乱戦になり、死亡するケースが相次いで発生するため、ちゃんと片方の一騎打ちへ持ち込むことが重要だ。

なお、クローンを倒した後は、フォトンスフィアをしっかりと拾おう。これを拾わずヒューナルに負けた場合は涙をのむこととなる。拾ってしまえば、ここまで頑張った意味は大いにある。なんせ、1つ10万を超える代物だ。