ネコのミヌース

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


原題:Minoes
IMDbリンク

目次

作品情報

ジャンル:コメディ映画ファンタジー映画ファミリー映画?ヨーロッパ映画?小説原作映画

製作年:2001年? 監督:フィンセント・バル?
原作:アニー・M・G・シュミット?「ネコのミヌース」 脚本:タマラ・ボス?バーニー・ボス?
音楽:○○ 上映時間:83分

出演:カリス・ファン・ハウテン?テオ・マーセン?サラ・バンニール?

受賞歴:オランダ・アカデミー賞…最優秀作品賞&最優秀女優賞ほか、子供映画祭を中心に多数

映像ソフト:日本版DVDが入手可能>>リンク


投票

この作品をあなたは支持する?
選択肢 投票
はい (1)
いいえ (0)
どちらともいえない (0)

あらすじ

  • あらすじ・解説:新聞記者のティベは、人はいいがなかなか記事が書けない内気な男。そんな彼の目の前に突如として姿を現したのは、何故か猫から人間になってしまったという女の子ミヌース。人間の作法を知らず行き場もない彼女は、彼を手伝うという条件のもとで彼の家に同居し始めるが…。


批評、コメント

名前:
タイトル:
本文:

オランダ産ネコまみれ映画 -- PKA 2006-01-26 03:38:42


ロシアの「こねこ」と並ぶ猫まみれ映画ということで、猫好きならそれだけでも高評価になりそうな作品。全編にどことなく悲壮感が漂う「こねこ」とは対照的に、こちらは欧州風の町並みや衣装・装飾の色彩感覚など、全体的に軽妙かつ洒落た雰囲気を醸し出しています。元が児童文学だけあって、「映研向き」のクセのようなものはあまりありませんが、子供から大人まで誰でも楽しめる良作と言っていいでしょう。なお、クセがないと嫌だという人には「こねこ」をお勧めします。


名前:
コメント:

閲覧カウンター: -
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー






新規ページ作成

お手本

リファレンス


ジャンル検索

更新履歴

取得中です。