BBS-ソウ2/1

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自主映画臭さの壁を乗り越えた続編の良作 -- PKA 2006-04-08 10:18:07


驚きは大きいけど深みはあまりないという「ドッキリ作品」だった前作を乗り越えて、よく練られたサスペンスに仕上がっているのではないでしょうか。相変わらずカメラワークは忙しいですが、嫌な仕掛けがそこら中にしかけられた監禁小屋の有り様は、まさに現実版「CUBE」といった様相を呈しています。本シリーズと似た雰囲気を持つ作品として並び称される「CUBE」が、(映画会社的には公式の)続編で一気に評判を落としてしまったのに対して、これはむしろ続編で株が上がったという印象です。ただ、本作を作り手の意図通りに楽しむには前作を観てないとダメなので、シリーズ自体に触れていない人は、まずは前作「ソウ」からどうぞ。前作も、若干泥臭い作品ではあるものの、なかなか良質なエンターテインメント作品です。


名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー






新規ページ作成

お手本

リファレンス


ジャンル検索

更新履歴

取得中です。