バタフライ・エフェクト

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


原題:The Butterlfy Effect
IMDbリンク

目次

作品情報

ジャンル:ラブロマンス映画?ヒューマンドラマ作品?サスペンス映画SF映画ファンタジー映画青春映画?アメリカ映画

製作年:2004年? 監督:エリック・ブレス?など
原作: 脚本:J・マッキー・グラバー?など
音楽:マイケル・サビー? 上映時間:113分

出演:アシュトン・カッチャー?エイミー・スマート?ウィリアム・リー・スコット?

受賞歴:参照

映像ソフト:日本版DVDが入手可能


投票

この作品をあなたは支持する?
選択肢 投票
はい (11)
いいえ (0)
どちらともいえない (1)

あらすじ

  • あらすじ・解説:先天性の記憶障害を持った少年エヴァンは、幼なじみの少女ケイリーやその兄トミーと過ごした少年期の思い出を胸に青年へと成長する。ある時、記憶障害の原因は過去のある時点をやり直せるという特殊能力だということに気付いた彼は、自分の腑甲斐なさで人生を狂わせてしまったケイリーのため、過去を大きく修正することを決意する。


批評、コメント

名前:
タイトル:
本文:

低予算サスペンスの逸品 -- PKA 2006-09-24 13:33:17


最近微妙に流行りの、CUBE?あたりからマシニスト?あたりに至るような、社会よりも個人の内面描写に重きを置いたアイディア一発勝負タイプのサスペンス作品。出しゃばらない程度ながらしっかりしたSF要素が入っていて、藤子F不二雄作品をシリアスタッチで制作したような印象も受けます。この類いの作品の例に漏れず、映画の体裁を崩さないままに観客を翻弄しにかかるので、若干集中力が必要な作品ではありますが、集中してみるだけの価値は十分にあると思います。
個人的には、「過去の小さな出来事が、その後の流れを大きく変える」というのは、私が何年か前から考えてる映画脚本のプロット(一度映研の新人向け脚本案として出したやつの発展形)と思いっっっきり被るので、早く映画作らないとアイディアが陳腐化しちゃうなぁ、と少々焦らされた作品だったりもします。


名前:
コメント:

閲覧カウンター: -
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー






新規ページ作成

お手本

リファレンス


ジャンル検索

更新履歴

取得中です。