※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mojavi Validate機能


function validateをオーバーライドする。
検証内容の記述する。
エラーの場合に行う処理を記述する。

入力の検証を有効にします
function validate (&$controller, &$request, &$user){
 return TRUE;
}

検証内容(※この場合は必須チェック)
function registerValidators (&$validatorManager, &$controller, &$request, &$user){
 $validatorManager->setRequired('name', TRUE, 'nameの値を入力してください。');
}

エラーの場合の処理
function handleError (&$controller, &$request, &$user){
 return $this->getDefaultView ($controller, $request, $user);
}

function validate()がTRUEの場合
  • function getRequestMethods()で指定した処理の時にValidate処理が行われます。
  • エラーが検出時はfunction handleError()が実行されます。
  • エラーが検出されない場合はfunction Execute()が実行されます。
  • Validate機能を使うと自動的に必須チェックがかかってしまう事があるので、必須チェックを行わない場合は明示的に記述する事が必要となる。

function handleError() はValidate処理でのエラー以外に、GETしか受け付けないアクションにPOSTをした、などのエラー発生時に使用されるメソッド。