※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Smartyを使用して静的HTMLに書き出す


表示が行われる毎に、DBから読み込んで表示を行うのが一般的でよくある方法です。
しかし、負担が高い事や検索エンジンで不利になる事があるので静的HTMLに書き出しを行います。

 //index.tplをテンプレートとして読み込む
$write_html = 'index.tpl';

 //テンプレートで表示を行う代わりに出力を返します。
$writefile = $myFrame->fetch($write_html);

 // この例では$filenameを追加モードでオープンします。
 // ファイルポインタはファイルの終端になりますので
 // そこがfwrite()で$writefileが追加される位置になります。
$filename = '書き出し先ファイルのパス';
 //書き込みフラグ
$write_flg = false;

 //ファイルをオープンします。
if ($handle = fopen($filename, 'w+')) {
 // オープンしたファイルに$writefile(出力)を書き込みます。
$write_flg = fwrite($handle, $writefile);
fclose($handle);
 if($write_flg) {
  $myFrame->goURL('戻り先');
 }
}