P名刺を作るとどんな利点があるの?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 前項ではP名刺とはどういうものか?ということを説明しました。
 しかし、実際にP名刺を作るとなると比較的少額とはいえお金も掛かることですので踏ん切りがつかない方もいるかと思います。
 そういう方の為に、P名刺を作るとこんな利点があるよ!ということを説明します。

 

・名刺交換によりきっかけが作りやすいので知らないPに話しかけるのがとても容易になる

 利点の大部分を占めるのがこの点だと思います。
 知らない人に自分から声を掛けるのはかなり勇気が要ります。
 知らない人にどう声を掛ければ良いのか、声を掛けた後は何を話せばいいのかわからない、拒否や無視されたらどうしよう、声を掛けることが恥ずかしい等でなかなか難しいと思います。
 かく言う私もP名刺がなければ知らない人にはなかなか話しかけられません…
 しかし、P名刺を持っていれば知らない人に声を掛けるのも「名刺交換をお願いしていいですか?」の一言で十分になります
 さらに前項で説明したようにアイドルマスターの現場では名刺交換が日常茶飯事なので名刺交換に応じてくれるPが大半ですからほとんど拒否されることもありません
 名刺交換をしたあとはアイマスについて語ればその後の話題にも困ることはないと思います。
 こうしてP名刺があることにより知らない人に声を掛けることがとても容易になります。


・名刺交換しているところに紛れて交換に参加する等の小技も可能になる

 そうはいっても自分から知らない人に声を掛けるのはちょっと…という方もご安心下さい。
 P名刺を持ってさえいればやりようはあります。
 前項で説明したようにアイドルマスターの現場では頻繁に名刺交換は行われているため、名刺交換は放っておいても周りの他の人同士で勝手に始まりますので、どこかのグループで名刺交換が始まった時にじゃあ私も…と紛れ込んでいくやり方も可能です
 この方法は自分が先頭に立って口火を切らなくて済むため、口下手な方でも大分楽に名刺交換をすることが出来、その後の話の輪にも参加しやすくなります
 P名刺があるからこそこういうやり方もよりやりやすくなると思います。

 

・P名刺の内容により視覚的に相手へ自分の情報を瞬時にアピール出来る

 実際のところ知らない人に声をかけることに抵抗がない人は前の二項については利点としてそんなにピンとこないかもしれません。
 しかし、それでもひとつ問題があります。
 知らない人に声を掛ける場合には余程の有名Pでもない限り、あなたのP名・担当・見る専または動画を作る人なのか…etc等の情報を相手は全く知りません
 その為、自分の色々なことについて一から相手に口頭で説明する必要があります
 しかし、P名刺を持っていればP名刺上にそのような情報は書かれている為、相手にP名刺を渡して相手がそのP名刺を見た瞬間に情報を伝達することが出来るため、口頭での細かい説明は不要になります
 P名刺だと視覚的に相手に伝わりますので瞬時に複数の情報を相手へ伝達出来るのも良いところです。
 名刺交換した後は受け取ったP名刺の内容について話す、ということも出来るので口下手な方にとっては話が早いのは色々やりやすいかと思います。
 ただし、P名刺上に何でもかんでも情報を載せてしまうとこの利点が薄くなってしまいますのでP名刺に載せる情報の量には注意が必要
です


・P名刺を持っていることにより精神的余裕が生まれる

 勇気を出して動こうという場面では精神的余裕は特に大事です。
 P名刺を持っていれば不意の名刺交換にも「すみません、名刺持って無くて…」と申し訳ない気持ちにならなくて済みます
 声を掛けられても自分はP名刺を持っているから大丈夫!ということが精神的余裕に繋がります。
 精神的余裕が出てくれば自分から知らない人に声を掛けてみようか…と自然にポジティブシンキングが出来るようになります
 ポジティブシンキングが出来ようになると知らない人に声を掛けるのも思い切って出来るようになり、アイマスの現場では名刺交換を拒否されることは少ないので成功体験を得やすく、その成功体験を積み重ねることにより声を掛けて名刺交換することが楽しくなっていく…と自分を良い流れに持って行くことが出来ます。
 勘違いして貰いたくないのはP名刺の出来や凝ったものかどうかはあまり関係なく、P名刺というものを持っていることが大事ということです

 

・最悪相手(または自分)の記憶に残らなくてもP名刺があることにより最低限の繋がりは残せる

 アイマスのライブ・オフ会等では沢山のPの方と挨拶をすることになります。
 挨拶した方全員を覚えられれば良いのですが、人の顔を覚えるのが特技以外の人は実際のところかなり難しいと思います。
 今回せっかく知り合えたのに忘れてしまい、その場限りになってしまうというのはとても勿体ないです
 しかし、P名刺を渡していれば最悪相手(または自分)が全く顔を覚えていなかったとしても現物であるP名刺が相手の手元に残るため、その場限りではなく最低限の繋がりは残せます
 そうすれば後々太い繋がりに出来る可能性も出てきます。
 私も人の顔を覚えるのが得意では無いため、この利点に助けられています。

 

・名刺にTwitterアカウント名を記載しておくことにより、効率的にPのフォロワーを増やすことが出来る

 いやらしい話ですが、P名刺にTwitterアカウント名を記載しておけば名刺交換した内の一定数の方はフォローしてくれます。
 そのため、交換すればするほどPのフォロワーは増えることになります。
 アイマスを始めたばかりでPの知り合いが少なくて困っている方も名刺交換でフォロワーを増やしていくやり方は検索等で探してフォローするよりも効率が良いのでオススメです
 加えて名刺交換をしていれば突然知らない人からのフォローではなくなるので相手側としても比較的フォローがしやすいかと思います。
 ただし、名刺交換した全員がフォロワーになるとは限らないので注意して下さい

 

・P名刺絡みで学んでおくと後々に色々と捗る

 全く何も知識が無い状態のままではP名刺は作れません。
 手書きは別としても手刷り・印刷業者に頼むようになると専門的とはいかないまでも少々普段の生活では使わない知識が必要になります。
 その際に学んだ知識(入稿方法やソフトの操作方法)はP名刺だけに限ったことではなく、後々の色々なものに活きることがあります
 私の場合、P名刺の入稿データをIllustratorで作成するようになりましたが、そのやり方を応用してアイコンやニコ生のフリップを自作するようになりました。
 何の目的も無いままいきなりIllustratorの操作方法を学ぼうとしたら大変ですが、P名刺を作るという明確な目的があれば何をしたいかがはっきりしている分、知識の吸収がしやすいかと思います
 また、趣味の名刺とはいえP名刺も名刺であることには変わりはありません。
 学生の方や普段名刺に縁遠い社会人の方には名刺というものは中々触れる機会がないものでもあります。
 この機会に名刺を扱う際の名刺のマナーについて学んでおけば実社会での生活において名刺の知識が実際に必要になった場合に戸惑わなくて済みます
 P名刺をきっかけに様々な知識を学んでおくのもこれからのために良いと思います。



 

NEXT番外編1 P名刺を作成する前に始めておきたいもの

NEXTP名刺作成方法チャート

P名刺を作るとどんな利点があるの?