手書き


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 手書きでの作成の場合のポイントです。
 

・他の人が見て読める字で書く

 印字したように綺麗に書け!とまでは言いませんが他の人が見てO(オー)と0(ゼロ)やl(小文字エル)と1(イチ)等の見間違えやすい文字の見分けがつく文字を書くようにして下さい
 名前はまだ良いにしてもtwitterアカウント名が読めないと致命的です。

 

・文字を書くときは鉛筆・フリクションは不可

 文字を書くときは万が一消えることがないよう鉛筆・フリクションは避けた方が無難です
 油性ボールペンまたは油性マジックで書きましょう。


・用意する用紙は名刺の大きさのしっかりしたものを

 そこら辺にある紙を名刺大に切ってしまえば…と考えがちですが、せめて用紙だけはちゃんとした名刺の大きさの紙を用意しましょう
 コピー用紙を切ったものだとなんかちょっと寂しいですし、ちょっとしたことでくしゃくしゃになってしまいます。
 名刺はその人を表すものでもあります。
 市販品で名刺サイズジャストの大きさの厚紙を売っていますので、それを使うのがオススメです



 

戻る